サッポロビール園プレミアムツアー

白井光子&ハルトムート・ヘルのリサイタルのためにやってきた札幌。
日曜日には千葉で又リサイタルがあるので実質札幌であそべるのは土曜日1日。
最初は余市まで行こうかと考えていたのですが、色々諸事情有りましてそちらは断念。
調べてみたらサッポロビール園のビール工場の見学ツアーがあって、そのプレミアムツアーがお勧めとあったの。そちらに参加しようと札幌駅からバスでビール園へ行きました。
宇都宮や茨城のバスはSuica使えないんだけど、札幌のバスは使えて感動。
やっぱり電子マネー、バスで使えるとうれしいし助かる。北関東も早くそうならないかしら?

画像

画像

画像

サッポロビール園は高校の修学旅行でランチを食べた場所。
そうそう、こんな概観だった♪
レンガが素敵って思ったんだったわ、なんて思い出す。

このプレミアムツアー30分ごとにあるのですが、人気なのね。
ここから2つのコースは予約で満員、参加出来るコースまで1時間程度待つことになるけれどいいか、ときた。
うん、その間に食事しますと予約して1度外に出ました。

外にはフィアットの耕耘機が置いてあって一人で受けるw
なぜフィアット?輸入車の中でもおっされなブランドメーカーだとおもっていたのに、
昭和30代にはお仕事車として輸入されていたのね。
ひょっとしておしゃれな車のイメージは近頃なのかしら?フィアットって。
画像


プレミアムコースは、綺麗なアテンドのお姉さんの案内で3Dシアターからはじまりました。北海道の開発とともに産業としてのビール作りがはじまったときからの歴史をみてから、工場見学になりました。
お酒好きな人は知っているのかもしれませんが、わたし、サッポロビールとエビスビールが同会社というのは知らなかったです。
アサヒと麒麟のように別会社だと思っていたのでびっくり。
その上、アサヒもサッポロから分かれた会社だったのも初めて知りました。
昔のビールのラベルも、ビールのポスターも楽しくて、この辺は無料見学コースと被っていたので後でゆっくり見に来ようと頭の中にメモ。あとでゆっくり撮影してきました。
横並びになると貫禄あるのよね、ラベルもポスターも。
画像

画像

画像



最後は試飲。
復刻版のサッポロビール開業当時の製法のビールと今のビールの2杯。
これにおつまみがつきました。
画像

30分のガイド付きのコースに試飲が着いて500円はたしかにお得。
試飲をした飲食ブースの椅子がこれまた、サッポロで可愛くて思わず撮影。
もちろん物販ブースもあって、グラスなんかも売っていたのでこの椅子売ってないかしら?と思ってしまったくらい可愛い。
バムとケロの絵本の中にそっとおいてあっても違和感がないよね、っていう雰囲気のある家具、なかなか無いと思います。
画像

画像

試飲しながら、缶ビールをグラスにつぐデモンストレーションがあって、これは結構ためになりました。
ビールグラスの選び方、つぎ方、それもサッポロビールでしか出来ない方法なんかもレクチャーしつつのデモンストレーションでためになりました。
うちにはその理想グラスがないので、いつかやってみよっと。

会社の説明の中にリボンシトロンのキャラクターのことといっしょに、リボンナポリンの説明があったのですよ。シトロンは知ってるけどナポリン???
画像

思わず買ってしまいましたwこれ新潟や関東にある?みたことないんだけど。
優しい味のジュースでした(あたりまえ)

一人のツアー参加ってどんなもんよ?とおもったのですが、結構男性の一人参加もいらっしゃったので普通についてあるきました。
ああ。どんどん一人の壁が低くなるw

次の旅行は誰かと一緒に行きたいな、と願う旅になりました。
そして次の一人旅は来年の霧島音楽祭かなぁなんてちょっとだけ遠い未来を思うのでした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック