プーと大人になった僕@ユナイテッドシネマ新潟

近頃のCGすごいよね。プーが動くし喋る!
この手のファミリー向け作品は圧倒的に吹き替え版の上映が多い。夜くらいは字幕にして欲しいなぁ。
新潟市内ここだけ字幕上映があったので慌てて見に行きました。
来週になって字幕上映なくなりました。なんていわれたらなくだけじゃすまないもんね。
画像



監督: マーク・フォースター
製作: ブリガム・テイラー
クリスティン・バー
製作総指揮: ルネー・ウォルフ
ジェレミー・ジョンズ
キャラクター創造:A・A・ミルン
E・H・シェパード
原案: グレッグ・ブルッカー
マーク・スティーヴン・ジョンソン
脚本: アレックス・ロス・ペリー
トム・マッカーシー
アリソン・シュローダー
撮影: マティアス・クーニクスヴィーザー
プロダクションデザイン:ジェニファー・ウィリアムズ
⾐装デザイン:ジェニー・ビーヴァン
編集: マット・チェシー
⾳楽: ジェフ・ザネリ
ジョン・ブライオンパルディ
トビー・ジョーンズ
原題:CHRISTOPHER ROBIN
2018年アメリカ作品

出演: ユアン・マクレガー(クリストファー・ロビン)
ヘイリー・アトウェル(イヴリン・ロビン)
ブロンテ・カーマイケル(マデリン・ロビン)
マーク・ゲイティス(ジャイルズ・ウィンズロウ)
声の出演:ジム・カミングス(プー/ティガー)
ニック・モハメッド(ピグレット)
ブラッド・ギャレット(イーヨー)
ソフィー・オコネドー(カンガ)
ピーター・キャラビット

【解説】
世界中で愛され続けるA・A・ミルンの児童⽂学『くまのプーさん』に登場するプーさんの⼤親友クリストファー・ロビンのその後を映画化したファンタジー・ドラマ。⼤⼈になり仕事に追われるクリストファー・ロビンが、プーさんや森の仲間たちと奇跡の再会を果たしたことで、忘れていた⼤切な何かを思い出していく姿を描く。
主演はユアン・マクレガー、共演にヘイリー・アトウェル、ブロンテ・カーマイケル。監督は「ネバーランド」のマーク・フォースター。
少年クリストファー・ロビンは“100エーカーの森”で親 友のプーやその仲間たちと楽しい毎⽇を送っていたが、やがてロンドンの寄宿学校へ転校することに。“きみのことは絶対に忘れない”と固く誓ってプーと別れたクリストファー・ロビン。⽉⽇は流れ、⼤⼈になった彼は妻のイヴリンと娘マデリンとともにロンドンに暮らしていた。しかし仕事が忙しくて家族とはすれ違いの⽇々が続いていた。そんなある⽇、なぜかロンドンで途⽅に暮れていたかつての親友プーと驚きの再会を果たす。森の仲間たちのもとに戻れなくなったプーの頼みを聞き⼊れ、⼀緒に“100エーカーの森”へと
向かったクリストファー・ロビン。ピグレットやティガーら森の仲間たちとも再会でき、少年時代の懐かしい⽇々を思い出すクリストファー・ロビンだったが…。
<allcinemaデーターベースより>

これディズニーが作ったからアメリカ映画なのね。プーさん=イギリスだと思っていたので配給会社みてまずびっくり。そっか、ディズニーが絡むなら超大作作れるわね。
何が驚くってイヴリンよ。動じず森の仲間を受け入れるのよね?
普通おびえると思うのだけれど、クリストファーを好きになっただけ、そういう資質がねむってたの?
娘はともかく、ちょっとぐらい驚愕して!とかおもっちゃう。
いつまでも友達。片方がそう思っていたら、わすれちゃった片方もきっといつか思い出すのだとぷーは語るのね。
大人に、それも成人男子に見てもらいたい映画でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック