テーマ:piano

2013.01.19.piano lesson

Czerny110leichte und fortschreitende Ubungen No20~21 Schumann Kinderszenen Op15-1,2 Von fremden Ländern und Menschen&Curiose Geschichte 今年初レッスン。去年は5回しかレッスンしていただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスコンサート@五泉市立五泉図書館

ショパンコンクールinアジアで入賞経歴と優勝経験者が自分の生まれた街にいるというのはずいぶん前に日記にしたのですが 彼らがクリスマスコンサートを開くというのを義妹が小学校で仕入れてきてくれた。 やっぱり地元は強いわ。申し込んでもらって聴きに行ってきました。 図書館はよく行くし、それこそ勝手知ったるだったんですが、ここの3階のホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスチャン・ツィメルマン ピアノリサイタル@りゅーとぴあコンサートホール

地元新潟で2回目のツィメルマンです。 そっかもう4年もたってた? こちらが前回の感想です。ファーストツィメルマン 今回は記念イヤーのためかトビュッシーがめだまかしら?というプログラム。 プログラム ドビュッシー:版画  1.パゴダ(塔) 2.グラナダの夕べ 3.雨の庭 ドビュッシー:前奏曲集 第1集 より …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本ピアノ教育連盟 第29回全国研究大会

ここの会員でもなんでもないのですが、 クシシュトフ・ヤブウォンスキ氏のリサイタル+レクチャー+公開レッスンが ぎゅぎゅっと2日間で行われるとのことで大変喜んでおります。 前回の企画は震災で流れちゃったのよ。 そんな思いも込め?聞きに行けたらいいなっておもっています。 でもね平日ど真ん中の2日間。。。。 が、がんばろう。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クシシュトフ・ヤブウォンスキピアノリサイタル~ショパン・グレイテスト・ヒッツ~@レザンホール

4時間かけて行ってきました、塩尻レザンホール。 新しいホールらしくおしゃれでいいホールでした。 オールショパンプログラム。 ノクターン第20番 嬰ハ短調 幻想即興曲 嬰ハ短調op.66 前奏曲「雨だれ」変ニ長調op.28-15 スケルツォ第2番 変ロ長調op.31 ノクターン第13番 ハ短調op.48-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KかCか Schumann Kinderszenen

日曜日日帰りピアノレッスンで新しい曲を何か、という話になり。 今まで弾いていたシューマンの幻想小曲集の終曲でもいいし、 譜読みの練習かねて子供の情景から何か、ともいわれたの。 月曜日ヤマハで楽譜の物色。 全音版945円 ヘンレー版1050円 ウィーン原典版1860円かな? なのでヘンレー版購入してきました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2012.11.11.piano lesson

Czerny110leichte und fortschreitende Ubungen No16,18~21 Bach Invention No.14 Schumann Phantasiestucke Warum? InventionとWarm?卒業。 初見の練習の仕方。 所見で必要なテクニックがほぼないということが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012.11.11piano レッスン連弾アテンド

海辺にふく風 佐藤敏直 木馬に乗ってバンベリークロスへ マザーグースのうた(佐藤敏直編曲) 水車小屋の音 G.ガツッツィ 四月の風は風のにおいをはこんでくる 平吉毅州 同郷&同門生のMちゃんが連弾のセカンドのレッスンを受けたいのでプリモをひいてもらえないかと とってもうれしいお誘いをいただいてアテンドでいきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5回ポーランド音楽の夕べ@やなかホール

本日のメインイベントはこれ。 2年前ショパンを歌わせていただいた会の演奏会です。 出演: クラリネット:中村めぐみ   ホルン:松岡邦忠   ピアノ:小早川朗子、津原和典 プログラム: F. レッセル(1780-1838)   ピアノ、クラリネット、ホルンのためのグランド・トリオ* F. ショパン(18…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クシシュトフ・ヤブウォンスキピアノリサイタル@東京文化会館小ホール

1年ぶりのヤブウォンスキ氏のリサイタルでした。 プログラム ショパン  ノクターン 第15番 ヘ短調 Op.55-1  ポロネーズ 第5番 嬰ヘ短調 Op.44  ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 Op.35「 葬送」 リスト  3つのノクターン 愛の夢 第3番 変イ長調 S.541-3  詩的で宗教的な調べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チケットがきた

そろそろコンサートシーズンがはじまるな、という1枚目。 11月23日のヤブウォンスキ氏のリサイタルチケットが届きました。 塩尻まで行ってくるよ! ただ一つ不安なのは 長野の人って客電つく前に帰っちゃうんだよなぁ。 オブリビオン、聞けますように♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012.08.26piano lesson

Bach Invention No.14 Schumann Phantasiestucke Warum? 時間の関係でチェルニーは割愛。 いつもとレッスン室がちがってKawaiのグランドピアノだったんだけど いいコンディションのピアノだった。 いいな、ほしいな、っていうピアノ。 でもほかの生徒さんには評判が悪いらしいのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バランスボール

一体今現在お前の専攻はなんなんだ? と、自分で自分に突っ込みいれつつ空気を入れて ピアノの前に置きました。 ええ、数年前から歌のレッスンで声のトレーニングのためにバランスボール使っていたのに それは果て無く無視して買わずに来て 前回のレッスンでバランスボールがピアノの椅子としていい練習になるらしいと聞いて 買…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012.5.27piano lesson

Czerny110leichte und fortschreitende Ubungen No.12~No.15 Bach Invention No.11 駆け足のレッスンでしたが収穫たくさん。 録音も忘れずできていいレッスンでした。 ピアノは現在いい音目指してタッチと奏法を改善すべく 曲のレベルをぐんと落としています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012.4.29piano lesson

Czerny110leichte und fortschreitende Ubungen No.12~No.15 Bach Invention No.11 Schumann Phantasiestucke Warum? 久しぶりのレッスン。 レッスン前にAnderson&Roeの演奏を聴いてピアノの鳴らし方のイメージが変わっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

piano duo

音楽大好き。 クラシックも、ロックも、いい音楽に巡り合えたときは鳥肌が立つくらいうれしい。 それくらい大好き。 音楽は恋と一緒で いいとは思うのだけど、好きにはなれない というのもあって、 お気に入りで大好きでそばにおきたい音楽って実はそんなに多くない。 でも昨日素敵な素敵な音楽を教えてもらいました。 もうどきど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

告知!2012クシシュトフ・ヤブウォンスキ ピアノリサイタルについて

「クシシュトフ・ヤブウォンスキピアノリサイタル@東京文化会館」について ああ、ここで2回と書いたのに 2回のうちの1回のリサイタルはキャンセルになってしまった模様です(泣) このリサイタルの日に音楽事務所の社長さんが 「来年は6月と11月にリサイタルをします。」と教えてくださったのでちょっと書いたんですが 6月はキャンセル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講師コンサート@新潟ユニゾンプラザ

昨日は同門生さんが講師コンサートで演奏するというので聞いてきました。 2年前くらいかしら? 同じ講師コンサートで彼女は2台ピアノの曲を弾いてくれたんです。 ペアのピアニストさんと2人でおそろいのピンクのドレスを着て出てきてくれたんですが、ニコリともせず終わっちゃったのね。 舞台が怖いのはわかるけど、ちょっとはにっこりして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同門生

今回縁あって、 新潟のお友達も 東京のnadzさんの門下生となりました! わたしの歌の後、渋谷のレッスン室でレッスン。 その後みんなで軽く食べて 新幹線で帰ってきました。 しかし、どしたら、「ラフランス」が「ラフマニノフ」にみえるのでしょう??? しばしみんなで大笑い。 新潟は冷たい雨が降っていて、東京とはお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クシシュトフ・ヤブウォンスキピアノリサイタル@東京文化会館

今年も1回しか彼の演奏会が聞けない(涙) その大事な演奏会でした。 今年は震災の影響で、彼のスケジュールが割りとゆるかったせいか、 2日前の神奈川のリサイタルがすばらしかったと、師匠と師匠の奥様が大絶賛されていて、 かなり楽しみにしていきました。 そういえば20数年前、彼の演奏を最初にライブで聴いたのもここだっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クシシュトフ・ヤブウォンスキ ピアノリサイタル

お友達がベートーヴェンの3大ソナタと、ワルトシュタインをたのしみにしておられたのですが聞くことができなかったと(残念) ピアニストは違うけど、同じピアノソナタだなぁっておもってしまったのでちょびっと告知。 クシシュトフ・ヤブウォンスキ ピアノリサイタルはショパンとベートーヴェンのソナタです。 http://ephemera…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011.6.19piano lesson

Czerny110leichte und fortschreitende Ubungen No.10~No.14 Bach Invention No.8,11 シューマンの幻想小曲集は弾き方(右手と左手の使い方)がわからないところがあってそこを教えてもらって指使い考えてもらったのでレッスンには入らないと思うので無記。 近頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011.5.15piano lesson

Czerny110leichte und fortschreitende Ubungen No.9~No.12 Bach Invention No.4,8 曲はグリーグをちょっと持っていったんですが 次回からはシューマンのPhantasiestucke Op.12になりました。 タッチは特に1の指について。 脱力の問題。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011.4.17piano lesson

Czerny110leichte und fortschreitende Ubungen No.8~No.10 Bach Invention No.8,3 Brahmus Intermezzo Op.119-1 どうしてせめてティーンまでの時期にこの先生にめぐり合わなかったのだろうと思うこと山積。 指を開くときの筋肉の使い方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

cross

わたしは子供のころから習っていたピアノを ここ1年ほぼ0からやり直しています。 音楽を奏でるための基礎をやり直しています。 バッハはすべての音楽の基礎なので バッハのインベンションからやりなおし。 わたしが2曲目に持っていったA-mollの13番の曲の中に バッハは十字架を隠しいれてくれていました。 新しいピアノの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011.2.19piano lesson

わ!1年休んじゃったんですね、ピアノ(汗) これからもピアノちゃんと行かなきゃ! 歌のレッスン後そのまま渋谷でレッスン室を借りてレッスン受けてきました。 Czerny110leichte und fortschreitende Ubungen No.7~No.9 Bach Invention No.13,8,3 Bra…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝!グラミー賞受賞☆

グラミー賞ってクラシックだと、あんまり栄誉?ある賞とは違う扱いではなかろうか?とも思いますが 内田光子さんがグラミー賞を受賞しました! おめでとうございます! 最初ニュースでチラッときいて あれ?グラミーにクラシック部門なんてあったっけ?って思ったら インストゥルメンタル部門なんですね。 かなりびっくりしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年のクシシュトフ・ヤブウォンスキ

来年のクシシュトフ・ヤブウォンスキ氏の日本での活動予定が告知され始めました。 2011年1月8日(土) 18:00~高新RKCホール http://www.kochi-sk.co.jp/pg/concert.htm 2011年3月29日(火)19:00~ 東京芸術大学 奏楽堂 http://www.jpta.jp/eve…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノの本 September2010

nadzさんからヤブウォンスキ氏のインタヴューが載っているよとおしえてもらっていたのですが ピアノの本って?となっていたものです。 前回nadzさんにお会いしたときにいただいちゃいました。 YAMAHAでこんな小雑誌だしてるんですね。 ヤブウォンスキ氏の練習してきた経過が語られていました。 でもやっぱり天才なんだよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more