TOP GUN@Tジョイシネマ新潟万代 午前10時の映画祭

幼少期から洋画が好きで、高校生ぐらいからはスクリーンで見るようになった洋画。
高校時代はひたすら外国の物を求めてたのよね。
これもスクリーンで見てるんだけど、やっぱり見直しましょうと思って行ってきました。
この映画、ヴァル・キルマーがかっこよかったという記憶あり。
画像


監督: トニー・スコット
製作: ドン・シンプソン
ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮:ビル・バダラート
脚本: ジム・キャッシュ
ジャック・エップス・Jr
撮影: ジェフリー・キンボール
作詞: トム・ホイットロック
⾳楽: ハロルド・フォルターメイヤー
原題:TOP GUN
1986年 アメリカ作品

出演:トム・クルーズ(マーヴェリック)
ケリー・マクギリス(チャーリー)
ヴァル・キルマー(アイスマン)
アンソニー・エドワーズ(グース)
トム・スケリット(ヴァイパー)
マイケル・アイアンサイド(ジェスター)
ジョン・ストックウェル(クーガー)
バリー・タブ(ウルフマン)
リック・ロソヴィッチ(スライダー)
ティム・ロビンス(マーリン)
ジョルジオ・モロダージェームズ・トルカンスティンガー
メグ・ライアン(キャロル)
エイドリアン・パスダー(チッパー)
クラレンス・ギルヤード・Jr(サンダウン)
ウィップ・ヒューブリー(ハリウッド)
【解説】
衰退する空中戦(ドッグファイト)技術を復活させるため、F-14トムキャット戦闘機の超エリートパイロット達を集め徹底的に鍛え上げる養成所を舞台に、⾎気盛んな主⼈公の挫折とそこから這い上がり⼤活躍する過程を、ロックのリズムに乗せてテンポのいい映像で描いた⼤ヒット作。
カリフォルニア州ミラマー海軍航空基地。そこにF-14 トムキャットを操る世界最⾼のパイロットたちを養成する訓練学校、通称“トップガン”がある。若きパイロットのマーヴェリックもパートナーのグースとともにこのトップガン⼊りを果たし、⾃信と野望を膨らませる。⽇々繰り返される厳しい訓練も、マーヴェリックはグースとの絶妙なコンビネーションで次々と課題をクリアしていく。しかしライバルのアイスマンは、彼の型破りな操縦を無謀と指摘する。その⼀方で、マーヴェリックは新任の⼥性教官チャーリーに⼼奪われていく。
良く⾔えば戦闘機乗りの「愛と⻘春の旅だち」だが“⼈間”を描いた作品と⾔うよりはF-14戦闘機のプロモーションビデオ的なっているため、主⼈公の⼼の葛藤などの描写は正直薄っぺら。だが戦闘機が出てくると映画は活気を取り戻し、訓練シーンやラスト近くの空中戦は⼤迫⼒! また、T・クルーズのぷっくりとした顔だちに⽩い⻭が印象的な笑顔が初々しさを与え、ファンにはたまらない1本。尚、サントラ盤もヒットし、ベルリンの歌う“愛は吐息のように” -Teke My Breath Away- はアカデミー主題歌賞を受賞。<allcinemaデーターベースより>

ええ、やっぱり見直して正解でした。
だいたいティム・ロビンスが出てたってノーチェック。
トム・クルーズと4歳しか違わないのには今回調べてみてちょっとびっくりしました。
メグ・ライアンもかわいかった。
ヴァル・キルマーがかっこいいと言うよりも、ケニー・ロギンズの曲がかっこよくて、F14がかっこよくて、そこに海軍の白い制服がかっこよくて、という構造でした。

意外なところで胸に来たのはオープニングから顕著に表れるトニー・スコットの色。
そう、トニー・スコットならこう撮るよね、こう写すよね、の連続。
このショット、この色、このテンポがトニー・スコット。そう思えば思うほど胸が痛い。
スコット兄弟は好きなのと言いつつ、やっぱりわたしはトニー・スコットの映画が好きなの。
それを思い出しちゃって胸に来るとは思わなかった。

でもこれ、愛と青春の旅立ちを見てるから内容が軽いと思っちゃう。
トム・クルーズとF14のプロモーション・ビデオっぽくなるのは、ある意味トニー・スコットの作風なのにね。
トニー・スコットの映画だから好きだったんだわと再確認の時間になりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック