ギフテッド@TOHOシネマズひたちなか

そろそろスタウォーズだっけ?と思って上映映画のチェックをして見つけた映画。
面白そうだなぁと行ってきました。

画像

画像


監督: マーク・ウェブ
製作: カレン・ランダー
アンディ・コーエン
製作総指揮: グレン・バスナー
ベン・ブラウニング
モリー・アレン
脚本: トム・フリン
撮影: スチュアート・ドライバーグ
プロダクションデザイン: ローラ・フォックス
衣装デザイン: アビー・オサリヴァン
編集: ビル・パンコウ
音楽: ロブ・シモンセン
音楽監修: ランドール・ポスター
メーガン・カリアー
原題:GIFTED 2017年アメリカ作品

出演: クリス・エヴァンス (フランク)
マッケナ・グレイス (メアリー)
リンゼイ・ダンカン (イブリン)
ジェニー・スレイト (ボニー)
オクタヴィア・スペンサー (ロバータ)
グレン・プラマー
ジョン・フィン
エリザベス・マーヴェル
ジョナ・シャオ
ジュリー・アン・エメリー
キーア・オドネル
ジョン・M・ジャクソン

【解説】
「(500)日のサマー」「アメイジング・スパイダーマン」のマーク・ウェブ監督が天才少女の葛藤と、彼女の養育を巡る大人たちの対立の行方を綴った感動ドラマ。主演は「キャプテン・アメリカ」のクリス・エヴァンスと本作のキュートな演技で一躍ハリウッド期待の子役スターとなったマッケナ・グレイス。共演にリンゼイ・ダンカン、ジェニー・スレイト、オクタヴィア・スペンサー。
 叔父のフランクと片目の猫フレッドと暮らす一見ごく普通の7歳の少女メアリー。しかし彼女は数学の才能に著しく秀でた天才少女だった。小学校に通い出すや、すぐにそのことが発覚し、学校側はフランクに天才児の英才教育で名高い私学への転校を勧める。しかしフランクは“普通の子として育てたい”とこれを拒否する。それは、メアリーをフランクに託して自殺してしまった姉の願いだった。ところがある日、メアリーの祖母イブリンが現われ、孫の才能を無駄にすべきではないとフランクと激しく衝突。そのままフランクを相手に裁判を起こしてメアリーの親権を主張するのだったが…。<allcinemaデーターベースより>

普通の子のかわいらしさと天才少女の可愛らしさは差があるのよね。
それを演じ分けたマッケナ・グレイス は覚えておきましょう。
無邪気さと狡猾さを併せ持ったかわいらしさが随所にちりばめられてました。
考えてる顔のかわいらしさ、見通したときのかわいらしさを見せるのはうまいとり方だと思う。
フランクとイブリンの立ち位置が違いすぎるけれど、それでも愛が透けて見える設定はいい。
メアリーが母親の面影をイブリンに探すのもわかるし、
フランクがだんだんと親権を持つことに疑問を抱きだすのも、
そしてそのフランクを責めるメアリーも、
登場人物にすべて共感を持てたいい映画でした。

超大作でなければ見逃しそうな映画ほど好みの作品が隠れている気がします。
ちゃんと上映作品チェックしなきゃね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック