ダンケルク@TOHOシネマズひたちなか

クリストファー・ノーランは「ダークナイト」がおもしろかったので、彼の作品だから見に行きました。ただ最初の史実物の映画化だというのがなんとなく不安要因。
エンターテインメントのほうがいいのか、戦争物も描けるのか、興味津々で行きました。

画像


監督: クリストファー・ノーラン
製作: エマ・トーマス
クリストファー・ノーラン
製作総指揮: ジェイク・マイヤーズ
脚本: クリストファー・ノーラン
撮影: ホイテ・ヴァン・ホイテマ
プロダクションデザイン:ネイサン・クロウリー
⾐装デザイン:ジェフリー・カーランド
編集: リー・スミス
⾳楽: ハンス・ジマー
原題:DUNKIRK 2017年 イギリス/アメリカ/フランス作品

出演:フィオン・ホワイトヘッド(トミー)
トム・グリン=カーニー(ピーター)
ジャック・ロウデン(コリンズ)
ハリー・スタイルズ(アレックス)
アナイリン・バーナード(ギブソン)
ジェームズ・ダーシー(ウィナント⼤佐)
バリー・コーガン(ジョージ)
ケネス・ブラナー(ボルトン中佐)
キリアン・マーフィ(謎の英国兵)
マーク・ライランス(ミスター・ドーソン)
トム・ハーディ(ファリアー)
【解説】
第⼆次世界⼤戦の⻄部戦線では、英仏連合軍の兵⼠40万⼈がドイツ軍の猛攻の前にフランス北端のダンケルクに追い詰められてしまう。これに対しイギリスが決⾏した救出作戦にはヨットや漁船など多くの⺠間船も参加し、結果的として兵⼠の犠牲を最⼩限に抑えることに成功した。この史上最⼤の撤退作戦と呼ばれる史実を、「ダークナイト」「インターステラー」のクリストファー・ノーラン監督が、圧倒的臨場感で描き出した緊迫の戦争アクション・ドラマ。出演はフィオン・ホワイトヘッド、ハリー・スタイルズ、ケネス・ブラナー、マーク・ライランス、トム・ハーディ。
1940年、フランス北端の港町ダンケルク。ドイツ軍に追い詰められた英仏連 合軍40万の兵⼠たちは絶体絶命の状況を迎えていた。若き英国兵トミーが街中を必死で逃げ回り、ようやく辿り着いた海岸には、おびただしい数の兵⼠たちが救助の船を待っていた。しかし彼らに残された時間は限られていた。そこでドーバー海峡を挟んだ対岸のイギリスでは、⺠間の船までをも総動員した救出作戦が決⾏される。⺠間船の船⻑ミスター・ドーソンもそれに呼応し、息⼦とともに危険を顧みず同胞が待つダンケルクへ向け船を⾛らせる。そして最新鋭戦闘機スピットファイアのパイロット、ファリアーもまた、危険を承知の上で味⽅の撤退を援護すべくイギリスから⾶び⽴つのだったが…。

ちょっとネタバレ気味です。
この先は自己判断でどうぞ♪

主人公、名前映画の中で呼ばれてますか?
名前がないまま進行していたようなのは気のせいかしら?
最初、町で空から降ってきた投降チラシ?をポケットに入れるシーンから浜辺のシーンのつながりを見て、いいじゃない、と思う。
ダンケルクからの脱出というわりには、戦士の脱出よりドーソンの船上でのドラマが記憶に残るというのはどうなんだろう?
戦死じゃない、船上での死はきれいごとですませてよかったのだろうか。事故扱いなんだろうなぁ。
確かにあの少年の望みは死後かなったけれど、それでいいの?もやもやは残ってしまう。
戦争で精神的にダメージを受ける兵士と、戦争に巻き込まれる民間人の少年と、のコントラスト狙いなんだろうけれどなんとなく嫌な気分はぬぐえない。
ラストのファリアーもあれで終わりはありなん?墜落させずランディングで戦闘機を守るの心情はよく分かるって思った直後にえ????ああ、敵に渡さないための手段か、と納得はしたけれど、英国からの救出はないのか。
ストーリーとは別にショックだったのはケネス・ブラナーがわからなかったこと。
この俳優絶対知ってる、声も知ってる、でも誰???でずっと見てたw海軍の軍服着ると実年齢よりずーっと老けて見えるんだわ、彼。帽子もかぶってたしな(違w)
これ書くのにライナーノーツ見てブラナーが中佐、ジェームズ・ダーシーが大佐でびっくりしたわ、ブラナーの方が偉そうに見えたw
時間軸を3つ立てて撮影するというのは斬新。なかなか発想できない切り口だったと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック