テーマ:クシシュトフ・ヤブウォンスキ

ショパン グレイテスト ヒッツ! ~珠玉の名曲集~Krzysztof Jablonski

Jablonskiのリサイタルで購入してサインをもらってきたCD ずーっと感想載せようとおもっていたんですが、どう書いていいものやら悩んでいて。。。。。 2006年7月4日東京芸術劇場 大ホール(ライヴレコーディング)のもの。 つまり、わたしが行きたくてもいけなかった去年のコンサート。 ショパンの有名どころだなぁとおもって聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸術劇場 第11回ショパン・コンクールby エアリスさん

1985年のショパン・ショパンコンクールをNHKがテレビ放映したものを縁あってダヴィングしていただいたものを鑑賞。 この前のJablonskiのリサイタルを聞いてきて 新しいCDを買ってサインをしてもらい、写真も一緒にとってもらって、とっても幸せで帰郷してそのままMu-taroと晩ご飯だったの。 彼女とは高校時代からのお友達な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽の友 2005年12月号

出版社さんにもう在庫がないといわれ、図書館から借りてきた。 この号はショパン・コンクールの特集。 ハイ、そうです、Jablonski氏のインタヴューが載っていると言うので借りてきた。 前述したChopiのインタヴューと一貫した姿勢ではあるけれども ショパン・コンクールの審査方法にまで言及していておもしろかった。 予選を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショパン2005年12月号

Jablonski氏を調べていたら、2005年の雑誌にショパンコンクールの審査員としてのインタヴューがあるとわかってバックナンバーを取り寄せた。 演奏を聴けばわかるんだけど、 演奏家の考え方や信念のようなものが、インタヴューになると確認ができていいと思うので楽しみに読む。 うん、やっぱり好きだわ、この人の考え方、生き方のスタンス。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Krzysztof JABLONSKI Piano Recital2007 @浜離宮朝日ホール

15年ぶりにJablonskiのリサイタルへ行く。 http://www.tokyo-imc.co.jp/concert_details/20070620_jablonski.html 去年一昨年も情報を仕入れるのが遅くて涙をのんでいただけに 本当に楽しみにしていく。 プログラムのバレキレフがリストになっていたのがちょっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Juliusz Zarebski & Grazyna Bacewicz: Piano Quintet

やめられない止まらないJablonskiの1枚。 初めて彼の室内楽の演奏なので楽しみにしていたものの1枚。 もうCD自体が素敵♪ なんともいえない素敵な色使いでまずうっとり。 でもわたしJuliusz Zarebskiという作曲家も Grazyna Bacewiczという作曲家も知りませんでした。 Juliusz Zar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fryderyk Chopin - The National Edition Disc 5(CD)

引き続きオーダーをしていたJablonskiの1枚。 これは作品10と作品20のそれぞれETIUDES全曲 と THREE STUDIESの3曲。 これはほんとにお手本になる演奏だと思います。 「きちんと」弾くとはこういうこと。 でも「きちんと弾いても」ちゃんと演奏家が透けて見える。 誰の演奏かわかる。そんな1枚。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fryderyk Chopin - The National Edition Disc 7(CD)

JablonskiのCDをオーダーしていたもので届いたもの。 先に届いていたThe National Editionはこれともう1枚からの抜粋だった模様。 ま、いっか。他のピアニストの演奏も聞けたから。 これはPreludes全曲とImpromptuの1枚。 Chopinって感傷的過ぎて、きれいなんだけど、そこまでいい?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CHOPIN The national Edition CDB032/033(CD)

CDを大量オーダーしたときのもの。 2枚組みのCDで、その中でKrzysztof Jablonskiが弾いているというのでオーダーしたもの。 Jablonski以外のピアニストは以下のとおり。 Janusz Olejinczak Piotr Paleczny Ewa Poblocka Wojciench Switala …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

mostly classic 2006年 10月号

Jablonskiのインタヴューがのっているというので バックナンバーを取り寄せたもの。 色々語っているんですがその中に 「マガロフ先生はとても自然にエレガントということを教えてくれました。」 とあったの。最初はきにしていなかったんだけど 数度読み返していてふと思い当たる。 Jablonskiがニキタ・マガロフに出会って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショパン : ピアノと管弦楽のための作品/エキエル版に基づく(CD)

大量オーダーしていたCDのなかのKrzysztof Jablonskiのものが2枚届いた。 エバ・ポブウォッカと二人で1枚のCDになっていてJablonskiが弾いているのは2曲。 「ドン=ジョヴァンニ」の「お手をどうぞ」による変素曲変ロ長調 Op.2 と 演奏会用ロンド「クラコヴィアク」Op.14 の2曲。 1999年録音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Piano Concert & Other Works Chopin

やっとみつけたKrzysztof Jablonskiの2枚組みのCD。 実はわたしChopinのピアノコンチェルトってあまり好きではなかったのです。 繊細なChopinが無理して壮大に書いたような気がして しっくりこないというか、きれいなんだけど、落ち着かない感じがして ピアノ曲のほうがやっぱりChopinらしくてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京は遠い。。。。。

行きたい! 行きたい! 行きたい! これ↓ <リンク:http://>http://www.tokyo-imc.co.jp/concert_details/20060704_jablonski.html しかーーし、この7/9は東京が決定していて(号泣) 毎週なんて上京できません(ため息) 去年はリサイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Krzysztof Jablonski

もとはピアノ科な故、かなり気になる「ショパン・コンクール」 「チャイコフスキー・コンクール」も気になるのだけれど、テレビ放映してくれちゃったりするので「ショパ・コン」のほうがなじみがある。 むかしむかしの「ショパ・コン」で、好きになったピアニストがいる。 彼は3位入賞者なんだけれども、わたしは予選をきいてからずーっと彼が優勝す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more