ブッダ 6巻 手塚治虫 by 図書館

図書館の本

内容(「MARC」データベースより)
仏教思想を持たないでは21世紀も22世紀もない。地球も人類も存在しない-手塚治虫が描く「人間ブッダ」。巻末に「史実と創作の狭間」と題した、多田道太郎VSなだいなだの解説対決を収録。

アナンダのエピソード。お経の中にもアナンダの名前は出てくるんじゃなかったのかしら?
そうか、苦労して仏陀の弟子になったのね。
でも何をしてでも生かしておきたいと思った両親はすごいわ。
それが結局悪魔に魂を売ることでも、生きてれば仏陀に会えたんだし。

この前は鹿。
今回はワニ相手の説法あり。

"ブッダ 6巻 手塚治虫 by 図書館" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント