テーマ:展覧会

ブルガリ展@東京国立博物館

こみこみ妻と行ってきました、ブルガリ展。 エリザベス・テーラーコレクションがすごかった。 彼女小柄だったのねぇ。 リチャード・バートンとの2回目の結婚式の黄色のドレスが来てました。 そしてこれ誰のウエディングドレス?というスタンダードのウエディングドレスもあったのね。 なんとリンダ・クリスチャンがタイロン・パワーとの結…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハローキティアート展@はなももプラザ

コーチングのお勉強♪とはなももプラザについてみれば どん!とキティちゃん。 え?なに?? はい、キティ誕生40周年のアート展でした。 特にキティラーではありませんが これは見るでしょう? コーチングの後見てきました。 中は撮影禁止だったんですが、キティの40年での変遷から キティグッズ、そして3代目の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

醍醐寺展@万代島美術館

ずいぶん前から約束していた醍醐寺展。 約束どおりKonastuさんとMさんと3人で行ってきました。 さすが醍醐寺。 本当に仏像も軸もすごかったです。 この人025 この顔が025の典型よ、とKonatsuさん。 えっと 仏像でもわかるのね。 不動明王の力がすごく、引きとめられ、またわたしは変な人。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボストン美術館ミレー展@三菱一号館美術館

栃木の生活の利点の一つ、上京が楽なんです。 遠いけど、お財布にやさしいのw で、レッスンの次の日に美術展、なんてことができてしまうのです。 こみこみ妻とまずは上野でやっている国宝展に向かったんですが、入場まで1時間10分待ち! やめましょう!ってことになり、ミレー展に行ってきました。 だめもと?でうっちーさんにも連絡したら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノルマンディー展@東郷青児記念館

行きたくて行きたくて でもいつも絵を見に行くコミコミ妻と予定が合わなくて、ひとりかなぁ、っておもっていたら、うっちーさんがお付き合いくださいました。 ありがとうーーー。 コローとヨンキントがあってうれしかった。 でもやっぱり近代よりロマン派が好きなの。 水のある絵、すきです。 でね、オリヴィエ・メリエ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウフィツィ美術館展@東京都美術館

絵画も音楽も古典は好き。 なのでルネッサンス音楽loveのこみこみ妻と行ってきました。 ボッティチェリの女性の顔立ちは一見してわかる。 モデルいたのかしら? とか、ラファエロが持つ花ってなに? とか やっぱり似たようなところ引っかかる私たち。 いろんな作家さんの作品有りましたが共通して言えたのは 「あ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オランダ・バーグ派展@損保ジャパン東郷青児美術館

オランダのこの時代の絵、好きなんだよね。 ということで、コロー好きのこみこみ妻といってきました。 ヨーロッパの色、とでもいうのか、落ち着いた色大好き。 複製画ほしくなるくらいの絵たくさんありました。 ヨンキントのセーヌ河の月明かりは本当に好き。 月の明かり、夜の冷たさ、が感じられるくらいの絵。 いいよね、この時代のこの絵の感…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

特別展「キトラ古墳壁画」@東京国立博物館

スケジュール帳見たら、うむ?今日行かないと見逃すか? と気がついて、急遽行ってきました。 数日前にもかかわらずこみこみ妻とうっちーさんもおつきあいいただけました。 いつもどうもありがとう。 入場制限ですか、そうですか。 久しぶりに50分とか外で待ちました。 でも3人で話しながら待てたのでそんなにつらい感じはないの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

101年目のロバート・キャパ@東京都美術館

私がまだティーンエイジャーだったとき、目にした1枚の写真。 とてもとても美しいのに、悲しみが透けて見えるのはなぜ? そう思ってみたのはイングリッド・バーグマンの写真。 撮影者ロバート・キャパ。 そのときから彼の写真を見出して現在に至っています。 そのキャパの展示があるというので始めて東京と写真美術館へ行ってきました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

テイト美術館の至宝ラファエル前派展&ザ・ビューティフル

日曜日は声楽のレッスンの予定でしたが、師匠のご都合でキャンセルとなりました。 じゃあ、美術展いってみよーーーとこみこみ妻と行ってきました。 急なお誘いに付き合ってくれて、ありがとう。 まずはラファエル前派展へ行きました。 想像以上に女流画家が多いことにまず驚きながらみました。 男性が描く女性の美しさと、女性が描く女…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ターナー展@東京都美術館

開催終了最終の週末、やっとターナー展行ってきました。 ターナーは好きな画家の一人。 海と船たくさん書いてくれるからかしら? とても印象に残る絵が多いのです。 あの海にかかる霧。 霧越しに見えるぼんやりとした船の陰。 寒い場所で生まれ育ち、 お出かけはほぼ港町。 そんな遺伝子がくすぐられるのかもしれません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本館ハイライトツアー@東京国立博物館

本日はお休みを頂、Mさんと東京国立博物館へ。 上野のこのあたりはいろいろ来ているんですが、ここへは初めてきました。 午後2時くらいなんだけどもうなんとなく夕方の色。 冬の色です。 建物もとても素敵。 本館だけではなく、庭園とか、色々あってとても広いの。 池の周りにベンチがしつらえてあって、座って景色を見ている人もたく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミケランジェロ展@国立西洋美術館

本来の予定はね、 ミケランジェロ展→ターナー展→レッスンのつもりだったんです。 でもね 7時半過ぎの地震。 ちょうど入れようとしていたコーヒーひっくり返し、予定の時間には間に合わず。 HP見れば、電車と待ってるみたいだし。 1時間遅れの待ち合わせとなりました。 で、相棒はこみこみ妻。 そう、その後30分遅れになっ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ミュシャの切手

「ミュシャ展@森アーツセンターギャラリー」について ここでも書きましたが、お土産でミュシャの切ってシートってあったんです。 でもレジ待ちをしているとコンサートに遅れてしまうので断念。 もし新潟で時間があったらおねがい! とだめもとでお願いしていた石☆コロちゃんが買ってきてくれました。 ほんとうにいつもいつもありがとう! …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

清水寺展@新潟市万代島美術館

現在は栃木にいるせいなのか新潟で清水寺展やっているというのをこなつさんから聞いたのです。 ランチの後行ってまいりました。 わたし万代島美術館は初めてでした。 トキメッセの中にあります。 5階って言うのですが、トイレがねぇ、こうやって外足元まで見えるのは思わず笑いました。 高いところ怖いからなんだけど、ここからの景色はきれい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プーシキン展@横浜美術館

ルノワールが見たくて 貴婦人と一角獣展の後に横浜まで行ってきました。 やっぱりルノワール好き。 ミレー好き。 でも知らなかったけど シャガールのノクターンが来ていてびっくり。 たくさんポスターやはがきなんかでたくさん見たんだけど本物は初めて。 あの赤。 いい絵でした。 常設展でアンディ・ウォーホールが見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貴婦人と一角獣展@国立新美術館

タペストリーを見たくって行きたいなって思ってたんですが最終日になってしまいました。 想像以上に大きなタベストリーでした。 ああ、触りたい! ああ、裏みたい! こみこみ妻と2人で騒ぎながら見てました。 この時代の作品は美しい。 装飾品もたくさん来ていました。 重そうだなぁ、っていうのもたくさん。 とてもいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュシャ展@森アーツセンターギャラリー

明日でおしまいのせいか超込みでした。 入場するまで40分。 想定内でしたが、やっぱり中もこみこみでした。 どうしてバギーに乗せて子供をつれてくるのかわからない。 どうして抱いている子供をつれてくるのがわからない。 泣くでしょ? 泣いたら 「ほらきれいなお姉さんの絵がたくさんあるでしょ?」 意味がない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ルーベンス栄光のアントワープ工房と原点のイタリア@Bunkamuraザ・ミュージアム

横浜から渋谷に出てルーベンスも見てきました。 さてパトラッシュ、っていったらこみこみ妻に怪訝な顔をされる。 でもね、ルーベンスはわたしはフランダースの犬で知ったのですよ、本当に。 教会にあったルーベンスの絵は覚えていないけど名前とラストシーンはしっかり覚えている。 入口なんてそんなんでいいよね? 彼の工房で書かれた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロバート・キャパ/ゲルタ・タロー二人の写真家@横浜美術館

初めて写真を作品として意識するようになったのはこのキャパの写真からでした。 報道カメラマンだった、ということも、バーグマンの恋人だったということも後付けで知ったカメラマン。 彼のことは知っていたけれど詳しくは知らない。 横浜美術館で企画展があるとしって、キャパって何?とこみこみ妻と行ってきました。 彼のパートナーだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エル・グレコ展@東京都美術館

毎月恒例になりつつあるこみこみ妻との美術館巡り。 午後いちで待ち合わせて行ってきました。 いつもだいたい、2人してそんなにペースがたがわず見れるからありがたいのはお友達歴が長いからか? 好きなジャンルは違っても近いジャンルなので嫌いなところはわりと似る。 今回珍しく2時間かからず見終わって出てきました。 彼女の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾張徳川家の秘宝@江戸東京博物館

はい、わたくし田舎ものです。 今日は新宿でこみこみ妻と落ち合って007!って思っていたのです。 新宿でおちあって先にチケット、って思ったんですが、12/1からのロードショーなら大丈夫でしょう、と先にランチ。 開演10分前に行ったらsold out! そして次の回もsold out。 東京って、東京って。。。。 レ・ミゼラブル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メトロポリタン美術館展@東京都美術館

本日は美術展のはしご。 2箇所目はメトロポリタン美術館展。 ゴッホの糸杉見たいんだ。 普通美術館の作品の並びって、年代順だったり、種類だったりであるていどの塊を見れると思うのですが、今回のこの美術展はちょっと違ったの。 自然、動物、 草木・花、水、など、テーマごとになっていてそれがとても面白いなと思ったの。 画家にテー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リヒテンシュタイン展@国立新美術館

前回レッスンがのびのびになり、見損ねたリヒテンシュタイン展見てきました。 家訓として美しいものを擁護するというのは大貴族でなければできないけれど、よく収集してくれたと思う作品の数々。 2次大戦前までは一般公開されていたとのこと。羨ましい限りです。 ヴァン・ダイクは大好きな画家さんなので、彼の絵が見れればいいと思っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟市展@新潟市美術館

本日は気がつけばフル稼働。 皮膚科に行って、図書館はしごして、美術館行って、ハイビスカスとジャスミンの鉢増。 久しぶりに新潟市美術館に行きました。 お友達が市展に入選したのでその絵を見たくてね。 その人が書いた絵は過去に1回しか見たことないんだけど、心動かされたのよね。 なのでわくわくしながら行きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レーピン展@Bunkamuraザミュージアム

レッスン後渋谷に出てレーピン展見てきました。 わたしとってもロシア方面(も)無知でして、レーピンなんて画家さん名前すら知らなかったんですが、 ムソルグスキーの肖像画を描いたんだよと音楽つながりのお友達に教えてもらい こみこみ妻にお願いして一緒に行ってもらいました。 http://www.bunkamura.co.jp/mus…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マウリッツハイス美術館展@東京都美術館

今日はフェルメール三昧。 ベルリン国立美術館展の後はマウリッツハイス美術館展へ。 「真珠の少女」2人によくばってあってきました。 でもね、こちらのほうが数倍混んでいて、近くで見るのに30分くらい並びましたが後悔はありません。 ほんとうに、どうしてこうもやわらかい光でえがけるものか。 とても美しい絵でした。 オランダの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン国立美術館展@国立西洋美術館

「真珠の首飾りの少女」がみたくて、こみこみ妻にお付き合い願ってみてきました。 http://www.berlin2012.jp/tokyo/index.html いつも思うけれど、17世紀~の絵を好きになる。 音楽が好きだと感じる時代にシンクロしているのがおもしろいのよね。 フェルメールはあたたかい「色」が好き。 結構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エルミタージュ美術館展@国立新美術館

今回は金曜日の午後から上京して、そのままエルミタージュ美術館展見てきました。 平日の午後閉館が8時って都会だよねと思う田舎者。 一人の美術展はとっても不安だったのですがしっかりみてこれました。 音声ガイドも一人だと邪魔にならずによかったです。 http://www.ntv.co.jp/hermitage2012/ 音楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more