トゥームレイダー@TOHOシネマズひたちなか

アクション映画はスクリーンで見たいでしょう。
ファースト・ストーリーというのも気になっていってきました。

画像


監督: ローアル・ユートハウグ
製作: グレアム・キング
製作総指揮: パトリック・マコーミック
デニス・オサリヴァン
ノア・ヒューズ
原案: エヴァン・ドーハティ
ジェニーヴァ・ロバートソン=ドウォレット
脚本: ジェニーヴァ・ロバートソン=ドウォレット
アラスター・シドンズ
撮影: ジョージ・リッチモンド
プロダクションデザイン: ゲイリー・フリーマン
衣装デザイン: コリーン・アトウッド
ティモシー・A・ウォンシク
編集: スチュアート・ベアード
マイケル・トロニック
音楽: トム・ホルケンボルフ
原題:TOMB RAIDER 2017年 アメリカ作品

出演: アリシア・ヴィカンダー(ララ・クロフト)
ドミニク・ウェスト(リチャード・クロフト)
ウォルトン・ゴギンズ(マサイアス・ヴォーゲル)
ダニエル・ウー(ルー・レン)
クリスティン・スコット・トーマス(アナ・ミラー)
ハナ・ジョン=カーメン(ソフィー)
デレク・ジャコビ(ヤッフェ)

【解説】
 かつてアンジェリーナ・ジョリー主演でも映画化された世界的人気ゲーム・シリーズを「リリーのすべて」「エクス・マキナ」のアリシア・ヴィカンダー主演で再映画化したアクション・アドベンチャー大作。美しきトレジャー・ハンター“ララ・クロフト”誕生の物語を、スリリングな謎解きとアクション満載に描き出す。共演はドミニク・ウェスト、ウォルトン・ゴギンズ、ダニエル・ウー。監督はノルウェー出身で本作が記念すべきハリウッド・デビューとなる「THE WAVE/ザ・ウェイブ」のローアル・ユートハウグ。
 ロンドンでごく普通の女子大生として暮らしていたララ・クロフトだったが、謎の死を遂げた資産家で冒険家の父が遺したビデオメッセージを発見し、その遺志を継いでトレジャー・ハンターとなり最初のミッションに挑むことを決意する。それは、日本のどこかにあるという神話上の絶海の孤島に隠された幻の秘宝を封印するというもの。その秘宝には世界を滅ぼす邪悪な力が秘められていて、危険な秘密組織トリニティがその悪用を企んでいるというのだった。こうして一人旅立ったララは、香港でルー・レンという男を見つけ出すと、彼を相棒に幻の秘宝を求めて過酷な大冒険へと繰り出すのだったが…。
<allcinemaデーターベースより>

神秘→東洋→日本
この発想はいつまでたってもハリウッドから払しょくされることはないのだろうかw
歴史上黒い経歴はないはずなんだが、邪馬台国の卑弥呼が悪って。
この謎にララが果敢に挑んでいくわけですが、この辺からは勧善懲悪で小気味がいい。
この構図はハリウッド映画でよくあるのはしっているけど、卑弥呼を悪者にする?と若干憤慨しながら見始めたんですが、やっぱりテンポよくておもしろい。。
普通のお嬢様がそこまでやる?という場面がないわけではないのですが、ララだから許す。

終盤でああ、そういうこと?という卑弥呼の名誉挽回も含まれていたのでそれでよし。
見終わった後も爽快感あるいいエンターテイメント映画でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック