ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男@U-NEXT

映画熱がとまらずにちょっと検索してみて見つけた作品。これみたいと思っていたけど逃していたのでした。ほらやっぱりキーワードは第2次世界大戦とヒットラー。
画像

監督: ジョー・ライト
製作: ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
リサ・ブルース
アンソニー・マクカーテン
ダグラス・アーバンスキー
製作総指揮:ジェームズ・ビドル
ルーカス・ウェブ
ライザ・チェイシン
脚本: アンソニー・マクカーテン
撮影: ブリュノ・デルボネル
プロダクションデザイン:サラ・グリーンウッド
⾐装デザイン:ジャクリーン・デュラン
編集: ヴァレリオ・ボネッリ
⾳楽: ダリオ・マリアネッリ
原題:DARKEST HOUR
2017年イギリス作品

出演:ゲイリー・オールドマン(ウィンストン・チャーチル)
クリスティン・スコット・トーマス(クレメンティーン・チャーチル)
リリー・ジェームズ(エリザベス・レイトン)
スティーヴン・ディレイン(ハリファックス⼦爵)
ロナルド・ピックアップ(ネヴィル・チェンバレン)
ベン・メンデルソーン(国王ジョージ6世)

【解説】
ゲイリー・オールドマンが第⼆次世界⼤戦時に英国⾸相に就任し、ヒトラーの脅威に敢然と⽴ち向かったウィンストン・チェーチルを演じてアカデミー賞主演男優賞に輝いた感動の伝記ドラマ。また、そのゲイリー・オールドマンを驚異の技術でチャーチルへと変⾝させた特殊メーキャップ・アーティスト辻⼀弘も、みごとアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞し話題に。英国がヒトラーに屈する⼨前での⾸相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる27⽇間に焦点を当て、ヨーロッパのみならず世界の命運を左右する決断が下されるまでの葛藤とその型破りな⼈物像を描き出す。共演はクリスティン・スコット・トーマス、リリー・ジェームズ、ベン・メンデルソーン。監督は「プライドと偏⾒」「つぐない」のジョー・ライト。
1940年5⽉、第⼆次世界⼤戦初期。独裁者ヒトラー率いるナチス・ドイツの 前にフランスは陥落⼨前で、英国にも侵略の脅威が迫る中、新⾸相に就任した前海軍⼤⾂のウィンストン・チャーチル。国⺠には⼈気があったものの、度重なる失策で党内はもちろん国王からも信頼を得られず、弱⾳を吐く彼を妻のクレメンティーンは優しく叱咤する。就任直後の演説では勝利を⽬指して徹底抗戦を誓うも、戦況は悪化の⼀途を辿っていく。そしてドイツ軍に追い込まれた英国軍が、ついにフランス・ダンケルクの海岸で絶体絶命の状況を迎える。英国への上陸もいよいよ現実の脅威となる中、犠牲を回避すべくドイツとの和平交渉を主張する外相ハリファックスの必死の説得を受けるチャーチルだったが…。<allcinemaデーターベースより>

ダンケルクの戦いの民間協力がイギリス軍の士気をあげたのではなかったのか。
知っているつもりでも切り口が違うと歴史ものはまったく違う顔を見せてくるから気が抜けないのが歴史物。

ゲイリー・オールドマンはやっぱりいい俳優です。
特殊メイクがすごすぎる。彼に見えないしチャーチルに見える。
しゃべり方も勉強したんでしょう、チャーチルが憑依したかのように見える場面もあり。

人間ですから、それは葛藤もあるでしょう。
それが戦時下、相手はヒットラーだけでなく外相のハリファックスでもあり国王でもある。
さぞ大変だったと思うけれど、ヒットラーにヨーロッパが屈しなくて本当によかった。
ヒットラーと名を呼ぶことはほとんど無く、主な呼称は「独裁者」だったのも印象深い。
今になるから描けるナチズム、ヒットラーとの戦い。
とても興味深く面白かったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック