ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生@ユナイテッドシネマ新潟

画像

監督: デヴィッド・イェーツ
製作: デヴィッド・ハイマン
J・K・ローリング
スティーヴ・クローヴス
ライオネル・ウィグラム
製作総指揮:ティム・ルイス
ニール・ブレア
リック・セナト
ダニー・コーエン
脚本: J・K・ローリング
撮影: フィリップ・ルースロ
プロダクションデザイン:スチュアート・クレイグ
⾐装デザイン:コリーン・アトウッド
編集: マーク・デイ
⾳楽: ジェームズ・ニュートン・ハワード
原題:FANTASTIC BEASTS: THE CRIMES OF GRINDELWALD
2018年アメリカ作品

出演:エディ・レッドメイン(ニュート・スキャマンダー)
キャサリン・ウォーターストン(ティナ・ゴールドスタイン)
ダン・フォグラー(ジェイコブ・コワルスキー)
アリソン・スドル(クイニー・ゴールドスタイン)
エズラ・ミラー(クリーデンス・ベアボーン)
ゾーイ・クラヴィッツ(リタ)
カラム・ターナー
クローディア・キム
ウィリアム・ナディラム
ケヴィン・ガスリー
ジュード・ロウ(ダンブルドア)
ジョニー・デップ(グリンデルバルド(⿊い魔法使い))

【解説】
「ハリー・ポッター」シリーズのJ・K・ローリングが、後にハリーたちが使っていた教科書『幻の動物とその⽣息地』を著わすことになる魔法動物学者ニュート・スキャマンダーを主⼈公に贈るファンタジー・アドベンチャー「ファンタスティック・ビースト」シリーズの第2弾。逃げ出した⿊い魔法使いの野望を阻⽌すべく、仲間たちとともに魔法界最強の敵に⽴ち向かうニュート・スキャマンダーの活躍を描く。主演は引き続きエディ・レッドメイン。共演にキャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー。またジョニー・デップとジュード・ロウがそれぞれ⿊い魔法使い役とダンブルドア先⽣役で参加。監督は前作に引き続きデヴィッド・イェーツ。
ある⽇、 史上最強と恐れられる“⿊い魔法使い”ことグリンデルバルドが逃げ出した。するとホグワーツ魔法学校の卒業⽣ニュート・スキャマンダーの前に恩師のダンブルドア先⽣が現われ、“⿊い魔法使いを倒せるのは君だけだ”と告げる。突然の⼤役に困惑しながらも、魔法界と⼈間界の危機を救うため、仲間や魔法動物たちとともにグリンデルバルドを追ってパリへと向かうニュートだったが…。<allcinemaデーターベースより>

クイニーとジェイコブの2人が出てきた時点で、1作目見ておいてよかったと思う。
今回はティナがあんまり活躍しなかったような?気がします。
でもこれ次作絶対あるよね、という作り方なので次作に期待しましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック