イコライザー2@ユナイテッドシネマ新潟

第1作目は見てないんだけれど、予告でみたいなと思ったのでした。
デンゼル・ワシントンは見ておいて損は無いでしょう。
来週からはまた見たい映画が始まるので週末に見てしまえと行ってきました。
画像



監督: アントワーン・フークア
製作: トッド・ブラック 
ジェイソン・ブルメンタル 
デンゼル・ワシントン 
アントワーン・フークア
アレックス・シスキン 
スティーヴ・ティッシュ 
メイス・ニューフェルド
トニー・エルドリッジ 
マイケル・スローン
製作総指揮: モリー・アレン 
デヴィッド・ブルームフィールド
キャラクター創造:マイケル・スローン 
リチャード・リンドハイム
脚本: リチャード・ウェンク
撮影: オリヴァー・ウッド
プロダクションデザイン:ナオミ・ショーハン
⾐装デザイン:ジェニー・ゲーリング
編集: コンラッド・バフ
⾳楽: ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
⾳楽監修: ジャバリ・アリ
現代:THE EQUALIZER 2 
2018年アメリカ作品

出演:デンゼル・ワシントン(ロバート・マッコール)
ペドロ・パスカル(デイブ・ヨーク)
アシュトン・サンダーズ(マイルズ)
ビル・プルマン(ブライアン・プラマー)
メリッサ・レオ(スーザン・プラマー)
サキナ・ジャフリー
ジョナサン・スカーフ
アダム・カースト
オーソン・ビーン

【解説】
デンゼル・ワシントンが弱き者のためには容赦なく悪を退治する凄腕の元CIAエージェントを演じて⼤ヒットしたクライム・アクションの続編。静かに暮らしていた主⼈公が、何者かに殺された親友の死の真相を追い、壮絶な復讐に乗り出すさまを描く。共演はメリッサ・レオ、ペドロ・パスカル、ビル・プルマン。監督は引き続きアントワーン・フークア。
今はタクシードライバ ーとして穏やかな⽇常を送る元CIAエージェントのロバート・マッコール。しかしひとたび困っている⼈を⾒れば、圧倒的戦闘スキルで悪⼈たちを⼀瞬で始末する最強の殺⼈マシンへと変貌する。そんなある⽇、CIA時代の元上官で、唯⼀の理解者でもあるスーザンが何者かに惨殺される事件が起きる。怒りに震えるマッコールは⾃ら真相を突き⽌めるべく、極秘に捜査を開始。次第に事件の核⼼へと近づいていくマッコールは、やがて⾝内であるCIA、しかも⾃分と同じ特殊訓練を受けたスペシャリストが関与していることを突き⽌めるのだったが…。<allcinemaデーターベースより>

これは前作見てから行ったほうがいいタイプの映画でした。心情の描かれ方が1作をベースにしている分、共感力が薄かったような気がする。
なぜCIAを離れ、なぜ一人で、なぜ結婚指輪をつけて、なぜあそこまで襲われたときを想定して家を作るのか。
その辺1作目を見れば解決するのよね?
途中からは、えっとこの役者さんだれだっけ?に脳みそを何割か占領される。
エンドクレジットでやっと、ビル・プルマン!と納得するまでが長かったこと。
絶対知ってるけど、あれ?あれ?って思うわけです。わかるのに名前が出てこないもどかしさ。
すっきり解決できてよかった。
だれか、なぜ小麦粉を浮遊させると、手榴弾が自分に向かって爆発するのか教えてほしいw
ラスト老人ホームの再開はスーザンの功績よね?まだまだこのシリーズ続くのかしら?という終わり方。
1はかならずどこかで見なければなりませんね。
冒頭のちっちゃな女の子とのやりとりはほほえましい。男の子じゃあの約束はまもれまい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック