マンマ・ミーア ヒア・ウィ・ゴー@ユナイテッドシネマ新潟

プラトーンが想像していたよりも重かったので、一日の終わりには幸せな気分になりたいな、とマンマ・ミーアです。
画像


監督: オル・パーカー
製作: ジュディ・クレイマー
ゲイリー・ゴーツマン
製作総指揮:ベニー・アンダーソン
ビョルン・ウルヴァース
リタ・ウィルソン
トム・ハンクス
リチャード・カーティス
フィリダ・ロイド
ニッキー・ケンティッシュ・バーンズ
原案: リチャード・カーティス
オル・パーカー
キャサリン・ジョンソン
脚本: オル・パーカー
撮影: ロバート・イェーマン
プロダクションデザイン :アラン・マクドナルド
⾐装デザイン:ミシェル・クラプトン
編集: ピーター・ランバート
振付: アンソニー・ヴァン・ラースト
⾳楽: アン・ダッドリー
⾳楽監修: ベッキー・ベンサム
楽曲: ABBA
原題:MAMMA MIA! HERE WE GO AGAIN
2018年 アメリカ作品

出演:アマンダ・セイフライド(ソフィ)
ピアース・ブロスナン(サム)
コリン・ファース(ハリー)
ステラン・スカルスガルド(ビル)
クリスティーン・バランスキー(ターニャ)
ジュリー・ウォルターズ(ロージー)
ドミニク・クーパー(スカイ)
リリー・ジェームズ(若きドナ)
アレクサ・デイヴィーズ(若きロージー)
ジョシュ・ディラン(若きビル)
ジェレミー・アーヴァイン(若きサム)
ヒュー・スキナー(若きハリー)
ジェシカ・キーナン・ウィン(若きターシャ)
アンディ・ガルシア(セニョール・シエンフエゴス)
シェール(ルビー)
メリル・ストリープ(ドナ)
【解説】
ABBAの名曲の数々で綴る⼈気ミュージカルをメリル・ストリープとアマンダ・セイフライドの主演で映画化し世界的に⼤ヒットした「マンマ・ミーア!」の続編。前作と同じくギリシャの架空の島“カロカイリ島”を舞台に、前作から10年後の物語と、若きドナと3⼈のパパたちとの出会いの物語を綴る。出演はオリジナル・キャストに加え、若きドナ役で「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、ドナの⺟にしてソフィの祖⺟役でシェールが登場。監督は「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」「17歳のエンディングノート」のオル・パーカー。
エーゲ海に浮かぶギリシャの美しい島“カロ カイリ島”。ソフィは⺟ドナとの夢だった新築ホテルをついに完成させ、それを祝うオープニング・パーティの準備に奔⾛していた。しかし夢を叶えた⼀⽅で、ニューヨークに滞在中の夫スカイとのすれ違いにかつてない不安を抱えていた。そんな中、ソフィの妊娠が発覚し、⾃分を⾝ごもったときの⺟の気持ちに思いを馳せるとともに、3⼈のパパたちとどのように出会ったのかを知りたいと思うようになる。1979年、オックスフォード⼤学を卒業した若き⽇のドナは、⾒聞を広めたいとひとりで旅に出る。やがて宿泊先のホテルで若き⽇のハリーと出会うドナだったが…。

ドナが知らないうちに病死?わたしなにかすっ飛ばした?と思ったのですが、物語上ドナの死は語られてなくてこれが2作目でした。
ミュージカルは楽しくていいね。
ソフィも素敵だけど、スカイもいいけど、やっぱりなんてったってアンディ・ガルシア。上手に年をとったなぁとほれぼれ。中年期にはこのじじい加減を想像できていませんでした、わたし。
そういう意味ではピアース・ブロスナンもいいじじいになったものだと思うのです。
シェールの存在感といったら台風並みだし、脇がしっかりしている分ソフィが損してるかな?と思わないでもないでしたが、楽しかった。
前向きに、明るく、ポジティヴに。エーゲ海の景色がポジティヴそのものでした。
アンディ・ガルシアも素敵でした。若いときはぎらぎらしてあまり好きな顔ではなかったのですが、とってもダンディー、セクシー!
ガルシアの姿だけで一つ得した気分でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック