突入せよ!「あさま山荘」事件(TV)

愚弟が録画していたのをおもむろに鑑賞しだしたので一緒に見ちゃいました。

画像


監督: 原田眞人
プロデュース: 原正人
脚本: 原田眞人
音楽: 村松崇継
出演: 役所広司 佐々淳行
    宇崎竜童 宇田川信一
伊武雅刀 野間長野県警本部長
串田和美 丸山参事官
山路和弘 石川警視正
矢島健一 大久保第九機動隊長
豊原功補 内田第二機動隊長
遊人 後田巡査
遠藤憲一 山野第二機動隊小隊長
松岡俊介 佐治警視
池内万作 東野通信技官
篠井英介 兵頭参事官
田中哲司 国松広報課長
光岡湧太郎 菊岡理事官
榊英雄 小野沢警部補
井上肇 加々見警部
李鐘浩 伊東警部補

1972年2月、連合赤軍のメンバー5人がひとりの女性を人質に雪に閉ざされた山荘に立てこもる事件が発生。10日間におよぶ攻防の末、警察が強行突入、運良く人質を無事救出、犯人全員の逮捕に成功するが、3人の死者(うち一人は民間人)と多数の負傷者を出す悲劇となった。この日本犯罪史上に残る大事件を、当時指揮官の一人だった佐々淳行の原作を基に「金融腐食列島〔呪縛〕」の原田眞人監督が映画化。
 1972年2月19日、警察に追われた連合赤軍のメンバー5人が、“あさま山荘”に侵入、管理人の妻・小雀真理子さんを人質に立てこもった。山荘は雪と氷に閉ざされ、外はマイナス10度を超える極寒の地。警察側は多数の警官を動員して周囲を包囲するものの、人質と大量の武器を抱えた犯人相手に容易に近づくことが出来ずにいた。この時、現場の No.2として指揮を執る佐々淳行は後藤田正晴警察庁長官より「人質の救出」「犯人の生け捕り」など6項目からなる指示を受ける。しかし、銃器の使用に関して佐々が求めた現場の判断に任せるとの意見は却下される……。
(映画データーベースより)

2002年日本作品

あさま山荘事件って72年だっけ?もうすでにそこから間違ってました(汗)
日本の近現代史をしらないと気が付いていろいろなものを読み出していて赤軍とかは一応知識があったつもりだったのですが、年代まではどうもフォローしきれていなかったようです。
昭和40年代、寒そうだなというのが第1印象。
靴も装備も貧弱だったのね。ご苦労様です。
そして役所さんがいつものようにすごい。この人本当はハリウッド映画クラスなのに、日本にこだわるやくしゃさんだものね、すごいな。
怒鳴ってもしゃべってもささやいても好きな声です、やっぱりいい声。
食事や電話や、時代考証がしっかりしているのか、小物を見るものたのしかった。
でも警察内部ってばか?
すべてが機能しないのは内部がうまくまわってないからなのだと思う作品でした。
あの盾の薄さで命をかけた方々には敬意を表したいと思います。

"突入せよ!「あさま山荘」事件(TV)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント