ダルトン・ボールドウィンマスタークラス公開レッスン@二俣川サニーホール

先輩のOさんとおしゃべりしたおしてからの聴講。
門下生同士って会えるようで会えてないのですよ。
彼女とは素質論で言うサードが一緒なので話し出すときりがない。
色々お互い報告もあり、楽しかったです。

ボールドウィン先生のレッスンを聞くのは2回目。
前回はテーマはR.Straussで師匠もレッスンを受けていたので足を運んだはずでした。
今回のテーマは「女性の歌」
マスタークラスなのでもちろん皆さんお上手。
音楽やってる人ってお上品なお嬢様・奥様がとても多い世界なのに、今回キャバレーでの女性の曲を歌った方がいらしたのね。通訳の先生もお育ちがいいというか、お上品なのよね、場末の曲を選んだ方のレッスンが苦労されていました。
結構えげつないスラングでボールドウィン先生が指示を出されるんだけれど、そこはきれいな言葉で代用されたり色々大変そうでした。
「そこはスカートちょっと持ち上げて」とか言われおられて、なかなか難しそうでした。

ボールドウィン先生ももう80歳をこえられているので、いつ来日されなくなるかもしれないので
貴重なレッスンなんだと思います。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック