グリーン・ブック@ユナイテッドシネマ新潟

190320-2_★映画@グリーン・ブック.jpg
皮膚科の後行って見ました。レディース・デイでしたしね。

グリーンブック(2018)
GREEN BOOK
製作国アメリカ
【クレジット】
監督: ピーター・ファレリー
製作: ジム・バーク
チャールズ・B・ウェスラー
ブライアン・カリー
ピーター・ファレリー
ニック・ヴァレロンガ
製作総指揮:ジェフ・スコール
ジョナサン・キング
オクタヴィア・スペンサー
クワミ・L・パーカー
ジョン・スロス
スティーヴン・ファーネス
脚本: ニック・ヴァレロンガ
ブライアン・カリー
ピーター・ファレリー
撮影: ショーン・ポーター
プロダクションデザイン :ティム・ガルヴィン
⾐装デザイン:ベッツィ・ハイマン
編集: パトリック・J・ドン・ヴィト
⾳楽: クリス・バワーズ
⾳楽監修: トム・ウルフ
マニシュ・ラヴァル

出演:ヴィゴ・モーテンセン(トニー・“リップ”・バレロンガ)
マハーシャラ・アリ(ドクター・ドナルド・シャーリー)
リンダ・カーデリーニ(ドロレス・バレロンガ)
ディミテル・D・マリノフ(オレグ)
マイク・ハットン(ジョージ)
イクバル・テバ
セバスティアン・マニスカルコ
P・J・バーン
トム・ヴァーチュー
ドン・スターク
ランダル・ゴンザレス
ヴォン・ルイス
ブライアン・ステパニック
【解説】
1960年代を舞台に、差別が残る南部での演奏ツアーに向かった天才⿊⼈ジャズピアニストと、彼に運転⼿兼⽤⼼棒として雇われたガサツなイタリア系アメリカ⼈の凸凹コンビが、旅を通して深い友情で結ばれていく感動の実話を映画化。主演は「イースタン・プロミス」のヴィゴ・モーテンセンと「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ。監督は本作が単独監督デビューとなる「メリーに⾸ったけ」「愛しのローズマリ
ー」のピーター・ファレリー。
1962年、アメリカ。ニューヨ ークの⼀流ナイトクラブで⽤⼼棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無教養だが家族思いのイタリア系男。店の改修で仕事がなくなり、バイトを探していた彼のもとに運転⼿の仕事が舞い込む。雇い主はカーネギーホールに住む天才⿊⼈ピアニスト、ドクター・シャーリー。⿊⼈差別が⾊濃く残る南部での演奏ツアーを計画していて、腕っぷしの強い運転⼿兼ボディガードを求めてい
た。こうして2⼈は、⿊⼈が利⽤できる施設を記した旅⾏ガイドブック“グリーンブック”を⼿に、どんな厄介事が待ち受けているか分からない南部へ向けて旅⽴つのだったが…。
<allcinemaデーターベースより>

アカデミー賞がらみの作品はできるだけ期待しないで見に行くことにしているの。
これは見ようかどうしようか迷ったんだけれど、「ピアニスト」がどう描かれているかも気になって、見に行った作品。
クラシックであれジャズであれ、真摯に音楽を学んだものが吐くセリフに気持ちが動くのです。
そして本物に触ることができれば、どんなに興味のないものであり、素晴らしいと感じるのだと信じていたことをきちんと見せてもらえた感のある映画でした。
ラブレターの朗読会?ってどうよ?って映画を見ながら思ったのですが、ドロレスのラストシーンのセリフでなっとく。わかっていたならみんなに聞いてもらいたいものね。
ラブレターの書き方を覚えた!というトニーもすてき。

ベースにずっと人種差別のにおいがあって、それが手放しで面白かったと言わせない原因ではあるけれど、記憶に残るいい映画でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント