バガボンド(17) 井上雄彦 by 図書館

図書館の本

出版社/著者からの内容紹介
満月、小次郎、一閃。
斬り合い、獣は強くなる。

一刀斎と旅に出る小次郎。初めての真剣勝負から得るものは大きかったのだと思うし、相手をも成長させる剣の使い手というのはある種の才能だと思う。カリスマ性と同義語かもしれない。

本人の意志なのか、旅立つことによりいろいろなことが動き始める。
鐘巻自斎も同じく。
きちんと小次郎の手に渡るのはいつになるのだろう?

"バガボンド(17) 井上雄彦 by 図書館" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント