ハイジ アルプスの物語@BSTV

何気なくテレビをつけたらちょうど始まったので、見たことのない映画だったので観賞。

画像


監督:アラン・グスポーナー
製作:レト・シャールリ
ルーカス・ホビ
ウリ・プッツ
ヤーコプ・クラウゼン
原作:ヨハンナ・シュピリ
脚本:ペトラ・フォルペ
撮影:マティアス・フライシャー
美術:クリスティアン・M・ゴルトベック
⾐装:アンケ・ヴィンクラー
⾳楽:ニキ・ライザー
イェラ・ハーゼチネッテ
原題:HEIDI
2015年スイス/ドイツ作品

出演:アヌーク・シュテフェン(ハイジ)
ブルーノ・ガンツ(アルムおんじ)
イザベル・オットマン(クララ)
クィリン・アグリッピ(ペーター)
カタリーナ・シュットラー(ロッテンマイヤー)
ハンネローレ・ホーガー(おばあさま)
マキシム・メーメット(ゼーゼマン)
ペーター・ローマイヤー(セバスチャン)

【解説】
往年のTVアニメ版でもお馴染みのヨハンナ・シュピリの名作児童⽂学を本国スイスで実写映画化したファミリー・ムービー。アルプスの美しい⼤⾃然をバックに、元気いっぱいの少⼥ハイジが祖⽗や都会の令嬢クララたちと織りなす友情と絆の物語を綴る。出演は主⼈公ハイジ役にオーディションで選ばれた新⼈、アヌーク・シュテフェン、アルムおんじ役には「ヒトラー 〜最期の12⽇間〜」の名優ブルーノ・ガンツ。監督は「リトル・ゴースト オバケの時計とフクロウ城の秘密」のアラン・グスポーナー。
幼い頃に両親を亡くした少⼥ハイジは、アルプスの ⼤⾃然に囲まれた⼭⼩屋に暮らす祖⽗アルムおんじのもとに預けられる。無愛想ながら⼼優しいアルムおんじとヤギ飼いの少年ペーターと楽しい⽇々を送っていたハイジだったが、ある⽇、⼤富豪のお嬢様クララの話し相⼿を務めるべく、⼤都会フランクフルトへと連れて⾏かれる。⾜が悪く⾞いすで⽣活していたクララは、家から出ることもなく、ふさぎがちで寂しい毎⽇を送っていた。そんなクララも天真爛漫なハイジと⼀緒に過ごすうち、少しずつ元気になっていく。いつしか固い友情で結ばれるハイジとクララだったが…。<allcinemaデーターベースより>

なんせ映像がきれい。
フランクフルトもお屋敷の中ももちろんアルプスも、とても美しくてストーリーを凌駕する。
ストーリーはよく知っているし、全部ストーリーも追えるのだけれど、風景や景色の美しさが新鮮さを運んでくれるいい映画でした。
ブルーノ・ガンツはやっぱりいい俳優さん。
アヌーク・シュテフェンはとてもかわいい。
個人的にはセバスチャンが素敵だと思うのよね。ペーター・ローマイヤーは覚えておきましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック