テーマ:音楽

楽譜が2冊・・・・

トスティはいいの、2冊あるのわかってる。 学生時代に買ったはずなのに手元にない。 なくしたんだと思って買ってみれば、ピアノの楽譜の間に埋もれていたというあせあせ(飛び散る汗) なのでなぜ2冊あるかわかっているから、それはいい。 わからないのはイタリア歌曲集3中声用が2冊ある。 なんで? もっとわからないのは2冊ともレッス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムジカ・パストラーレ カジュアルコンサート2011@都築公会堂

お友達のうっちーさんとバウバウさんが所属するわたしの大好きなオーケストラ、ムジカ・パストラーレのカジュアルコンサートに行ってきました! 今回は震災の影響で開催も危ぶまれたんだとか。 震災後メンバーさんたちもお仕事の都合で出れなくなった人がたくさんいらっしゃったそうです。 うっちーさんは震災は関係ないけどお仕事の関係で今回は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小林道夫@燕喜館

わたし個人的にラ・フォル・ジュルネには懐疑的でして、基本不参加。 大好きなアーチストさんか、お友達のお誘い以外では聞かないイベントなんです。 今回みやこちゃんからお誘いいただいたので 小林道夫氏のチェンバロリサイタルを聞いてきました。 初めて燕喜館に行きました。 金屏風の前にチェンバロ。お客様は座布団に座って聞く。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

L'espace 東日本大震災被災地支援チャリティーコンサート@りゅーとぴあ能楽堂

nadzさんのご紹介で初めて鍵冨弦太郎さんのカルテットを聞いてきました。 初りゅーとぴあの能楽堂、そして満開の桜。 いろいろ楽しみにしていってきました。 この4人のアーチストさんはとてもお若い4人でした。 とてもよく勉強してある演奏だとは思ったんですが、反面、ああ、留学経験は少ないんだろうなと思ってしまう演奏。 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤原晶世・藤原秀章ジョイントリサイタル@旧奏楽堂

nadzさんの教え子さんのヴァイオリンを聞きに行って来ました。 上野だからパンダ見たかったといえば すらっと入園時間をおっしゃるnadzさん(汗) 今度は一緒に動物園も行こうね(え?) ヴァイオリンはあんまりちゃんと聴いたことがなくて 曲もたくさんは知らなかったのですが 知ってる曲ちらほらありました。 ま、若いわ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こえ

何度も言っていますが 今回の地震はとても怖い。 地震というか余震ね。 友達と話していて わたしがもし被災したら 甥や子供たちに歌ってあげることはできるんだろうか? 泣いて泣いて 歌えないんじゃないか? って言ったら 泣きながらでも 被災した子供たち集めて ミニ幼稚園みたいにして 一緒に歌わせる人だよ、君は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シューベルト考

近頃固めてシューベルトのリートを聴いてます。 シューベルトよりは シューマンやシュトラウスの方が好きだなぁと ずっと思って生きてきました。 でもね 近頃思うの。 シューベルトってリートの入門として使われるから 学生が歌うリートを聞いてしまったから 好きじゃないと信じていたらしい。 とてもいい曲なのに …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

cross

わたしは子供のころから習っていたピアノを ここ1年ほぼ0からやり直しています。 音楽を奏でるための基礎をやり直しています。 バッハはすべての音楽の基礎なので バッハのインベンションからやりなおし。 わたしが2曲目に持っていったA-mollの13番の曲の中に バッハは十字架を隠しいれてくれていました。 新しいピアノの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜美林学園創立90周年記念 桜美林大学 春の音楽祭

桜美林大学を卒業したわけではないのですが、 ここの講師の先生がわたしのピアノの先生で、歌うときの伴奏ピアニストさんで、ヤブウォンスキ氏の通訳も務められている小早川さんなのです。 この音楽祭でモーツアルトのピアノコンチェルトを弾かれるというので 初車上京&日帰りをしてきました。 http://www.obirin.ac.jp/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県立高校の入試倍率

高校入試の時期ですね。 ニュースで倍率が報道されてました。 わたしが高校に入るときは音楽高校がなかったのに、 専門学校時代かなぁ? 音楽の専門科が県内にもできたんです。 いいな、高校時代から専門的に勉強できて音大に進む勉強ができる。 とてもうらやましい環境が整ったねって思っていたんです。 思ったんだけど 今年の応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝!グラミー賞受賞☆

グラミー賞ってクラシックだと、あんまり栄誉?ある賞とは違う扱いではなかろうか?とも思いますが 内田光子さんがグラミー賞を受賞しました! おめでとうございます! 最初ニュースでチラッときいて あれ?グラミーにクラシック部門なんてあったっけ?って思ったら インストゥルメンタル部門なんですね。 かなりびっくりしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知ってはいたけどさ!

月曜日の朝はNHKFMのラジオ番組を聞きながら 実家から1時間かけて出社します。 クラッシック番組ですが、おしゃべりも面白い番組です。 本日、リスナーのはがきが読まれて 毎週14歳になる愛犬とこの番組を聞いていますという方からのリクエストが シューベルトの「鱒」でした。 この番組、クラシックのイントロクイズもしていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショパンコンクールin Asia の優勝者

去年のショパンコンクールin Asiaで わたしの生まれ育った町の小学校6年生の男の子が優勝したのです。 本日 その子のお兄ちゃんと弟君と3人で コンサートがあるんです。 その情報を知った先週は もう整理券が完売でした(涙) 今頃やってるのよね。 聞きたかったなぁ。 たった1週間図書館に行かなかっただけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曲を思い出すとき

例えば ベートーベンのピアノソナタ「告別」といわれたら 曲を思い出すときわたしの頭の中ではクラウディオ・アラウの演奏で「告別」がながれます。 ほぼ全ての曲をこうやって誰かの演奏を基準にして曲を覚えいます。 それがCDだったり、友達や先輩の演奏だったり、時には自分の演奏だったりしています。(←これは楽譜付きで思いだすのですぐわかる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お誕生日おめでとう!

本日はシューベルトさんのお誕生日です。 お誕生日おめでとう。 シューベルトさんがいなかったらリートは成立していないかも?なので 生まれてきてくれて 作曲してくれて ありがとうございました。 ディスカウの An die Musik です。 伴奏はムーア。 個人的にディスカウのピアニストは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Morzart モーツアルト

本日はモーツアルトさんのお誕生日 生まれてきてくれて たくさん作曲してくれて ほんとうにありがとう! Morzartさんがお誕生日だということは こみこみ妻さんもお誕生日なの! Happy birthday to you!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムジカ・パストラーレ 第11回定期演奏会 @ 神奈川県民音楽堂

お友達が所属している大好きなオーケストラの定期演奏会にいってきました。 レッスンの後だと必ず遅刻しちゃうんだわ、ごめんね。 でも月1の上京が精一杯だからダブルブッキングになること多し。 次回から気をつけてスケジュール組まなきゃ。 プログラム オットー・ニコライ 歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲 アントニン・ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予習ドヴォルジャークのチェロコンチェルト

明日はお友達の所属オーケストラの定期演奏会。 ここのオーケストラは大好きなの。 なので出来るだけ演奏会には予習していくんですが今回はその間がなくて。 うっちーさんに予習していないと伝えたら CDかけて、楽譜みせてくれました! どうもありがとう! ドヴォルジャークのチェロコンチェルト。 知らないとばかり思っていましたが超…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独独辞典

遅ればせながら、というか とうとう、というか どうしても独独辞典が必要になってきました(涙) 今まではドイツ語辞典で十分だったのね。 去年の新聞のインタヴューで白井光子さんが独独辞典について触れて語っておられて いずれ(とおーーーーい未来) いつか(ずーーーっと先) もしもっと歌えるようになったら独独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せ・せ・せ・せろり なぁーーい!

甥1号こうちゃんとドライブ中のこと。 ラジオからは70'sの古いロックが流れてきた。 ああ、懐かしいなぁとおもっていたら こうちゃんが 「あ、これセロリなぁい だ!」というじゃないですか。 知ってるの?と問えば 学校のマラソンだか走るときのBGMなんだそうです。 さて このセロリ・なぁい はなんでしょう? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝手に告知デス「車田和寿バリトンリサイタル」

同門生がドイツから一時帰国してリサイタルを行います。 ええ、知ってたんですけど、まさかこんな大きなホールだなんて! キャパ1196!約1200人入るホールを一人でいっぱいにするってそれはそれは大変だろうと思うのです。 一人でも多くのお客様がいらしてくれたらとてもうれしいので告知します。 http://www.fc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

響く場所

この前のポーランド音楽の夕べのステージに立たせてもらって、色々勉強になり、学ばせてもらいました。 そのなかの一つは「響く場所」の選び方でした。 ホールのステージが半円形だったのもあってピアノの位置決めに時間がかかりました。 10cm動かしただけで響きが変わる。 客席を歩いてみても位置によって響きが違うの。 これをどこで折り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝!日本人コンサートマスター♪

樫本大進さんが正式にベルリンフィルのコンサートマスターに就任されたそうです。 おめでとうございます!!! http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20101211-OYT1T00053.htm あのベルリンフィルで認められるというのはとてもとても素晴らしいこと。 まだまだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘルベルト・フォン・カラヤンの「音量」

以前声楽の師匠から聞いたエピソード。 あるフルートコンチェルトを演奏することになったときの練習でのこと。 フルートはオーケストラ楽器の中でも音量の小さい楽器だと思うのです。 それがあのオーケストラの前に立ってコンチェルトを演奏する。どうしてもオーケストラの音の中にソロ楽器のフルートの音が埋没するのです。 そのときカラヤンがオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年のクシシュトフ・ヤブウォンスキ

来年のクシシュトフ・ヤブウォンスキ氏の日本での活動予定が告知され始めました。 2011年1月8日(土) 18:00~高新RKCホール http://www.kochi-sk.co.jp/pg/concert.htm 2011年3月29日(火)19:00~ 東京芸術大学 奏楽堂 http://www.jpta.jp/eve…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「衰える」ということ

自分で歌を勉強すると 自分自身の音楽も成長するのでしょうが(成長していると信じたい!) 「耳」はしっかり育つんです。 聴こえてくる、というのが近い感じかしら? 意識しなくても「聴こえてくる」モノがあるんです。 テレビでオリヴィア・ニュートンジョンが歌っています。 久しぶり~! でも5年前なら彼女の「衰え」は聴こえなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万霊節

昨日は万霊節でした。 わたしはクリスチャンでもなんでもないのですが、リートを勉強しているので気になる大事な日のひとつです。 日本のお彼岸やお盆みたいは日です。 Wikiの解説はこちら http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E8%80%85%E3%81%AE%E6%97%A5 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショパンとサンド 小沼ますみ by 図書館

新版 ショパンとサンド 愛の軌跡小沼 ますみ音楽之友社発売日:2010-04-21ブクログでレビューを見る»図書館の本内容(「BOOK」データベースより)ヨーロッパいちスキャンダラスな女といわれた作家ジョルジュ・サンドと、天才音楽家でありながら控えめで品行方正なショパンとの、ある意味不可解な結びつき。本書は歪められた俗説を排し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学校の音楽祭

本日は甥1号2号の文化祭&音楽祭でした。 きてもいいよ~といわれたので母と義妹とゴー。 いまの文化祭って絵ぐらいしか作品がないのね。 去年もそうだったんだけど、去年はインフルエンザで学級閉鎖なんざあって 時間が足りないのだと思っていましたが今年も絵だけだったので カリキュラムの問題なのねと気がつきました。 ちょっとさびし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more