ベン・イズ・バック@ユナイテッドシネマ新潟

190705-2_映画★ベン・イズ・バック.jpg
これ今日から始まったのに、来週になると1日の上映回数が2回になってると判明。
見ないとみれなくなるね、で本日2本目の鑑賞。

ベン・イズ・バック(2018)
BEN IS BACK
製作国アメリカ
【クレジット】
監督︓ ピーター・ヘッジズ
製作︓ ニーナ・ジェイコブソン
ブラッド・シンプソン
テディ・シュウォーツマン
ピーター・ヘッジズ
製作総指揮︓ ダニエル・スタインマン
マイカ・グリーン
ダン・フリードキン
ベン・スティルマン
マイケル・ハイムラー
ジェーン・エヴァンズ
ミッキー・リデル
ピート・シレイモン
脚本︓ ピーター・ヘッジズ
撮影︓ スチュアート・ドライバーグ
プロダクションデザイン︓フォード・ホイーラー
⾐装デザイン︓メリッサ・トス
編集︓ イアン・ブルーム
⾳楽︓ ディコン・ハインクリフェ
⾳楽監修︓ スーザン・ジェイコブス

出演︓ジュリア・ロバーツ(ホリー・バーンズ)
ルーカス・ヘッジズ(ベン・バーンズ)
コートニー・B・ヴァンス(ニール)
キャスリン・ニュートン(アイヴィー・バーンズ)

【解説】 エイプリルの七⾯⿃」のピーター・ヘッジズ監督が施設を抜け出し、家に戻ってきた薬物依存の息⼦と、周囲の懸念を押し切り、更生を信じて彼を迎え⼊れた⺟親の愛と絆を、緊迫感あふれるサスペンスフルな展開で描いたヒューマン・ドラマ。
主演はジュリア・ロバーツと監督の息⼦でもある「マンチェスター・バイ・ザ・シー」「ある少年の告⽩」のルーカス・ヘッジズ。共演にコートニー・B・ヴァンス、キャスリン・ニュートン。
 クリスマス・イヴの朝。19歳のベン・バーンズが薬物依存症の治療のために⼊所していた施設を抜け出し、実家に戻ってきた。⺟親のホリーは笑顔で迎え⼊れる⼀⽅、妹のアイヴィーは不信感をぬぐえず、継⽗のニールも何か問題を起こす危険があると、ベンを施設に送り返すべきだと主張する。それでもホリーがずっと監視することを条件に、ベンは⼀⽇だけ家族と過ごせることに。しかし、そんなベンの帰還をかぎつけた昔の薬物仲間たちは、決して彼を放っておいてはくれず…。<allcinemaデーターベースより>

ベン役の男の子、どっかでみたことあるなーと思っていたら「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のパトリックでした。そっか監督の息子さんなのね。
ジュリア・ロバーツもいい演技ですが、このルーカス・ヘッジスがいい演技してました。
何をどうしたら鎮痛剤が麻薬に変わっていくのか、わたしは知識がないのですが、入り口が鎮痛剤ならば、中毒になってしまう人間はとても多いのではないの?と思うの。
いきなり麻薬に手を出す、というのは結構度胸がいるけれど、けがや病気でもらう鎮痛剤が中毒になっていくならば誰にでもあり得る話になってしまう。
そういう経緯ならば、このベンの誠実さと現状と葛藤がとても素直につながった。
ラストシーンは圧巻。
見てよかった映画となりました。

"ベン・イズ・バック@ユナイテッドシネマ新潟" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント