Monster 12 浦沢直樹 by 図書館

図書館の本

出版社 / 著者からの内容紹介
“怪物”の存在を証明するべく、捜査を続けるルンゲ。絵本「なまえのないかいぶつ」の作者がかつて住み、本当の恐怖が眠るといわれる“バラの屋敷”の扉をいま開く。

「なまえのないかいぶつ」
名前があったら、怪物にならなかったの?
バラの屋敷でなにがあったの?
リナが少しずつ過去に近づいていってます。

"Monster 12 浦沢直樹 by 図書館" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント