追憶@TOHOシネマズ宇都宮

この映画、高校生のときに見て、痛いなぁ、って思った作品。
でもそれ以来なぜか見てなくて、今見たらどうなんだろう?と思いもあり、単なる若いときのRobert Redfordがすきというのもあり、行ってきました。
このリバイバル作品って1週間とかで変わっちゃうし、朝10時からの1回しかないのね。
今日はレッスンだけど、時間が許すのでいく!

画像



監督: シドニー・ポラック
製作: レイ・スターク
原作: アーサー・ローレンツ
脚本: アーサー・ローレンツ
撮影: ハリー・ストラドリング・Jr
作詞: アラン・バーグマン
マリリン・バーグマン
音楽: マーヴィン・ハムリッシュ
原題:The way we were
1973年 アメリカ作品

出演: バーブラ・ストライサンド
ロバート・レッドフォード
ブラッドフォード・ディルマン
パトリック・オニール
ロイス・チャイルズ
スーザン・ブレイクリー
サリー・カークランド
ヴィヴェカ・リンドフォース
コーネリア・シャープ
ハーブ・エデルマン
ジェームズ・ウッズ

 評価は主役のバーブラを好きになれるかどうかにかかってくるように思う。このワシ鼻の決して美しくはないヒロインは、こともあろうに天下の美男子(当時)レッドフォードとロマンスする。その逞しきナルシズムに圧倒されるか、それをあくまで拒むか。リベラルで鳴るバーブラの政治主義が役柄に反映されながらも、当然(その主題歌のように)、骨子は大甘なメロドラマ。しかも、大戦直前の37年の大学反戦運動に端を発し、戦争末期の愛の再燃、結婚、そして、お互いの立場の違いを理解しての離婚、それから……と約20年の大河に渡る。もちろん、ミュージカル・コメディの檻に彼女を閉じ込める気はないのだが、初見時は、さすがにツラかった。後に見返した時は、バーブラの強い個性にも慣れてきたので、上記の採点となる。いずれにしろ、レッドフォードはただもう“お飾り”。この女尊男卑は立派です。
<allcinemaデーターベースより>

なんだろうね?この解説(汗)
自分で書かないからしょうがないけれど、うーん。

レッスンだけどみていいかしら?って躊躇があったのはこれ、絶対泣くよね?って思っていたから。
高校生のときは泣いたの。それも最後の最後で。
それをしっかり覚えていたの。
でもやっぱり時は流れてます。
あれ?わたし泣くかも!って思ったのはオープニングの曲のところだけ。
それも以前この映画を見ていたから、その「残像」みたいな痛みでした。
この作品を知らなくても胸痛くなる曲でしょう???


細かいシーンは色々わすれてました。
New yorkのWで始まる大学ってどこよ?
とか、ああ、大学の中で歴然とお金持ちグループと、奨学金グループができてたのね、とか
ケイティがハベルの才能に打ちのめされるシーンとか。

でもそれって寝込み襲うっていうのよ、ケイティ!っていうシーンはきれーにわすれてました。
あれはありか?
そしてハベル、あなた、恋人いるのに元の彼女の部屋行ったりしてたのね。
ふーん。伏線忘れているとはなにごとでしょう、わたしw

それにしてもRedfordの美しいこと。
海軍の軍服はそれこそしっかり覚えていたけれど、カーキ色の制服もきてたのね。
わたしが好きなのはこの映像。
これはストーリーの中のどこ?って思っていたけれどやっとつなげることができました。
画像


シドニー・ポラックは役者でもあるのですが、わたしは彼は監督としてのほうがすきなんです。
以前インタビューで
この役はRobert Redfordしかいなかったのに、彼は演じることを嫌がった
なぜなら、この役はピンナップガールの男性バージョンだからだとRedfordが言っていた。
とかいうのを覚えていたので、端々に見える演技のがんばりがなるほどと思ったり。

そして以前は気がつかなかったのか、知らなかったのか、ジェームズ・ウッズが出てたのね。
知らんかったw

ケイティのマニキュアがハベルの髪を掻き揚げるシーン。
これは記憶どおりでうれしかった。

この時代の政治の動きを知らないと?な映画になりそうですが
Redfordの美しさは見て損ないんじゃないかしら?と思うのでした。
この年彼はStingも撮影しています。
一番きれいな時期ですね。

そういえば高校時代、これで彼に胸毛があるときがついてショックだったんですよ、わたし。
わかかったなぁw

"追憶@TOHOシネマズ宇都宮" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント