スクランブル@TOHOシネマズひたちなか

これは見に行こうと予告の段階でチェックした作品。
まず映画館の上映スクリーンに入ってびっくり。女性が一人もいないではないですか。
休日の鑑賞ということもあって、けっこうお客さんいたのですが、男だらけ。
えっと、もともとこういうことはあったんだけど、ここまでしっかり男だけは初めてで笑えた。上映ぎりぎりでカップルさんがはいってきたのが私の他の唯一の女性だったようです。

画像


監督: アントニオ・ネグレ
製作: ピエール・モレル
グレゴワール・メラン
クリストファー・タフィン
マイケル・ブラント
デレク・ハース
製作総指揮:モーガン・エメリー
ジャン=シャルル・レヴィ
ルネー・タブ
マリー・ウィンタンベルジェ
脚本: マイケル・ブラント
デレク・ハース
撮影: ローラン・バレ
⾳楽: パルカル・ランガニュ
原題:Overdrive フランス/アメリカ2017年作品

出演:スコット・イーストウッド(アンドリュー・フォスター)
フレディ・ソープ(ギャレット・フォスター)
アナ・デ・アルマ(スステファニー)
ガイア・ワイスデビン
シモン・アブカリアン
クレーメンス・シック
アブラーム・ベラガ

【解説】「ワイルド・スピード ICE BREAK」のスコット・イーストウッドが⾼級クラ
シックカーの窃盗を稼業とする男を演じるクライム・アクション。共演はフレディ・ソープ、アナ・デ・アルマス。監督は「トランジット」のアントニオ・ネグレ。⾼級クラシックカーの窃盗を⽣業とするアンドリューとギャレットのフォスター兄弟。毎回華麗な⼿⼝で不可能と思われる盗みをことごとく成功させてきた。ある⽇、2⼈は世界に2台しかない37年型ブガッティをオークション会場から盗み出すことに成功する。ところが運悪く落札したのが残忍なマフィア、モリエールだったために、2⼈はすぐに捕まってしまう。そして2⼈が助かるためにモリエールが出した条件は、敵対するマフィアのクレンプが所有する62年型フェラーリ250GTOを1週間以内に盗み出せ、というものだった。

ちょっとネタバレありますので、この先は自己判断でお願いします♪
行けーーー!!行けーーー!!!って楽しく見れた1本でした。
登場人物も、見ている人も車が好きというのがある意味共通項だろうに、あんなに惜しげも無く車壊すってどうよ?と思う場所もないわけではなかったのですが、たのしかったw
車とか飛行機とかが壊れても、人が死んだり怪我をしたりというシーンが最低限だったのでなおさら楽しい。行け、やってまえ!って思えたのだと思うの。
人が死ななくて大きな物ががんがん壊れる爽快さは映画ならではです。
ご存じのとおり私は若かりし頃からRobert Redfordeを愛しておりますから、見てるんですよ、あのどんでん返しが見事な映画を(タイトルはあえて伏せましょうwすぐわかるしね)
なのでこの映画のラストでえ?そうなの?って思うところはあっても驚きはしなかったの。
驚いて欲しかったんだろうなぁ。
いつから、どこからが仕掛けられた物なのかあやふやな部分もあるのでまた見るチャンスがあったら見る映画です。
個人的にステファニー役のアナ・デ・アルマの顔がお気にいり。可愛いと思う顔でした。
ブレードランナーにも出ているようなので彼女の名前覚えておきましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック