クワイエット・プレイス@ユナイテッドシネマ新潟

見ようか迷っていた作品ではあるのですが、気になるなら見てきましょう、で行きました。
字幕が松浦美奈さんで、まずはラッキー。
画像


監督: ジョン・クラシンスキー
製作: マイケル・ベイ
アンドリュー・フォーム
ブラッド・フラー
製作総指揮: セリア・コスタス
ジョン・クラシンスキー
アリソン・シーガー
アーロン・ジャナス
原案: ブライアン・ウッズ
スコット・ベック
脚本: ブライアン・ウッズ
スコット・ベック
ジョン・クラシンスキー
撮影: シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
プロダクションデザイン:ジェフリー・ビークロフト
⾐装デザイン:カシャ・ワリッカ=マイモーネ
編集: クリストファー・テレフセン
⾳楽: マルコ・ベルトラミ
原題:A QUIET PLACE
2018年 アメリカ作品

出演:エミリー・ブラント(リー)
ジョン・クラシンスキー(エヴリン)
ミリセント・シモンズ(リーガン)
ノア・ジュープ(マーカス)
【解説】
低予算ながら全⽶でサプライズ⼤ヒットとなり⼤きな話題を集めたサスペンス・ホラー。⾳を⼀切出さないように細⼼の注意を払い、何かに怯えながら⽣活する⼀家の戦慄のサバイバルの⾏⽅を、緊迫感溢れる筆致でスリリングに描き出す。主演は実⽣活でも夫婦のジョン・クラシンスキーとエミリー・ブラント。監督もジョン・クラシンスキーが⾃ら務めている。
⾳に反応し⼈間を襲う“何か ”によって壊滅状態となった地球。そんな中、どうにか⽣き延びていた1組の家族。リーと妻エヴリン、そして⼦どもたちは⼿話で会話し、裸⾜で歩くなど、⾳を出さずに⽣活することで、かろうじて“何か”の襲撃を免れてきた。しかしそんな⼀家には、妊娠中のエヴリンの出産という最⼤の危機が⽬前に迫っていたのだったが…。<allcinemaデーターベースより>

いろんなところでいろんな風に書いてますが、白人女性は強い。
音をたててはいけないという設定ではあるのですが、10cm以上はあろうかという釘を踏み抜いたり、出産したりで声を立てないって白人女性ってすごい。
出産って誰の手も借りなくて大丈夫なの?産んだ後とかケアはいらんのかと本気で心配したりする。
生き残り=サバイバルになっていくのかとその視点がなくて最初びっくり。
もう奪略の世界になるのね。
赤ちゃんの守り方も恐ろしいんだけれど。そうよね、泣く生き物だからさ、わかるけど。
最後まで「何か」が出てこないかと思っていたんだけれど、後半は笑えるくらい出てきた。
弱点がわかってからの白人女性もすごい。あのエンディングの笑顔はすごみがありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック