IT/イット “それ”が見えたら、終わり。@TOHOシネマズひたちなか

あんまりホラーとかスプラッターとか見ないんですが、スティーヴン・キングは別腹。
今年最初の映画はホラーとなりました。

画像


監督: アンディ・ムスキエティ
製作: ロイ・リー
ダン・リン
セス・グレアム=スミス
デヴィッド・カッツェンバーグ
バルバラ・ムスキエティ
製作総指揮: デイヴ・ノイスタッター
ウォルター・ハマダ
リチャード・ブレナー
トビー・エメリッヒ
マーティ・P・ユーイング
ダグ・デイヴィソン
ジョン・シルク
ニーヤ・クイケンドール
原作: スティーヴン・キング
脚本: チェイス・パーマー
キャリー・フクナガ
ゲイリー・ドーベルマン
撮影: チョン・ジョンフン
プロダクションデザイン: クロード・パレ
編集: ジェイソン・バランタイン
音楽: ベンジャミン・ウォルフィッシュ
音楽監修: デイナ・サノ
原題:IT
2017年 アメリカ作品

出演: ジェイデン・リーバハー (ビル)
ビル・スカルスガルド (ペニーワイズ)
ジェレミー・レイ・テイラー (ベン)
ソフィア・リリス (ベバリー)
フィン・ウォルフハード (リッチー)
ワイアット・オレフ (スタン)
チョーズン・ジェイコブズ (マイク)
ジャック・ディラン・グレイザー (エディ)
ニコラス・ハミルトン (ヘンリー)
ジャクソン・ロバート・スコット (ジョージー)
オーウェン・ティーグ
ステファン・ボガルト (ベバリーの父)
スチュアート・ヒューズ
モリー・アトキンソン (エディの母)
スティーヴン・ウィリアムズ
メーガン・シャルパンティエ
ジョー・ボスティック
アリ・コーエン

【解説】
 不気味なピエロ“ペニーワイズ”と少年たちの対決を描いたスティーヴン・キングのベストセラー小説を「MAMA」のアンディ・ムスキエティ監督で映画化し、全米で記録的大ヒットとなりセンセーションを巻き起こしたホラー・サスペンス。子供の失踪事件が続く田舎町を舞台に、弟をさらわれた少年といじめられっ子の仲間たちが力を合わせて、ピエロの格好をした謎めいた存在に立ち向かっていくさまを、少年少女の瑞々しい青春ドラマを織り交ぜつつ、戦慄の恐怖演出で描き出す。主演は「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ミッドナイト・スペシャル」のジェイデン・リーバハー。ペニーワイズ役には「シンプル・シモン」「アトミック・ブロンド」のビル・スカルスガルド。
 1988年、アメリカの田舎町デリー。町では子供ばかりが行方不明になる不可解な事件が続いていた。ある日、内気で病弱な少年ビルの弟ジョージーも1人で遊んでいる時に何者かに襲われ、道端の排水溝に姿を消してしまう。以来、弟の失踪に責任を感じていたビルはある時、見えるはずのないものを見てしまい恐怖に震える。やがて、眼鏡のリッチーや悪い噂のあるベバリーなど同じような恐怖の体験をしたいじめられっ子の仲間たちと協力して、事件の真相に迫ろうとするビルだったが…。
<allcinemaデーターベースより>

ペニーワイズ、怖いです。
ピエロってそれだけで怖いのにねぇ、それ以上の怖さ。
スティーヴン・キング原作だもの、そりゃそうよね、って思いながらもどきどきはらはらしながら見てたんですが怖いのはそこだけでなかった!
ネタバレになるのでここから先は自己判断でお願いします。

紅一点のベバリーが男の子たちより勇敢なのよね。
ティーンになりたての此の世代にはありがちなことなのですが、そういう設定じゃなかった。
彼女、父親から虐待されてるのですよ、性的に。
そんな経験があるからこそ、彼女が強くなる、っていう設定が怖い。
父親に比べたらピエロなんて、って思えちゃうというのが哀しいし怖いのよね。
そんな設定作んないで!って思うけど、珍しい設定ではないのだろうと思っちゃう自分も怖い。怖い怖いと連呼してますが、恐怖の質がすべてちょっとずつ違っているのがさすがハリウッドだと思うのです。

怖い物好きの人はぜひぜひお勧めです。
ホラーが苦手な私もとっても楽しめた作品でしたし、続編を望む作品でもありました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック