白雪姫と3匹の子ブタ

なんとなくテレビをつけていたらはじまったのね。
「爆笑問題 ニッポンの教養」
http://www.nhk.or.jp/bakumon/previous/20101005.html

小澤征爾の弟さん、小澤俊夫が先生だったの。
小澤昔ばなし研究所の主催者でもあられるのね。
昔話は読まずに聞くべきだ、って。
うん、そうなんだと思う。音の響きってだいじ。

爆笑問題の二人がびっくりしていた
白雪姫は3回死んでる
3匹の子ブタの2匹目までは狼に食べられて、3匹目の子ブタに狼がたべられる
このエピソードって、わたしはそうだと思っていたので、驚くことなの?ってびっくり。
ディズニーのお話と、グリム童話は別物だと思って、本当のお話はそうだと思ってたんだけど
みんな知ってる?

白雪姫は紐と櫛で2回殺されてから毒りんごをたべちゃうし、
3匹の子ブタはレンガのおうちの煙突から侵入した狼が、そのままお鍋でお料理されるんだよね。
でもわたしは何で知ってるのかしら?
それが不思議。
うちは貧しかったのでそんなにたくさん本はなく、あった本は大体覚えているんだけど
白雪姫は記憶にあるけど3匹の子ぶたは覚えがない。
どこで覚えたのかしら?

でも、シンデレラが3回お城の舞踏会に行って、王子様が階段にタール塗ったのはしらなかった(汗)
グリム童話ってアンデルセン童話よりすきじゃなかったのですが
グリムもアンデルセンもちゃんと読んでみたくなりました。

"白雪姫と3匹の子ブタ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント