魔術師マリーン シーズン1 @U-NEXT

1月に比べて映画の本数が減っているのはテレビドラマを見始めているからなのよね。
これは宇都宮で時々見ていたもの。
ウーサー王が素敵なんだったわよね?と思い出したので観賞。
画像

魔術師マーリン (シーズン1) (2008)
MERLIN
THE ADV ENTURES OF MERLIN
製作国イギリス
製作:ジュリアン・マーフィ
ジョニー・キャップス
企画:ジュリアン・マーフィ
ジョニー・キャップス
ジュリアン・ジョーンズ
ジェイク・ミチー

出演: コリン・モーガン(マーリン)
ブラッドリー・ジェームズ(アーサー)
リチャード・ウィルソン(ガイアス)
アンソニー・ヘッド(ウーサー)
ケイティー・マクグラス(モルガーナ)
エンジェル・コールビー(グウェン)
声の出演: ジョン・ハート(ドラゴン)
ゲスト出演:イヴ・マイルズ
ウィル・メラー
リック・イングリッシュ
ジュリアン・リンド=タット
ホリデイ・グレインジャー
ケネス・クラナム
エイサ・バターフィールド
アレクサンダー・シディグ
フランク・フィンレイ
カル・マカニンク
ミシェル・ライアン
【解説】
⽣まれながらにして強い魔法の⼒を持つ⻘年マーリン。彼が辿りついた王国キャメロットは、ウーサー王によって魔法を使う事が固く禁じられていた。宮廷医師ガイアスの忠告を受けたマーリンは、⾃分の能⼒を隠しながら王⼦アーサーの従者として王国に降りかかる様々な災いに⽴ち向かっていく。アーサー王伝説を新たな解釈で描いた⻘春歴史ファンタジー。<allcinema>

第1話「運命の出会い」 The Dragon's Call
第2話「勇気ある者」 Valiant 2009/10/12
第3話「ニムエの徴(しるし)」The Mark of Nimueh
第4話「モーティエスの毒杯」 The Poisoned Chalice
第5話「勇者ランスロット」Lancelot
第6話「⼆⼈の宮廷医師」 A Remedy to Cure All Ills
第7話「魅惑の瞳」 The Gates of Avalon
第8話「ドラゴンの警鐘」 The Beginning of the End
第9話「魔法の剣(つるぎ)」Excalibur
第11話「マーリンの帰還」 The Moment of Truth
第11話「ユニコーンの呪い」 TheLabyrinth of Gedref
第12話「憎しみと哀しみの間(はざま)に」 To Kill the King
第13話(シーズン最終話)「偉⼤なる魔術師」 Le Morte d'Arthur

ドラゴンを捕まえておいてある、というのがびっくりの設定。
宇都宮で見たときはドラゴンなんて出てきてない気がするからいったいどのエピソードをみていたのやら。
ウーサー王がかたくなに魔法を拒否するけど、魔法使わないとドラゴンなんてつかまらんじゃないのかと最初っから突っ込みつつ楽しく見ました。
グゥエンのパパの作った剣を泥棒しちゃったままでいいの?とか、モルガーナとアーサーは婚約してるの?とかドラゴンのご飯はなんなの?とか色々突っ込みどころはある。
突っ込みつつ見るとアーサー、お前はおばかチャンですか?というくらいマリーンの挙動がみえていないのよね。ハンサムだし勇敢だし、次期国王という責任もしっかりわかってるんですけどね、ことマリーンに関しては見えなさすぎ。ま、ティーンエイジャーの男の子2人とおもうとそんなもんですけどね。

宇都宮で見た覚えのある話はなかったのでこの後のシリーズのどこかなんでしょう。
ランスロットがやっぱり素敵。
たくさんシリーズがあるので時間を見て見て行ければいいなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック