ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ@ユナイテッド・シネマ新潟

予告編で見たデル・トロがあまりにもはまり役を演じているように見えて気になっていた作品。明日お休みだし英語の後行ってきました。
画像

監督:ステファノ・ソッリマ
製作:ベイジル・イヴァニク
エドワード・L・マクドネル
モリー・スミス
サッド・ラッキンビル
トレント・ラッキンビル
製作総指揮:エレン・H・シュワルツ
リチャード・ミドルトン
エリカ・リー
キャラクター創造:テイラー・シェリダン
脚本:テイラー・シェリダン
撮影:ダリウス・ウォルスキー
プロダクションデ ザイン:ケヴィン・カヴァナー
⾐装デザイン:デボラ・L・スコット
編集:マシュー・ニューマン
⾳楽:ヒルドゥル・グーナドッティル
⾳楽監修:ジョナサン・ワトキンス
原題:SICARIO: DAY OF THE SOLDADO
2018年アメリカ作品

出演:ベニチオ・デル・トロ(アレハンドロ)
ジョシュ・ブローリン(マット・グレイヴァー)
イザベラ・モナー(イサベル・レイエス)
ジェフリー・ドノヴァン(スティーヴ・フォーシング)
マヌエル・ガルシア=ルルフォ(ギャロ)
マシュー・モディーン(ジェームズ・ライリー)
イライジャ・ロドリゲス(ミゲル・エルナンデス)
デヴィッド・カスタニェーダ(ヘクター)
キャサリン・キーナー(シンシア・フォード)

【解説】 アメリカとメキシコの国境をはさんで繰り広げられる壮絶な⿇薬戦争の実態を描き、アカデミー賞3部⾨にノミネートされたクライム・アクション「ボーダーライン」の続編。前作でベニチオ・デル・トロとジョシュ・ブローリンが演じたアレハンドロとマットを主⼈公に、もはや⼀切のルールが無⼒化した国境⿇薬戦争の泥沼を、予測不能の展開でスリリングに描き出す。共演はイザベラ・モナー、ジェフリー・ドノヴァン、キャサリン・キーナー。脚本は再び「ウインド・リバー」のテイラー・シェリダンが担当し、監督は新たに「暗⿊街」のステファノ・ソッリマが務める。  アメリカ国内で⾃爆テロが発⽣し、犯⼈の不法⼊国にメキシコの⿇薬カルテルが関わっていることを重く⾒たアメリカ政府は、CIA⼯作員マット・グレイヴァーにカルテル壊滅の極秘ミッションを命じる。マットは旧知の暗殺者アレハンドロに協⼒を仰ぎ、カルテル同⼠の戦争を誘発するために、敵対するカルテルの仕業と⾒せかけ⿇薬王カルロスの娘イサベルを誘拐する⾮情な極秘作戦を決⾏するのだったが…。 <allcinemaデーターベースより>

デル・トロの怖いこと、怖いこと。
前作の知識が無いからただひたすら冷血に引き金を引いているようにしか見えない。
子供を餌に使うというのはどうかと思うけれど、つかみ合いのけんかするお姫様だからねぇ、どこまで傷になっているかはわかりかねる。
撃たれても這い上がってくる精神力はどこから来るんだろう。
ただ単に不正をただすという者ではなさそうと言うのはわかるけど。
手話がとても印象的に使われていました。
ラストシーンが次作を彷彿とさせてThe end
3作目ができる前に1作目は見ておかないといけません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック