参拝@定福寺


お経を教えて下さった先生の所にはじめて伺い、神さまを下ろして相談事を聞いていただいたとき、降りて下さったのがここのお地蔵様。
何の縁かとさぐってみれば、生後10ヶ月くらいの頃、母が近所の人たちとその年生まれた赤ちゃんを連れてお詣りに来てるとのこと。
わたしの最初のお寺参りの場所でありました。
その後ほぼ毎日ここのお地蔵様のお名前で加護を願っているのに、伺ったことがない。
今日は母のお誕生日で1日お出かけにしたいとおもっていたので、最初の参拝をここにきめました。

母は来たことしか記憶がないと言い、境内のようす、お地蔵様の様子はまったく覚えていないとのこと。
それじゃはじめて来たのと変わらないよね。
でもよく来たとばかりに境内に入るなり読経が始まるのはとてもうれしい。
檀家寺でもありますから、どなたかの回忌供養だったようですが、本堂の外でしたが、お経にあえてとてもうれしかったです。

お地蔵様のお堂はそれはそれはやっぱりすばらしくて、久しぶりに感応同行いただきました。
久しぶりだわ、これ。
若い頃は縁の頂けるところに行く度に泣いていたのに、近頃はなかったなぁ。
あたりまえだけれど優婆尊レベルで気持ちがいい。
記憶になくても、きちんと加護を頂き、改めて縁を結び直していただけるのはありがたいかぎりです。
はじめて縁を頂いてからちょうど50年ぶりの参拝となりました。
車の中にはきちんと経典積んでいたのですが降りたときは数珠しかもっていなかったので、お経は般若心経のみ。次回はきちんと観音経あげたいとおもいます。

知らないところで頂いている加護もあるのよね。
10ヶ月でほかの6,7人の赤ちゃんとお詣りしたというけれど、今その加護をきちんと理解出来ているのは何人いるのやら。
赤ちゃんは1年間5千円でお地蔵様のとり児となって加護が頂けるようです。
うちの甥っこ君達は大きくなってしまったけれど、小さかったら即加護をお願いしたわ、おばちゃんとしてはw。
1年の加護がこの金額ならば子育て地蔵尊の加護を願う親は多いのでしょう。
また時々足を運びたいと思うお寺が増えました。
190309-1★参拝@羽生田 定福寺.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント