抱きしめたい

「抱きしめたい」は88年から何度か放映されているテレビドラマ。
一応バブルの端っこを味わった私はいくつか覚えているし、おもしろかったなぁ、って思うのです。
そのなかの1本がこの「抱きしめたい」
このドラマは高校時代からの仲良しがわたしに見なさい、と指定したもの。
夏子と麻子みたいに年をとるの!
それが彼女の言い分。
ドラマが終わるとよく電話が来たものです。


ドラマの詳細はここに↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%B1%E3%81%8D%E3%81%97%E3%82%81%E3%81%9F%E3%81%84!

それが10月1日にフォーエヴァーとしてスペシャル版で放映したのね。

楽しみに待っていたのですが、それがね、ちゃんとは見れなかったのよね。
なぜなら

麻子が一昨年お星様になっちゃったHちゃんを彷彿とさせるから。
顔も声もしぐさも、思い出させる何かがあるの。
もちろん彼女のほうがとても若くなくなったので年は違うのだけれど
女性としてのタイプが似てるのよね。

ちゃんとドラマを見れなくて
自分でもびっくり。
ストーリを追えなくなるの、気持ちがどこかにいっちゃって。。。

あとでDVDになったら借りてみてこなきゃ。

いまだに彼女のお墓には行っていません。
まだ涙なしに彼女の話ができないのです。

いつになったらお墓いけるのかしら?なんて
ドラマ見ながら別のことを考えちゃうとは思いませんでした。
もう一度見ればちゃんとストーリー追えるかしら?

"抱きしめたい" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント