メン・イン・ブラック:インターナショナル@ユナイテッドシネマ新潟

190705-1_★映画:メン・イン・ブラック・インターナショナル.jpg
他のみたい映画の時間を見ていたら、これが見やすい上映時間だったのでチョイス。
MIBは基本見ておきたい映画の1つです。

メン・イン・ブラック︓インターナショナル(2019)
MEN IN BLACK INTERNATIONAL
製作国アメリカ
【クレジット】
監督︓ F・ゲイリー・グレイ
製作︓ ウォルター・F・パークス
ローリー・マクドナルド
製作総指揮︓ スティーヴン・スピルバーグ
エドワード・チェン
ハワード・チェン
E・ベネット・ウォルシュ
リヨコ・タナカ
デヴィッド・ボーベール
バリー・ソネンフェルド
原作︓ ローウェル・カニンガム
脚本︓ アート・マーカム
マット・ハロウェイ
撮影︓ スチュアート・ドライバーグ
視覚効果監修︓ジェローム・チェン
プロダクションデザイン︓チャールズ・ウッド
衣装デザイン︓ペニー・ローズ
編集︓ クリスチャン・ワグナー
ゼン・ベイカー
⾳楽︓ ダニー・エルフマン
クリス・ベーコン

出演︓ クリス・ヘムズワース(エージェントH)
テッサ・トンプソン(エージェントM)
エマ・トンプソン(エージェントO)
リーアム・ニーソン(ハイT)
レベッカ・ファーガソン(リザ)
レイフ・スポール(エージェントC)
ロラン・ブルジョワ
ラリー・ブルジョワ
声の出演︓クメイル・ナンジアニ

【解説】 ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズが地球に生息するエイリアンの監視と取締りに当たる最⾼機密機関“メン・イン・ブラック(MIB)”の敏腕エージェントを演じて大ヒットしたSFアクション・シリーズのスピンオフとして、MIBのロンドン⽀部を舞台に贈るシリーズ第4弾。主演は新たに「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワースと「クリード チャンプを継ぐ男」のテッサ・トンプソン。共演にリーアム・ニーソンと前作「メン・イン・ブラック3」に続いての登場となるエマ・トンプソン。監督は「ストレイト・アウタ・コンプトン」「ワイルド・スピード ICE BREAK」のF・ゲイリー・グレイ。
 ニューヨークに本部を置く最⾼機密機関“メン・イン・ブラック(MIB)”の女性エリート新⼈、エージェントMは、ニューヨーク本部を率いるエージェントOに命じられ、危機に直⾯していたロンドン⽀部に派遣される。彼女はそこで、イケメンでチャラ男ながら、ロンドン⽀部でエースを張るエージェントHとコンビを組むことに。そんな2⼈はやがて、MIB内部に潜伏するスパイの陰謀に巻き込まれ、次第に追い詰められていくのだったが…。<allcinemaデーターベースより>

MIBもどこまで見たんだっけ?となる映画だったりするのです。
最初の2作はちゃんと見たけど3ってみたっけ?
この手の映画は独立で見ても大丈夫だから安心です。
それにしてもここのところリアム・ニーソンを続けてみてる。役者さんて平行して作品とったりするのかしら?がーっと働いてゆっくり休む、というペースの人だと公開時期が近い作品がふえるのかもね。

アメリカではなく舞台がイギリスだからか?ちょっとおとなしめのMIBでした。
もうテッサ・トンプソンがかわいいだけで全部許す!好みの顔の女優さんでした。
エマ・トンプソンも貫禄出てきたよね。いい役者が脇を固めるコメディはいい映画になるなと改めて思うのでした。
エージェントHのチャラさがちょっと古くさくて笑える。
自分で自分をかっこいいと思うとおかしな事になりがちよね。
大笑い、ではなく、クスクス笑いの多いMIBでした。

海外ドラマ:メンタリストシーズン6@U-NEXT


終わり方が毎回続きを見たくさせる作り方というのはいいと思うの。
次もあるのねーって思えるのは幸せ。
しかも今回はハッピーな続きが見れる!とわかる終わり方でした。
はらはらしたけど、ハッピーエンドならばすべてよしw

メンタリスト (シーズン6) (2013〜2014)
THE MENTALIST
製作国アメリカ
【クレジット】
監督︓ クリス・ロング
ロバート・ダンカン・マクニール
ランディ・ジスク
エリック・ラニューヴィル
ターニャ・マキアナン
ジョン・F・ショウォルター
エロディ・キーン
サイモン・ベイカー
ガイ・ファーランド
ジェームズ・ヘイマン
ギアリー・マクロード
J・ミラー・トービン
シルヴァン・ホワイト
トム・スナイダー
製作︓ サイモン・ベイカー
企画︓ ブルーノ・ヘラー
製作総指揮︓ブルーノ・ヘラー
クリス・ロング
ダニエル・セローン
ヨーガン・マホニー
トム・センジョルジ
脚本︓ ブルーノ・ヘラー
トム・センジョルジ
ダニエル・セローン
レベッカ・ペリー・カッター
ヨーガン・マホニー
ケン・ウッドラフ
ジョーダン・ハーパー
マイケル・ワイス
エリカ・グリーン・スワフォード
デヴィッド・アッペルバウム
ジェフリー・ハッチャー

出演︓ サイモン・ベイカー(パトリック・ジェーン)
ロビン・タニー(テレサ・リズボン)
ティム・カン(キンブル・チョウ)
オウェイン・イオマン(ウェイン・リグスビー)
アマンダ・リゲッティ(グレース・ヴァンペルト)
ロックモンド・ダンバー(デニス・アボット)
エミリー・スワロー(キム・フィッシャー)
ゲスト出演︓ジョシー・デイヴィス
ジャック・プロトニック(ブレット・パートリッジ)
ローレン・スタミール
アンディ・カーニック
トレント・フォード
ミッチ・ライアン
グーリー・ワインバーグ
マイケル・ガストン(ゲイル・バートラム)
ヒューゴ・アームストロング
マーカス・ディアンダ
ザンダー・バークレイ(トーマス・マカリスター)
リード・ダイアモンド(レイ・ハフナー)
イヴァル・ブロガー
ポーラ・マーシャル
ドリュー・パウエル(リード・スミス)
ジェームズ・アーバニアク
ジェシカ・ブランク
パンチョ・デミングス
デヴィッド・H・ローレンス⼗七世
ヴィク・サハイ
ホセ・パブロ・カンティージョ
マーカス・コロマ
クリスティーン・ダンフォード
エリカ・ピッチニーニ
ウェス・ラムジー
ケイシー・ビッグス
ジョナサン・カステラノス
レクシー・ローソン
デヴィッド・ユリー
アディー・ダッディオ
ゲイリー・クラウス
アマンダ・マクドナルド
ミゲル・ナヘラ
J・レネ・ペナ
ウィリアム・メイポーザー(リチャード・ハイバック)
スローン・ロビンソン
ケヴィン・コリガン(ボブ・カークランド)
アーンジャニュー・エリス(マデリン・ハイタワー)
ティム・シターツ
レイ・アブルッツォ
ブライアン・レックナー
ジョー・ニーヴス
ロバート・ピカード(ジェイソン・クーパー)
ベス・リースグラフ
デヴィッド・スターズィック
カーク・ジップフェル
ジェフ・グリッグス
マルコム・マクダウェル(ブレット・スタイルズ)
ボビー・ホセア
アーサー・ダルビニャン
ピーター・ダグラス
ジョン・ブレガー
カマラ・ロペス
フアン・ガブリエル・パレハ
ジョン・ジョン・ブリオネス
ヘクター・エリアス
ペドロ・ロペス
ゴヤ・ロブレス
ジョー・アドラー(ジェイソン・ワイリー)
フランソワ・チャウ
シェーン・エデルマン
アジタ・ガニザーダ
アレハンドロ・カルデナス
ビリー・マローン
マーク・アデアー=リオス
ブリアーナ・ブラウン
スターリング・K・ブラウン
ギャレス・ウィリアムズ
デヴォン・ガマーソール
マイケル・マンテル
ナヴィド・ネガーバン
デヴィッド・ノローナ(オズヴァルド・アルディレス)
トラヴィス・シュルツ
エリン・ウェイ
マーク・ソウル
パット・スキッパー
ブライアン・パトリック・ウェイド
ウェイン・バストラップ
ケヴィン・ダニエルズ
ベニート・マルティネス
テイラー・ニコルズ
シンディ・ピケット
カール・マキネン
カレン・マリーナ・ホワイト
プルイット・テイラー・ヴィンス(J・J・ラローシュ)
キャスリーン・M・ダーシー
コルビー・フレンチ
ゲイリー・グラッブス
ジャドソン・ミルズ
トッド・ウィリアムズ
ブレンダン・パトリック・コナー
ミレーナ・ゴヴィッチ
ショーン・オブライアン
ペニー・ペイサー
シャノン・スタージェス
ポール・シュルツ(ジョン・ハットン)
ジェームズ・ラスキ
リサ・ダー
ショーン・マッゴーワン
チャールズ・メジャー
ペドロ・パスカル(マーカス・パイク)
サマンサ・スミス
アンジェリーク・カブラル
ジョン・デ・ランシー
リチャード・ファンシー
ジャド・タイラー
リン・アリシア・ヘンダーソン
オスカー・トーレ
ピート・コルバーン
ジョン・エイブラハムズ
マーク・ハレリック
ソニー・マリネリ
ジェームズ・パトリック・スチュワート
エリザベス・チョムコ
カムリン・グライムズ
ジェームズ・ライアン
エレン・ロー
ナタリー・パディーヤ
ハリー・ディロン
スレイカ・シルバー(ダニエラ)
ニック・フォン・エスマーチ
タイタス・ウェリヴァー(マイケル・リドリー)
ヤン・フェルドマン
ジョン・ヘンズリー(アンソニー・トレメル)
キャロル・キーナン
トニー・アメンドーラ
マール・ダンドリッジ
ブリアンヌ・デイヴィス
ジョナサン・ラパリア
ブー・アーノルド
ミシェル・ガードナー
アリソン・マーティン
ロバート・ジョイ
ポール・シャックマン
マグダ・アパノヴィッチ
ルイス・フェルナンデス=ヒル
デヴィッド・L・キング
アイジー・カークランド
ジェイソン・ブルックス
ジョージ・フィン
ヴィクトリア・スマーフィット
ヴィンセント・スパーノ
ニコール・キャノン
ブルー・デッカート
ウィリアム・ダフィ
ヘイリー・ハドソン
ディワンダ・ワイズ
ジョサイア・ブラント

ネタバレあります♪
必要ないならばここでおしまいにしてくださいな。


レッド・ジョンが殺されてからはつまらなくなっちゃうのかしらと思っていたのは杞憂でした。
逆にジェーンの執着がなくなった分、FBIの仕事が性に合ってるように見えるのでした。
終盤、リズボン大丈夫か?それで?って思って見てたけれど、だよね。
やっぱりラストはジェーンを選ぶのよね。
アボットが結構いい人で、恋愛モードを見破れるというキャラは、愛妻家だからなのか、捜査官としての観察眼なのか。
キンブルがそれを想像すると脳が爆発する!っていうのが面白い。

ラストシーン、ジェーンが片足立ちのキスシーン
構図が美しすぎてキャーキャーものでした。

2019年6月に読んだ作品

ジョー・ピケット熱が冷めません。今月3冊読んじゃったのであと2冊しか残ってない。
全部読んだら1巻にもどるなぁ、きっと。

復讐のトレイル (講談社文庫)
シー.ジェイ・ボックス 本 2014年8月12日 Amazon.co.jp
読了日: 2019-06-01
天国の港 (海外文庫)
リサ・マリー・ライス 本 2017年8月2日 Amazon.co.jp
読了日: 2019-06-02
ゼロ以下の死 (講談社文庫)
シー.ジェイ・ボックス 本 2015年11月13日 Amazon.co.jp
読了日: 2019-06-05
知らず知らずのうちに (ヴィレッジブックス)
スーザン・ブロックマン 本 2007年4月1日 Amazon.co.jp
読了日: 2019-06-13
狼の領域 (講談社文庫)
シー.ジェイ・ボックス 本 2016年10月14日 Amazon.co.jp
読了日: 2019-06-20
七年目のアイラブユー (MIRA文庫)
シャロン・サラ 本 2017年11月10日 Amazon.co.jp
読了日: 2019-06-22
きのう何食べた?(15) (モーニングコミックス)
よしながふみ 電子書籍 2019年3月22日 Amazon.co.jp
読了日: 2019-06-24
中国・韓国との新・歴史戦に勝つ!
ケント・ギルバート 本 2015年11月20日 Amazon.co.jp
読了日: 2019-06-25
八雲さんは餌づけがしたい。 7巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)
里見U 電子書籍 2019年3月25日 Amazon.co.jp
読了日: 2019-06-30
舞妓さんちのまかないさん(9) (少年サンデーコミックス)
小山愛子 電子書籍 2019年3月12日 Amazon.co.jp
読了日: 2019-06-30
風のマジム
原田マハ 本 2010年12月10日 Amazon.co.jp
読了日: 2019-06-30

外食ランチ@小嶋屋


http://www.kojimaya.co.jp/kojimaya/tenpo_kojimaya-kameda.html
レディース膳1280円+ホットコーヒー200円
YさんとMさん

昨日のわたしの事の説明に費やしちゃった感じのランチになってしまってごめんなさい、です。
でも話を聞いて貰ってかなり自分の中で整理ができました。
結構色々いらっとしてそれを我慢していたんだなぁと思う。
やり方は悪かったけれど、不愉快だったのは事実だったわけで、そこでごめんなさいをするのはよそうと思えたランチになりました。

新潟のおそばは布海苔でつないであるので舌触りがつるんとしていると思うの。
新潟のおそばを食べて貰えてよかったです。

ネッシン@新潟

新潟にYさんが来て頂いての施術6000円

今回はわたしのコンディションが悪くて一波乱起こしちゃいました。
我慢できず、っていうのが正解か?
波乱起こしてわかったんだけれど、わたし以外の4人がパニック症候群もっているということ。
確率めちゃくちゃ高くないか?
それもこれからは頭に入れて発言します。

なにはともあれ施術の後はおなかが減るのでした。

アベンジャーズ/エンドゲーム@ユナイテッドシネマ新潟

190623-2_★映画:アベンジャーズ・エンドゲーム.jpg
金曜日の映画はこれが見たくて調べた副産物的な映画でした。
メインはこっち。
この映画、予告時には見れたらいいなーと思っていた程度なんですが、なにかでひっかかって、あれ?Robert Redfordでてるじゃん!となり、絶対見ます!の映画に変わったのでした。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019)
AVENGERS: ENDGAME
製作国アメリカ
【クレジット】
監督︓ アンソニー・ルッソ
ジョー・ルッソ
製作︓ ケヴィン・ファイギ
製作総指揮︓ルイス・デスポジート
ヴィクトリア・アロンソ
マイケル・グリロ
トリン・トラン
ジョン・ファヴロー
ジェームズ・ガン
スタン・リー
脚本︓ クリストファー・マルクス
スティーヴン・
マクフィーリー
撮影︓ トレント・オパロック
視覚効果監修︓ダン・デレウー
プロダクションデザイン︓チャールズ・ウッド
衣装デザイン︓ジュディアナ・マコフスキー
編集︓ ジェフリー・フォード
マシュー・シュミット
⾳楽︓ アラン・シルヴェストリ
⾳楽監修︓デイヴ・ジョーダン

出演︓ ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン)
クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)
マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)
クリス・ヘムズワース(ソー)
スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)
ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)
ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)
ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)
ブリー・ラーソン(キャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル)
カレン・ギラン(ネビュラ)
ダナイ・グリラ(オコエ)
ベネディクト・ウォン(ウォン)
ジョン・ファヴロー(ハッピー・ホーガン)
グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)
ジョシュ・ブローリン(サノス)
チャドウィック・ボーズマン(ティ・チャラ/ブラックパンサー)
トム・ホランド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)
ベネディクト・カンバーバッチ(スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ)
アンソニー・マッキー(サム・ウィルソン/ファルコン)
セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ)
トム・ヒドルストン(ロキ)
ゾーイ・サルダナ(ガモーラ)
エリザベス・オルセン(ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ)
テッサ・トンプソン(ヴァルキリー)
エヴァンジェリン・リリー(ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ)
クリス・プラット(ピーター・クイル/スター・ロード)
レネ・ルッソ(フリッガ)
ティルダ・スウィントン(エンシェント・ワン)
ジョン・スラッテリー(ハワード・スターク)
ヘイリー・アトウェル(ペギー・カーター)
ポム・クレメンティエフ(マンティス)
デイヴ・バウティスタ(ドラックス)
アンジェラ・バセット(ラモンダ)
レティーシャ・ライト(シュリ)
マイケル・ダグラス(ハンク・ピム)
リンダ・カーデリーニ(ローラ・バートン)
マキシミリアーノ・ヘルナンデス(ジャスパー・シットウェル)
フランク・グリロ(ブロック・ラムロウ)
ロバート・レッドフォード(アレクサンダー・ピアース)
ウィンストン・デューク(エムバク)
トム・ヴォーン=ローラー(エボニー・マウ)
真田広之(アキヒコ)
ジェームズ・ダーシー(エドウィン・ジャーヴィス)
ジェイコブ・バタロン(ネッド)
ロス・マーカンド(レッドスカル)
カラン・マルヴェイ(ジャック・ロリンズ)
イヴェット・ニコール・ブラウン
レクシー・レーブ(モーガン・スターク)
コビー・スマルダーズ(マリア・ヒル)
マリサ・トメイ(メイおばさん)
ミシェル・ファイファー(ジャネット・ヴァン・ダイン)
ウィリアム・ハート(ロス)
サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)
エマ・ファーマン(キャシー・ラング)
マイケル・ジェームズ・ショウ
タイ・シンプキンス(ハーレー・キーナー)
ケン・チョン
ジョー・ルッソ
スタン・リー
声の出演︓ブラッドリー・クーパー(ロケット)
ヴィン・ディーゼル(グルート)
タイカ・ワイティティ(コーグ)
ケリー・コンドン(F.R.I.D.A.Y.(フライデー))

【解説】
 アイアンマンやキャプテン・アメリカをはじめとするマーベル・コミックが誇るスーパー・ヒーローたちによって結成された“アベンジャーズ”の活躍を描く空前のメガヒット・アクション超⼤作の第4弾にして完結編。6つのインフィニティ・ストーン全てを⼿に⼊れた最強最悪の敵サノスによってアベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命の半分が消し去られてしまう中、生き残ったヒーローたちによる命を懸けた史上最⼤の逆転への戦いを壮⼤なスケールで描き出す。出演はロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、ジョシュ・ブローリンらの続投組に加え、新たにキャプテン・マーベル役のブリー・ラーソンが初参戦。監
督は引き続きアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ。<allcinemaデーターベースより>

レッドフォードは引退宣言してるんだよね?主役はやらないってこと?お姿を拝めるならなんでもありなのでいいんだけど、ちょっとびっくり。
びっくりはもっとあって、この映画でマイケル・ダグラスやらウイリアム・ハートを拝めるとは思いませんでしたよ。あとミシェル・ファイファー。豪華だよねぇ、出演陣。
映画自体アベンジャースは見てないけれど大丈夫に作ってくれているのもすごい。
スパイダーマン大丈夫か?
キャプテン・アメリカは見た方がいいかもしれないなぁと思いつつ鑑賞。
アメコミはCGなんかの特撮がないとつまんないからハリウッド映画にするのはもってつけですものね。
3000回愛してる、は名言。アイアンマンもいいパパでした。どこのパパも娘には弱いのね。

外食ランチ:@スズ8


〒950-0863新潟市東区卸新町3-16-31
http://www.katayama-eight.com/suzu8

今期は英会話はとらなかったのですが、英語で仲良くなったお姉さん2人とランチに行ってきました。
ナチュレ片山さんの2階にあるスズ8
ナチュレ片山すらしらなかったという。。。。

ランチは混むでしょう、という想定のもと11時半にお店に行ったのが大正解でした。
ランチはお料理の数を決めてプレートで出してもらうものなので、選ぶにも時間がかかるのね。
私たちが行った時間はスムーズだったのですが、12時過ぎたら行列になってました。
Tさん判断good-jobです。

マンガリッツァ豚があるとネットで見ていたのでこれはどうしても食べたいと思っていたのです。
なまえは聞くけどまだ食べたことないよね@自分。
わたしはこのお肉が入ったものに決定。プラスお総菜が2品と玄米ご飯と味噌汁で1300円。
わたしは豆乳の茶碗蒸しとラタトゥイユにしてみました。
デザートとコーヒーを付けたのでプラス400円。
デザートはミカンのゼリー。
普段食べているランチよりは高いけど、出せない値段じゃないし、玄米ご飯も食べられるので時にはいいかもしれません。
ただおしゃべりをゆっくりする感じではないからそこは覚えておきましょう。

マンガリッツァ豚はイベリコ豚に比べて牛肉っぽいと言うのがよくわかりました。
油が豚にしてはかなり濃厚。
あっさり塩こしょうでベイクされていた意味がわかりました。
豆乳の茶碗蒸し、詰めたい茶碗蒸しでしたが、あっさりしてておいしかった。
これはどこかでレシピ探しておうちご飯の時に作りましょう。

ナチュレ片山さんは家具屋さんパートもあり、ここがとても楽しかったのですよ。
250万円のソファーとか、180万円の一人がけのソファーなんかもあり、その後でおしゃれな薪ストーブの32万円に安いじゃん!という私たちw
錯覚って恐ろしい。
ベッドもソファーもすてき、ほしいなぁと思うものたくさん。
やっぱり高いものの方がすてきと思うのは若いときから変わらないわたしのチョイス。
いいのを見ると、自分のお財布で買えるものに食指が動かなくなるのよね。
腕時計しかり、宝飾類しかり。
ソファーや家具もそうなのよね、と久しぶりに思う。
とてもいい皮で作っていただくコート約7万円はとーっても惹かれるものがありました。
だってね、色が選べるんですもの。
1年がかりでお金貯めてみるのもいいかもしれません。

1回のスーパーも楽しくて!
今日は見るだけ、って決めたので出てこれましたが、ここは本気でお買い物に来てみましょう、というスーパーでした。
お酒の種類も、冷凍食品の種類も多い。
新潟県のものだけではなく、いろんなところのいろんな食材が山盛りで、楽しかったです。
ここはカルディなみにまずくて楽しい場所でした。

tさんもYさんも新潟の人ではないので、おのおのの出身地の話を聞いたり、英語をどう習っているかを聞いたり、あっという間の3時間でした。
また近いうちに遊んでもらえるといいな。
奇しくも2人の生年月日がわかったので素質論方面から見てみようと思います。

新潟浅草観音堂


5月の頭に行ったきりになっていて行かなきゃ行かなきゃときになっていたので、母を頼んで行ってきました。ほら、本気で読経するとお線香を継ぎ足してくれる人が必要になるからね。
5月の頭からもう7週間とかあいてるからあわてて行ってきました。

初めて管理人のSさんと母を引き合わせました。
母はここ4回目なのですが、やっとあえた感じですね。
Sさんは観音様に私が来るようにとお願いしてくださっていたそうでありがたい限りです。
わたしがここで読経するのはいかがなものかとおっしゃられた人とかち合ったことがあったので、もう来なくなるんではないかと心配してくださったそうなんです。
わたしごときの読経がどう観音様に届いているのかはわかりませんが、あげられるときには通いたいなと思うので、来なくなるという心配は無用ですよとはお伝えしたのですが。。。。
得度もしてないので申し訳ないです。

ただやっぱり右側がざわつくのですよ。
左側の安寿様は落ち着いてくださったんですけどね。
どうざわつくのと読経後みてみれば、ちっちゃな観音様とお釈迦様が増えてる!
これ拝まれてる???
こちらの小さな仏像もちゃんとあげてあげようと思います。

次から御詠歌いらないかなぁ?安寿様。
次は7月早いうちに伺うように頑張ります。

スノー・ロワイヤル@ユナイテッドシネマ新潟

190621-2_★映画:スノー・ロワイヤル.jpg

明日はお休みなので2本見てもいいかなぁ、で調べたらこれ。
予告の時からみてもいいかなと思っていた作品がちょうどいい時間でした。
そういえば、リーアム・ニーソンは久しぶりかもしれません。

スノー・ロワイヤル(2019)
COLD PURSUIT
製作国アメリカ
【クレジット】
監督︓ ハンス・ペテル・モランド
製作︓ マイケル・シャンバーグ
アミート・シュクラ
スタイン・クワエ
フィン・イェンドルム
製作総指揮︓ポール・シュワルツマン
マイケル・ドライヤー
ロン・ハルパーン
ディディエ・ルプファー
シェイナ・エディ=グルーフ
脚本︓ フランク・ボールドウィン
オリジナル脚本︓キム・フップス・オーカソン
撮影︓ フィリップ・ウーゴート
プロダクションデザイン︓ヨルゲン・スタンゲビー・ラーセン
衣装デザイン︓アン・ペーダーセン
編集︓ ニコライ・モンベウ
⾳楽︓ ジョージ・フェントン

出演︓リーアム・ニーソン(ネルズ・コックスマン)
ローラ・ダーン(グレイス・コックスマン)
トム・ベイトマン(バイキング)
トム・ジャクソン(ホワイトブル)
エミー・ロッサム(キム・ダッシュ)
ドメニク・ランバルドッツィ(マスタング)
ジュリア・ジョーンズ(アヤ)
ジョン・ドーマン
ウィリアム・フォーサイス

【解説】
 殺された息⼦の復讐に⽴ち上がった男の⼤暴⾛が評判を呼び、世界的に話題となった2014年のノルウェー映画「ファイティング・ダディ 怒りの除雪⾞」を、監督のハンス・ペテル・モランド⾃らハリウッドで英語リメイクしたバイオレンス・アクション。息⼦を殺された真⾯⽬な除雪作業員が、ギャングを相⼿に繰り広げる壮絶な復讐劇を、ブラックなユーモアを織り交ぜつつ過激に描き出す。主演は「96時間」「トレイン・ミッション」のリーアム・ニーソン。共演にトム・ベイトマン、エミー・ロッサム、ローラ・ダーン。
 雪深いコロラド州キーホー。⼈々のために黙々と除雪作業に励む真⾯⽬な男ネルズ・コックスマン。その働きが認められ模範市⺠賞を受賞するが、そんな彼のもとに息⼦が薬物の過剰摂取で亡くなったとの知らせが届く。しかし、その死に疑問を抱いた彼は独⾃に捜査を進め、地元の⿇薬王バイキング率いるギャング組織が関わっていることを突き⽌めると、すぐさま復讐へと乗り出す。やがてその復讐は、バイキングと敵対するホワイトブル率いるネイティブ・アメリカンの組織や警察をも巻き込んだ⼤混乱へと発展していくのだったが…。<allcinemaデーターベースより>

これコメディにジャンル分けしていいのか?
はじめっからどこはかとなく、おかしい。
くすくす笑うおかしいではなく、そこはかとなく、という表現があてはまるのかも。
名前も変だよ、こんな名前あるの?
ネルズの妻への甘え方がそこはかとなくおかしいのかと思っていたのですが、違うのよね。
除雪車使うあたりが、もうすでにコメディですけどね。
ここ笑うの?っていうぎりぎりがたくさんありすぎです。
バイキングが息子君に賭ける愛情はそれこそギャグですけど。
バイキングの息子君がいい演技。名前見つけられないけれど、役者続けてくれるといいな。
死体があれで見つからないってすごすぎる。
力持ちでなければ主役は勤まらなかったか?そんな映画。

ビリーブ 未来への大逆転@ユナイテッドシネマ新潟

190621-1_★映画:ビリーブ未来への大逆転.jpg
しばらく映画館から足が遠のいていたのですが、見たい映画のチェックをしたらこれも見たいなぁと思ったわけです。金曜日に見れるならリーズナブルでいいもんね。

ビリーブ 未来への⼤逆転(2018)
ON THE BASIS OF SEX
製作国アメリカ

【クレジット】
監督︓ ミミ・レダー
製作︓ ロバート・コート
ジョナサン・キング
製作総指揮︓ジェフ・スコール
ダニエル・スティープルマン
ベッツィー・ダンバリー
カレン・ループ
脚本︓ ダニエル・スティープルマン
撮影︓ マイケル・グレイディ
プロダクションデザイン︓ネルソン・コーツ
衣装デザイン︓アイシス・マッセンデン
編集︓ ミシェル・テゾーロ
⾳楽︓ マイケル・ダナ
⾳楽監修︓ リンダ・コーエン

出演︓フェリシティ・ジョーンズ(ルース・ベイダー・ギンズバーグ)
アーミー・ハマー(マーティン・ギンズバーグ)
ジャスティン・セロー(メル・ウルフ)
ジャック・レイナー
ケイリー・スピーニー
サム・ウォーターストン(アーウィン・グリスウォルド)
キャシー・ベイツ(ドロシー・ケニオン)
ルース・ベイダー・ギンズバーグ
(クレジットなし)

【解説】 “RBG”の愛称で親しまれ、アメリカ中から尊敬を集める合衆国最⾼裁判所女性判事ルース・ベイダー・ギンズバーグの若き⽇の物語を描いた伝記ドラマ。女性に対する有形無形の差別がまかり通っていた1970年代のアメリカを舞台に、男女平等を実現するために、誰もが勝ち⽬がないと考えた裁判に
挑んだヒロインの不屈の闘いを、彼女を支えた夫との絆とともに描き出す。
主演は「博⼠と彼女のセオリー」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のフェリシティ・ジョーンズ。共演にアーミー・ハマー、ジャスティン・セロー、キャシー・ベイツ。監督は「ディープ・インパクト」「ペイ・フォワード 可能の王国」のミミ・レダー。
 貧しいユダヤ⼈家庭に生まれたルース・ギンズバーグ。名⾨ハーバード大学法科大学院に⼊学した彼女だったが、同じ大学に通う夫マーティンがガンを患い、学業に加え夫の看病に幼い娘の育児にと多忙な⽇々を送る。2年後、全快したマーティンがニューヨークの法律事務所で働き始めたため、ル
ースはコロンビア大学に編⼊する。やがて⾸席で卒業するルースだったが、女性というだけでどの法律事務所も彼女を採用しようとはせず、やむなく大学教授として働き始める。それでも弁護⼠への夢を諦めないルースは、マーティンからある訴訟記録を⾒せられると、世の中を変える裁判になると確
信、⾃ら弁護を買って出るのだったが…。<allcinemaデーターベースより>

フェリシティ・ジョーンズってこんなにちっちゃかったっけ?と思うのはアーミー・ハマーがでかいのか?
伝記的な作品だからルース・キングスバーグに似てるんでしょうけど、残念ながらご本人を知らないので、彼女が小さい人だったの?とか思う。
女性が賢いというのはやっぱり色々難しいのね。
女性の闘いは想定内として、マーティンがいい夫だったのだと思うの。
同じ分野で弁護士で、かつ、妻を認める、ってこの時代に貴重な男性だと思うから、もうちょっと彼サイドの視点もほしかったかもしれない。
ご本人も出ていたようですが、全く気がつきませんでした。
年配の女性よね?
キャシー・ベイツが貫禄ありすぎて、ほかの女性を覚えていない。
いつか再度みることがあったら探してみよう。

メンタリスト シーズン5 @U-NEXT

190620_★海外ドラマ:メンタリストシーズン5.jpg
だんだんカルトになるのかしらね?
トリックがあるといいながらたぶんジェーンもそれがわかってないという段階でシリーズ終了。
テレサはジェーンのことどうなん?と初めて思ったシリーズ。
グレースとリグズビーは元さや?ベンジャミンはどうなった???
サマーはもうでてこないんだよなぁ、かなり残念。
次のシーズン続けてみましょう。

メンタリスト (シーズン5) (2012〜2013)
THE MENTALIST
製作国アメリカ

監督︓ ランディ・ジスク
クリス・ロング
アントン・クロッパー
ジョン・F・ショウォルター
サイモン・ベイカー
エロディ・キーン
ガイ・ファーランド
エリック・ラニューヴィル
アリソン・アンダース
ギアリー・マクロード
ロバート・ダンカン・マクニール
デヴィッド・M・バレット
デヴィッド・ペイマー
製作︓ サイモン・ベイカー
企画︓ ブルーノ・ヘラー
製作総指揮︓ブルーノ・ヘラー
クリス・ロング
ダニエル・セローン
ヨーガン・マホニー
トム・センジョルジ
脚本︓ ブルーノ・ヘラー
ダニエル・セローン
ケン・ウッドラフ
ジョーダン・ハーパー
トム・センジョルジ
デヴィッド・アッペルバウム
ヨーガン・マホニー
エリカ・グリーン・スワフォード
マイケル・ワイス
レベッカ・ペリー・カッター
トニー・アストリノ

出演︓ サイモン・ベイカー(パトリック・ジェーン)
ロビン・タニー(テレサ・リズボン)
ティム・カン(キンブル・チョウ)
オウェイン・イオマン(ウェイン・リグスビー)
アマンダ・リゲッティ(グレース・ヴァンペルト)

ゲスト出演︓ポリー・ウォーカー(アレクサ・シュルツ)
アマンダ・デトマー
マイケル・ガストン(ゲイル・バートラム)
ジム・オヘア
ドリュー・パウエル(リード・スミス)
アイヴァン・セルゲイ
ジョン・カリー
ジョン・ルビンスタイン(マンチェスター)
ケリー・シューマン
エスター・スコット
ディナ・サイモン
エマニュエル・シュリーキー(ローレライ・マーティンズ)
ダヴ・キャメロン(シャーロット)
リー・ガーリントン
ヤニ・ゲルマン
シャーリーン・アモイア
アジェイ・メータ
ソルダード・セント・イレール
ドン・スターク
ケイティ・ウォルダー
ジョン・アッシャー
ジョアンナ・カントン
ジョシュ・クラーク
マイケル・ホールデン
アーロン・タカハシ
サンドラ・シグペン
ロリン・ヴォゾフ
ポール・シュルツ(ジョン・ハットン)
ジュディ・エヴァンス
マーク・プロベンチャー
ジャネッタ・アーネット
ブラッド・カーター
マイケル・アービー
マックス・マーティー
デイジー・イーガン
ピーター・マレック
プルイット・テイラー・ヴィンス(J・J・ラローシュ)
ウィリアム・フォーサイス(スティーヴン・リグスビー)
カーク・アセヴェド
ゲイリー・バサラバ
アマンダ・クレイトン
デヴィッド・クレノン
イアン・アンソニー・デイル
ケヴィン・コリガン(ボブ・カークランド
グレゴリー・イッツェン(ヴァージル・ミネリ)
ライアン・エイハーン
クリストファー・カーヴァー
ノーマ・マルドナード
J・R・カシア
ウェス・チャサム
アン・デュデック
ニール・ホプキンス
ブルック・ラングトン
マイケル・シェイマス・ワイルズ
レベッカ・ウィソッキー(ブレンダ・シェトリック)
スカイ・P・マーシャル
F・ウィリアム・パーカー
キムリー・スミス
ヘンリー・イアン・キュージック(トミー・ヴォルカー)
テッド・マッギンレー
アミール・アリソン
レイ・ベイリー
ジェレミー・グレイザー
マーセア・モンロー
ジェラルド・ダウニー
V・J・フォスター
ポール・ウィルソン
ジェニファー・ペオ
マルコム・マクダウェル(ブレット・スタイルズ)
ランディ・ヘラー
アラン・コルマン
ロン・パーキンス
ジジ・ライス
キンバリー・ウェストブルック
ジリアン・バック(サラ・ハリガン)
ロバート・カーティス・ブラウン
モニーク・ガブリエラ・カーネン
ブライス・クライド・ジェンキンス
センタ・モーゼス
ラリー・ポインデクスター
カイラ・プラット
アンソニー・ルイヴィヴァー
ダン・ゴーシャー
ヴィセラス・シャノン
ブランドン・クレイボン
サミーラ・アームストロング(サマー・エッジコーム)
ニコール・ビルダーバック
スーザン・ギブニー
ジェームズ・ジョーダン
ジャック・ローファー
デヴィッド・ノローナ(オズヴァルド・アルディレス)
ポール・デヴィッド・ストーリー
マイケル・ウォーリー
メアリー・リン・ライスカブ
エイミー・アキノ(デーヴィス)
デニス・ボウトシカリス
サム・ヘニングス
ケーテ・メイザー
ハル・オズサン
エイミー・ピエッツ
ケン・ラッキー
ジャン・ポール・サン・ペドロ
サル・ヴィスカソ
スティーヴン・バウアー
ニコール・ラリベルテ
ジェニファー・サマーフィールド
フランキー・ジェイ・アリソン
エムジェイ・アンソニー
マット・ベイカー
アダム・ツェフマン
リード・ダイアモンド(レイ・ハフナー)
ジェニカ・バージェレ
JD・カラム
クリス・マルケイ
ロバート・ピカード(ジェイソン・クーパー)
カイル・セコー
ジェイコブ・バルガス
ロクサーナ・ブルッソ
ジョージ・ガーデス
M・J・カルミ
グレゴリー・マーセル
ロブ・ベネディクト
デイキン・マシューズ
サマンサ・クァン
ケイシー・グラフ
ドリュー・ラウシュ
ロザリー・ウォード
ズレイカ・ロビンソン
ジェン・クーン
エリック・アヴァリ
エリザベス・ボーガッシュ
マイケル・グラディス
マリエット・ハートレイ
レックス・メドリン
ジャック・プロトニック(ブレット・パートリッジ)
ヴァネッサ・レイ
デヴィッド・フィグリオーリ
レイ・プロシア
マーロン・ヤング
プラニディ・ワシュネイ
ゲイリー・カルロス・セルヴァンテス
クリストファー・カズンズ
エマニュエル・ヴォージエ
トム・ライト
ジェームズ・マクドナルド
エリース・ロバートソン
ブラッド・ブレイズデル
クリスティナ・カルリーシ
ジム・ホームズ
ジェシー・ルケン
スティーヴン・マルティネス
マット・マクタイ
リリー・ニックセイ
エディ・マクリントック
エイプリル・ビリングスリー
ドナ・マーフィ
ジュリー・クレア
エリック・ジェンセン
デレク・レイ
マット・セルヴィット
ローズ・アブドゥー
アレクシス・カラ
マギー・イーガン
ガブリエル・マクリントン
ケヴィン・カフーン
ハリー・グローナー
アントニオ・ハラミーヨ
タマラ・メロ
ウェンディ・フィリップス
エイアル・ポデール
セリア・フィンケルスタイン
スティーヴン・マクト
サマンサ・エステバン
パトリック・フィスクラー
モリー・ヘイガン
クリス・マーズ
ジョン・オハーリー
ベス・ラウス
ブリアナ・バラン
エース・ギブソン
エイミー=リン・チャドウィック
マイク・ドイル
ミーガン・フェイ
メグ・フォスター
デニス・コックラム
リサ・ペシア
キース・ピロウ
タンジー・アンブローズ(サマンサ)
M・C・ゲイニー(ピート)
マイケル・ホーガン
アリス・アムター
ホーミー・ドルーディアン
マリサ・ガターマン
スコット・アンソニー・リート
ローラ・サン・ジャコモ
メアリー・ジョー・キャトレット
ブレット・ロバート・ピアソンズ


地震


記憶している大きな地震は2つ。
中越地震。新潟市にいて震度4。
東日本大震災。こちらも新潟市にいてこちらも震度4。
大きくは揺れたけれども、ライフラインに影響のなかった2回です。
両震災の後は余震の度になる緊急地震速報の音に悩まされた以外は実質的な被害はなしでした。

久しぶりに緊急地震速報が鳴った時は疲れ果てててお布団の中で本を読んでいたわけです。
そんなに大きくないでしょうと高をくくっていたら、ええ????ってくらい揺れだして、これはまずいから玄関開けたほうがいいか?と思って立ち上がろうとしたんですが、立てずoz
とりあえずガスも使ってないし、電気も付いたままだし、収まるまで待とうと思ったんですが、これがながい。横揺れが円を描いているように感じるし、うちはギシバキ鳴るし、外では何かが割れるような音がする。。。。
立ってられないくらいの地震は初でした。

収まってすぐネットで進度を確認したら震度6+
だよね?それくらいあったよね?って思ったんですが、1件電話を受けた後津波情報が見たくてネットにつないだら新潟市は震度4となってました。
嘘でしょう?過去2回の震度4より大きかったわよ。
震度計の位置にもよるんでしょうけれど、納得のいかない震度が公表値になってました。

あとは余震がないのを祈るばかりです。

小爪


若いころから、手の爪のわきに小爪ができることが多い。
逆さつめやささくれができるよりも高い頻度でできる。
下手すると1つの爪の両脇にできてしまう。
これはカットしても気になるので、自分の爪か、毛抜きで引き抜く。
かなり深いので、根元から抜けずに途中で切れちゃったりすると負けた感が半端ない。
なので毛抜きでわざわざ追いかけて抜く。
きれいに抜けると穴があいていてとっても気持ちがいいんだけれど、深い分出血につながる確率も高い。
出血すればまだいいけれど、小爪ができただけとか、半分で切れてしまったようなときは化膿して?爪のわきが痛む。
こういう時はつまようじなどで軟膏を小爪の上に塗る。
出血した時も同様に軟膏を塗りこむ。
それが治す近道。

小爪をぬくということは、単なる癖だと思っていたのですが、これって自傷行為らしい。
小爪ができる原因に何かの栄養不足があるならば知りたいなと思ってググっていたら自傷行為であると出てきたわけです。
あー、血が出るまで追いかけるのは確かに自傷か。
そしてそこまでしないと気持ち悪い、ということと、できると痛くても気持ちがいいということも自傷行為か、その代替え行為かと思うわけです。
小爪を抜いている時点でも痛みがあるし出血することも多い。
でもそれで抜きたいという欲求は正常じゃないのか。

育歴が悪い割には自傷行為だけはしてきてないと思っていたけど、現在進行形でしてたわ、わたし。

似た感じで、かさぶたをはがすのも自傷行為?
子供のころはかさぶたはがすのを我慢できなくて、無理やりはいで、また出血っていう行動を繰り返していたなぁと思い当たる。
さすがにはがせるほどのかさぶたがはるようなことはしなくなったけれど、きっとはがしたくなるよなぁと思う部分もある。
気が付かない自傷行為はひょっとしたらおおいのかもしれません@自分

医者にかからずに済むくらいの、自分だけで処理してしまえるくらいの自傷を繰り返してガス抜きしてたのかしらね@自分。
髪の毛を抜く、まゆげをぬく、等も自傷行為なのね。
無意識にいろいろやってそうだわね。
結局そんなワードにひっかかり、そこばっかり気にしてましたが、ビタミンとタンパク質がないと小爪になりやすいらしい。
タンパク質とビタミンなんて必須アイテムなのになぁ。
ほかには爪の切り方とか保湿がたりないとか書いてあったけれど、それもそうなの?って感じだし。
雑菌が入りやすいから化膿していたくなる。
うん、うん、小爪引っこ抜かなくても小爪ができた時点で痛いことたくさんあるよね。
軽い痛みでの自傷行為だったのか。

自傷行為だとわかっても、やっぱり小爪は抜きたい。
今まで自傷行為はしていないと信じていたので、ちょっとまた自分の内側さぐります。



ボーンコレクター@BSTV

190615-2_★映画:ボーンコレクター.jpg
かぶる時間でハリソン・フォードの映画もやってたんだけど、リンカーン・ライム・シリーズは好きなのでこちらをチョイス。
映画があるのは知っていたけれど、あれ?ライム、黒人の設定だっけ?
ありゃ?介護人はセルマだっけ?
本と映画は設定が変わることもあるからね。

ボーン・コレクター(1999)
THE BONE COLLECTOR
製作国アメリカ
【クレジット】
監督︓ フィリップ・ノイス
製作︓ マーティン・ブレグマン
ルイス・A・ストローラー
マイケル・ブレグマン
製作総指揮︓ダン・ジンクス
マイケル・クラウィッター
原作︓ ジェフリー・ディーヴァー
脚本︓ ジェレミー・アイアコン
撮影︓ ディーン・セムラー
編集︓ ウィリアム・ホイ
⾳楽︓ クレイグ・アームストロング

出演︓デンゼル・ワシントン(リンカーン・ライム)
アンジェリーナ・ジョリー(アメリア・ドナヒー)
クイーン・ラティファ(セルマ)
エド・オニール(ポーリー・セリット警部)
ルイス・ガスマン(エディ・オーティス)
マイク・マッグローン(ケニー・ソロモン警部)
リーランド・オーサー(リチャード・トンプソン)
マイケル・ルーカー(ハワード・チェイニー)
ジョン・ベンジャミン・ヒッキー
ゲイリー・スワンソン
ボビー・カナヴェイル
オリヴィア・バークランド
リチャード・ジーマン
【解説】事故によって全身⿇痺となってしまった元刑事・ライムは、市⺠をタクシーに乗せて連れ去り、残虐に殺害している犯罪者からの挑戦を受ける。ライムが捜査のパートナーに選んだのは、若き女性刑事アメリア。彼女の⾏動⼒とライムの頭脳で、⼆⼈は古書「ボーン・コレクター」をなぞって犯罪を繰り返す真犯⼈を追い詰める。ヒーローがベッドに寝たきりという、珍しい刑事アクション。A・ジョリーのブレイクのきっかけともなった⼀作だ。<allcinemaデーターベースより>

本ではライムの人種は明記されてないんだそうです。ふーん。
白人の男性だと思って読んでました。ま、表記がないならなんでもありか。
アメリアのほうが有色人種?て思ってたのになぁ。アンジェリーナ・ジョリーよりはもうちょっと繊細な感じの人を描いていたので、こちらも違う感じがあったの。
お話は知っているけど、そうなるかー、っていう映像の繰り返し。
ライムのおうちももっと広いと思ってたし、窓にはもうちょっと近い位置にベッドがあるのかなと思ってた。でも映画を見たらこっちのイメージでが優先になるのでしょう。
シリーズでとってないのはやっぱりライムは白人と思っている人が多かったからかなぁなどと思ったり。
ストーリーがわかっているので安心してみれました。。

本日の宿@東急川崎第一ホテル武蔵新城


〒211-0044 神奈川県川崎市中原区新城5丁目2番3号
1泊ドトールコーヒーモーニングセット付7290円

今回は時間があったので高速バスで池袋へ出てきました。
池袋からだと副都心線で武蔵小杉まで行って1回乗り換えでつけるというのがわかったのが収穫でした。
でも田舎者なので、調べて出てきた急行に無理やり乗った。
混んでる急行に乗った意味ってなんだったんだろう?と道中できがつくあたりいつものように頭が悪いw。
各停でもよかったのよね。別に時間に追われていたわけではないので。

ここはレッスンだけで上京するときには使い勝手のいいホテル。
いつも1回の居酒屋さんに行こうと思うんだけれど、勇気がでない。
一人で動ける人うらやましいなぁ。
ちゃんと読んだことのないホテルのパンフ?をみてみたら、テイクアウトもできそうだったので次回は軽くそこからやってみようかと思います。


190615-1_★本日の宿@東急川崎第一ホテル.jpg

参拝:三大弁財天大祭@竹生島

8度目の竹生島となりました。
そして3回目の弁財天の大祭でした。
行く前は晴れて見えていたのに、朝から雨。お祭りでも雨。
終わってからは青空出たけどなぁ、今回の天気はちゃんと見えなかったみたいな気がするのでした。

今年は師匠夫妻、Mさん、Yさん、こみこみ妻の6人での参拝。
Yさんは数ヶ月で3大弁財天制覇です。
やはり弁財天は彼女を待たれているので感応をもらっていました。
だよね。きちんとご縁が結べてよかったです。

来年からは龍神祭に行ってみたいなと思っています。
先生たちどうなさるかなぁ。

写真は帰りのフェリーから師匠が撮られた写真。
加護が見えるのはありがたいです。

いい参拝の旅となりました。

190610-2_★参拝:三大弁財天大祭@竹生島.JPG190610-1_★参拝:三大弁財天大祭@竹生島.JPG

本日の宿@ホテル&リゾーツ長浜


〒526-0066 滋賀県長浜市大島町38
https://www.daiwaresort.jp/nagahama/index.html
ツイン1泊朝食付き 8000円
こみこみ妻と2人で1室ってはじめてではないかしら?
去年もこちらにお世話になったのですが、今回は和室。
予約の際にあまり気にしなかったけれど、どこかにベッドがそれ以外の記載あったのかなぁ?

おとといの師匠のコンサートに触発されてアンサンブルしたいねーともりあがり
私たちってプロにもアマにも属せないよねーで100%共感し
堰を切ったようにしゃべる・しゃべる・しゃべるw
学生時代からの友達というのはやっぱりどこか価値観が共通で、音楽観がとても近い。
安心して話せるのであっというまに4時。
なにをしてるんだか。
友達と話していると眠るのを忘れます。

時々会って、一緒に演奏会を聞きに行ったりしてるけど旅行って一緒にしたことないのでできたら10月一緒に岩手に行けたらいいねとこちらは保留。
コンサートの詳細が出たらちゃんと決めましょう。

190609-2_★本日の宿@ホテル&リゾーツ長浜.jpg

ネッシン@ホテル&リゾーツ長浜


6000円。
E先生の分も+6000円

今回は施術ベッド持ち込んでネッシンもかけてもらいました。
本当はね、声楽の師匠にしてもらいたかったのですが、しないとおっしゃるので、E先生だけ。
ちょっとはよくなったかなーと思うのですが。
こみこみ妻もしてもらってました。
彼女はきっとわたしが上京した時に合わせてしてもらうようになるのでは?と思います。

毎回体が違うのか、Yさんがスキルアップしているのか反応が違うのよね。
今回はひたすら鳥肌が立つほどきもちいい、という場所多数ありました。
やっぱりこういうのは定期的にうけたいものです。

こみこみ妻はまた受けるでしょう。でもE先生はどうかしら?という反応でした。

一番してほしいのが師匠なんだけれどこれは時間かかるかしら。
でもきっとYさんは大丈夫なのでどこかで縁がつながるように願います。

音楽仲間Ⅻ@みなとみらい小ホール


この演奏会の企画は毎年あるみたいで、竹生島の大祭前に聴くコンサートとなってます。
師匠のBrahmusなんて何年ぶりでしょう?
近頃はフランス歌曲を歌われることが増えたのでドイツリートは久しぶり。
やっぱり師匠の歌はリートがいいと思うのです。

テーマがあったのかしら?と思うプログラム。
Schumann率高し!
Schumannつながりで行けば師匠が歌ったBrahmusもファミリーだしね。
ただ聞いていても整理のついていないSchumannはもったいないなぁと思うのです。
聞いているととってもすてきだなぁと思うのは、やっぱりきっちりSchumannを学び理解した人の演奏だったのだと気がついたのが近頃。
他の作曲家のように感性だけでは演奏できないことに気がつくと演奏が変わるんだけどなぁと思う演奏もあり。
Schumannを演奏できる技術があるならば、もうちょっと頑張れ!と技術のないわたしなんかは強く思うのでした。

久しぶりに同門生のこみこみ妻と聞いたのですが、2台ピアノか連弾したいねーでもりあがる。
アンサンブルはしたいと思うのですが、現在はその環境がないの。
リートもアンサンブルなんだけれど、現在はピアニストさんが忙しくてそこでもアンサンブルは途絶えているのでなおさらやってみたいとなるのだと思う。
学生時代のように遊びでいいからやろう、といえるのはいい環境だと改めて思うことができました。

師匠のBrahmusは端正なBrahmusでした。
聞く側との距離感をきっちり計ってるんだろうというふうに聞こえる=押しつけがましくないのです。
そこもやはり師匠らしいと思うのです。
師匠もE先生も作曲家にあわせて音色なりアプローチを変えてくるのはさすが。
ピアノは特に軽そうに弾いていてそれでもしっかり重厚な音になってるのが不思議。
逆に師匠はそこまで声に重さや太さを見せずにBrahmusになってたのもわたしにしてみれば不思議なこと。学ぶことはつきないのです。

こういういろんな演奏家の続くコンサートは気づきが多い。
あ、そう考えるんだ。と一瞬にして冷める瞬間もあるし、テクニックがつたなくてもこの演奏家さんはテクニックが追いついてくればもっといい演奏になるとわかる瞬間もある。
音楽をわかっている人に向けた演奏と、観客を見下している演奏もわかるもんだなと新たな視点も生まれた気がします。
聞く側に感じる余地を残してくれない演奏は好きではないのでありました。

今回のコンサートではこみこみ妻と彼女のお友達、そして先輩のOさんと会えたのも楽しかったことの一つ。コストの関係で深夜バスで新潟に帰ることにしていたのは失敗だったなぁ。
もうちょっとコンサート後に話したかったと後悔しました。
込み込み妻のお友達にはドイツ・リートのCDのコピーをお渡ししたのです。奇しくもSchumannの女の愛と生涯。リート好きになってくれるといいな。

外食ディナー「MEGUMI会」@須坂屋


〒950-0901
新潟県新潟市中央区弁天1-4-29
https://suzakayasoba-niigataekimae.gorp.jp/
本当は現場の該当フロアでの懇親会でしたが、別部隊で飲み会セットしました。
去年に比べて現場の雰囲気がよくないのですよ。
2課長が変わってしまったせいなんだけど、去年はなかった「飲みに行くときは声かけてください!」という人が増えていたと言うこと。4月に移動になったもう一人にも会いたいというのがあって実現しました。
場所もSさんのおすすめ。
個室でよかったんですが、隣がうるさいw
なんか色々突っ込みどころ満載のお隣さんでした。
Aさんにかにももらっちゃった。
お料理は普通でしたが、やっぱりへぎそばはおいしかったです。

イニシャルトークがイニシャルトークにならず、
シークレットネームがシークレットネームにならず、
それでもあだ名はよくわかるw
楽しい2時間でした
7月にまたフロアの懇親会があるようなので、そのときも別部隊で飲みましょうというながれになってました。
ストレス感じる現場だから飲みに行く機会がふえるのか?
いいような悪いような、それでいて笑いっぱなしの2時間でした。

2時間飲み放題 お料理6品 一人4000円でした。