2014.1.6/レッスン

今年初レッスン
Schumann Die Lotosblume2回目。
1人レッスンでした。

年初めから大反省。
それはしちゃあかんでしょ?と20代で1度思ったことをまたやらかしでしまいました。
午前中仕事してそのあとレッスン。
はい、仕事の後は歌えないのを忘れていました。

仕事モードはどんな雑用でもプロ意識を持ってやろう、がわたしのテーマ。
コピー取りだって、今の技師さんたちの補助業務だって
考えて行うようにつとめています。
コピーもだって書類をまとめるにはクリップがいいのかホチキスがいいのか
図面の修正も次に使用する人が使いやすいように
些細なことを考えて些細なことを気にして仕上げる。
ちっちゃな自己満足ですが、それがテーマ。

でも歌のレッスンはこの小っちゃい努力とっても邪魔なんです。
レッスンの時は無。
精神的に裸にならないとレッスンにならない。
たとえて言うならば仕事はドレスアップしてメイクもばっちり。
どこから見られても私が今一番きれいな姿はこれ!
というもの。
レッスンはメイクも服も一切ない裸で向かい合う。
というもの。
仕事してからのレッスンだと服脱いで、メイク落として、髪の毛もまっすぐにおろして
というのがとても大変でした。

レッスン(特に歌)は自分をよく見せようと思った時点でバリアが張られるように思うのです。
出来ることを1つ1つ積み重ねる。
決して今を飾らない。
うまくなんか歌えないのにうまく歌おうとするから息の流れが力みで阻害される。
下手にうまく歌おうといろんなものを策を弄するから下手な歌になる。

前回のレッスンがよかっただけに落差が激しくてかなりへこむ。

師匠も良くわたしをご存じで
「集中しなさい」と再三再四におっしゃる。

自分をよく見せようったって無理なのにね。
自分に自信がないから、わざと違うことして、ほら、やっぱりわたしはできないでしょう?っていうモードが私の中に存在する。
それが出てきちゃうとだめなんだなぁ。
服を脱がない言い訳を自分が勝手に言い始める。

詩を読むのも
裸になってないから「恥ずかしい」が先に立つ。
ましてや
ラブラブエロエロの歌詞だしね。
恥ずかしいと思うと息の流れが止まっちゃって駄目が入る。
わかるんだけど!
何度か繰り返して息を流せるようになるまでいつもより時間がかかる。
ああ、ごめんなさい。
次からはお休みの日のレッスンにします。

でも
本来ポジティヴな意味の言葉をここではネガティヴに言う。
そのテクニックは教わったように思います。
「痛み」は「痛み」を想像できなければその言葉が言えない。
言葉の意味を体に入れてから発音しなさい。
そうすればそう聞こえるから。
自然にそれが出来るようになれば、大げさにしても自然な表現となるから。
繰り返すことでそれは身に付くからと。

次回は久しぶりにnadzさんとのレッスン。
きっちり合わせてきっちり仕上げたい!
希望は大きく
次は2月2週目です。

"2014.1.6/レッスン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント