オーシャンズ8@ユナイテッドシネマ新潟

これは見に行くでしょう。でもいくつかシリーズ抜けてるかも。
それでもこの手の映画はスクリーンで見たい物ね。美女揃いだし見目だけでも楽しそう。
画像


監督: ゲイリー・ロス
製作: スティーヴン・ソダーバーグ
スーザン・イーキンス
製作総指揮: マイケル・タドロス
ダイアナ・アルヴァレス
ジェシー・エアマン
ブルース・バーマン
キャラクター創造:ジョージ・クレイトン・ジョンソン
ジャック・ゴールデン・ラッセル
原案: ゲイリー・ロス
脚本: ゲイリー・ロス
オリヴィア・ミルチ
撮影: アイジル・ブリルド
プロダクションデザイン:アレックス・ディジェルランド
⾐装デザイン:サラ・エドワーズ
編集: ジュリエット・ウェルフラン
ウィリアム・ゴールデンバーグ
⾳楽: ダニエル・ペンバートン
原題:OCEAN'S 8
2018年アメリカ作品

出演:サンドラ・ブロック(デビー・オーシャン)
ケイト・ブランシェット(ルー・ミラー)
アン・ハサウェイ(ダフネ・クルーガー)
ミンディ・カリング(アミータ)
サラ・ポールソン(タミー)
アウクワフィナ(コンスタンス)
リアーナ(ナインボール)
ヘレナ・ボナム・カーター(ローズ)
【解説】
「オーシャンズ11」シリーズの⼥性版として、ジョージ・クルーニーが演じたダニー・オーシャンの妹デビーを主⼈公に贈るクライム・エンタテインメント。デビーが結成した⼥性だけの個性派犯罪ドリーム・チームが、全世界に⽣中継されている“メットガラ”を舞台に、1億5000万ドルの宝⽯を盗み出す前代未聞の計画に挑むさまをスリリングに描く。主演はサンドラ・ブロック、共演にケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、リアーナ、ヘレナ・ボナム・カーター。監督は「ハンガー・ゲーム」のゲイリー・ロス。
犯罪界のカリスマ、ダニー ・オーシャンを兄に持つデビー・オーシャンは、刑務所での務めを終え仮出所を果たすや、5年8ヵ⽉の服役中に練りに練った計画を実⾏に移すべく右腕ルーとともにその道のプロたちに声をかけ、最強の犯罪集団、新⽣“オーシャンズ”を結成する。狙うは世界最⼤のファッションの祭典“メットガラ”でハリウッド⼥優ダフネが⾝につける1億5000万ドルの宝⽯。しかし会場には防犯カメラが1ミリの隙もなく張り巡らされ、⾄る所で屈強な男たちが⽬を光らせている。その上、祭典の模様は全世界に⽣配信されることになっていた。そんな到底実現不可能と
思われる前代未聞の計画に、緻密かつ⼤胆不敵に挑んでいくデビーとその仲間たちだったが…。<allcinemaデーターベースより>

いつのまにかダニー・オーシャンが死んだことになってるんだがわたし、数作見逃してますね。
今回は女性オンリーというのも異色だけど楽しい。カラフルだし豪華絢爛ね。
デビーが出所してからの万引き?がすごい。
リズムとかテンポとかもう面白いくらい。
いけないことしているのにあの行動自体が芸術作品だと思ってしまうぐらい無駄がないの。
ほれぼれするわ。
ダフネもいいねぇ。あの行動は男にはないものだと思うの。
5年8ヶ月の知恵の集結。
メンバーすら知らないところで事が動いていたのにもナイス。
クライム・エンターテイメントの冠にふさわしい楽しい作品でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック