テーマ:漫画

2010年12月 読んだ本

今まで1冊1冊詠んだ本をアップしていたのですが、1ヶ月間で詠んだ本をまとめてアップできる機能がついかされたんです! なので12月分からまとめてみました。 まずは自分で買って読んだ本です。 mylteの本棚2010年12月アイテム数:7 ニューヨーク十二番地の呪い イヴ&ローク番外編 (ヴィレッジブックス)J・D・ロブ読了日:1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グーグーだって猫である 3 大島弓子 by 図書館

グーグーだって猫である (3)大島 弓子角川書店発売日:2007-05ブクログでレビューを見る»図書館の本タマの皮膚病の治療から、他の猫とのかかわり方、接し方、そして、また子猫の保護。。。。猫好きのヒトは子猫の保護を(もしくは野良猫の保護)をくりかえして猫がヒトより多い暮らしが形成されていくのだろうなと思わせられた本。獣医さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街角花だより こうの史代 by 図書館

街角花だより (アクションコミックス)こうの 史代双葉社発売日:2007-03-12ブクログでレビューを見る»図書館の本版社/著者からの内容紹介1つの花に想いを託せば、新しい人生までも見えてくる…。花を心から愛している花屋の店長と店を訪れる客たちとのハートフル・ストーリー。 花屋さんだから穏やかなのか、穏やかだからお花屋さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダ7巻 手塚治虫 by 図書館

ブッダ (第7巻)手塚 治虫潮出版社発売日:1988-01ブクログでレビューを見る»図書館の本アナンダとブッダの旅がはじまった。教団が大きく組織化されればひずみも生じる。でもブッダの仕事は人を救うこと。苦しみの原因がなくなれば、苦しみも消える。この真理に人は惹かれ、そして仏陀の周りにつどったのかしら?いきなりブッダが太りまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こっこさん こうの史代 by 図書館

こっこさんこうの 史代宙出版発売日:2005-02-10ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介今年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞作家・こうの史代が贈る待望の最新刊。小学生の“やよい”が、ある日の帰り道で出会ったのはにわとりの“こっこさん”。こっこさんとのとの毎日はとっても楽しくてとっても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YASHA (2) 吉田秋生 by 図書館

Yasha(夜叉) (2) (別コミフラワーコミックス)吉田 秋生小学館発売日:1997-06ブクログでレビューを見る»図書館の本日本での暮らしがきな臭くなってきた。でも十市や幼馴染のそばにこれたのは彼にとっては休まるような、不安が増えたような不思議なバランス。凛て何者???
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YASHA 吉田秋生 by 図書館

Yasha(夜叉) (1) (別コミフラワーコミックス)吉田 秋生小学館発売日:1996-12ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社からのコメント(BOOKデーターベースより)沖縄の離島で母と2人、幸せに暮らしていた少年・有末静(ありすえセイ)。だがある日謎の男たちに母を殺され、拉致された静。静の隠された秘密とは――!?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あしながおじさん達の行方 今市子 by 図書館

あしながおじさん達の行方 (花音コミックスミニ)今 市子芳文社発売日:2005-12-27ブクログでレビューを見る»図書館の本養護施設で育った主人公が自分の芦名がおじさんを探すというあらすじに惹かれて借りてきたんだけど、笑った。そこ自虐ネタにしていいの?とかあまりにもありえない、そしてつじつまのあっていく展開がたのしかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥様はマリナーゼ by ほしのゆみ by 図書館

奥さまはマリナーゼほしの ゆみ宙出版発売日:2005-10-06ブクログでレビューを見る»図書館の本内容(「BOOK」データベースより)シロガネーゼよりしあわせ!?美容グッズ・ダイエット・おすすめ食品+オットの操縦法(?)。お役立ち情報満載の1コマイラストエッセイ誕生!!3700万ヒットの大人気HP『絵日記でもかいてみようか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テルマエ・ロマエI ヤマザキマリ by 図書館

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)ヤマザキマリエンターブレイン発売日:2009-11-26ブクログでレビューを見る»図書館の本内容説明(BOOKデーターベースより)マンガ大賞2010 大賞受賞!世界で最も風呂を愛しているのは、日本人とローマ人だ!!風呂を媒介にして日本と古代ローマを行き来する男・ルシウス!!彼の活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダ 6巻 手塚治虫 by 図書館

ブッダ (6) (潮ライブラリー)手塚 治虫潮出版社発売日:1998-12ブクログでレビューを見る»図書館の本内容(「MARC」データベースより)仏教思想を持たないでは21世紀も22世紀もない。地球も人類も存在しない-手塚治虫が描く「人間ブッダ」。巻末に「史実と創作の狭間」と題した、多田道太郎VSなだいなだの解説対決を収録。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バガボンド(28) 井上雄彦 by 図書館

バガボンド(28)(モーニングKC)井上 雄彦講談社発売日:2008-05-23ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介(BOOKデータベースより)「天が この俺から 剣を奪う?」七十人斬りの“代償”が、武蔵を絶望に突き落とす――。七十人斬りが武蔵を追い詰めていくことになるだろうと思われる伏線がたく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バガボンド(27) 井上雄彦 by 図書館

バガボンド(27)(モーニングKC)井上 雄彦講談社発売日:2007-11-29ブクログでレビューを見る»図書館の本内容説明(BOOKデータベースより)「強い」とはどういうことか……。六十余戦無敗だった男「宮本武蔵」を、井上雄彦が圧倒的画力で描く超話題作! 武蔵を恋焦がれる小次郎。気が合うというよりも同じ世界を生きているのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牧神の午後 山岸涼子 by 図書館

牧神の午後 (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)山岸 凉子メディアファクトリー発売日:2008-03-27ブクログでレビューを見る»図書館の本内容紹介(BOOKデータベースより)”翼を持ったものには腕がない” ”腕がある者には翼がない” 20世紀初頭、パリの人々を驚かせたロシアバレエ団(バレエ・リュス)の伝説的ダンサ-ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修身論 小林よしのり by ほんぽーと

ゴーマニズム宣言PREMIUM 修身論小林 よしのりマガジンハウス発売日:2010-07-15ブクログでレビューを見る»図書館の本内容紹介(BOOKデータベースより)かつて教育勅語などで「修身」というものがありました。それは生き方の問題を扱うものでした。現在、世の中には「生き方」本があふれていますが、それも結 局は「修身」に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

×××HOLiC18 CLAMP

×××HOLiC(18) (KCデラックス)CLAMP講談社発売日:2010-10-15ブクログでレビューを見る»購入済み10年のときが流れて、四月一日と百目鬼との日々。小羽も元気そうだし、おばあさんも元気だし、それはそれで素敵なんだけど侑子さんはどこに?久々に白モコナ黒モコナがそろった!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリフォルニア物語4 吉田秋生 by 図書館

カリフォルニア物語 (4) (小学館叢書)吉田 秋生小学館発売日:1989-03ブクログでレビューを見る»図書館の本うー、イーヴ。わかっていたような、それで驚くような展開とラスト。誰がどこから逃げているのか、どこが彼らの安息の地なのか、結局疑問のまま終わっちゃいました。それが青春?ヒースはどこへいくのでしょう?ヒースのお兄さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バガボンド(26) 井上雄彦 by 図書館

バガボンド(26)(モーニングKC)井上 雄彦講談社発売日:2007-07-23ブクログでレビューを見る»図書館の本70 VS 1話にならない戦いが始まってしまった。要所要所で沢庵和尚が出てくるね。そうか、やさしくなければ強くはないのね。覚えておきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バガボンド(25) 井上雄彦 by 図書館

バガボンド(25)(モーニングKC)井上 雄彦講談社発売日:2007-03-23ブクログでレビューを見る»図書館の本又八と武蔵のひさしぶりの語らい。そうだよね、幼馴染み、よくわかっている。そして逃げることの出来ない自分に気がつく武蔵がいた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バガボンド(24) 井上雄彦 by 図書館

バガボンド(24)(モーニングKC)井上 雄彦講談社発売日:2006-10-23ブクログでレビューを見る»図書館の本又八の知らないところで武蔵と小次郎がおのおのの形で刺激しあい、学びあう。それにしても雪ダルマと木の棒で学んでいくとはなんともおもしろい。真剣でなくてもわかりあえるものがあるのか。伝七郎は武蔵を理解できない。理解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バガボンド(23) 井上雄彦 by 図書館

バガボンド(23)(モーニングKC)井上 雄彦講談社発売日:2006-06-23ブクログでレビューを見る»図書館の本佐々木小次郎と又八。どうにかならないものかしらと思うのは又八。伝七郎との戦いのための準備が整い始めた。武蔵の生き方と伝七郎の生き方がコントラストになってきたように思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリフォルニア物語3 吉田秋生 by 図書館

カリフォルニア物語 (3) (小学館叢書)吉田 秋生小学館発売日:1989-02ブクログでレビューを見る»図書館の本ヒースとイーヴの関係が表面化していく。人と人の好意や愛情って、自分が思っているようには進まないのだと思う。不器用だと気持ちを伝え損ねたり、わざと誤解してあげたり、ベースはやさしさだからなおさらつらい。悲しみが出会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 12 浦沢直樹 by 図書館

Monster (12) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:1999-08ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介“怪物”の存在を証明するべく、捜査を続けるルンゲ。絵本「なまえのないかいぶつ」の作者がかつて住み、本当の恐怖が眠るといわれる“バラの屋敷”の扉をいま開く。「なまえのないかいぶつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 18 浦沢直樹 by 図書館

Monster (18) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:2002-02-28ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介フランツ・ボナパルタを追って、テンマ、そしてニナもルーエンハイムへ!! ヨハンの引き起こした惨劇の結末は!? “怪物”誕生の理由とは!? すべての謎がついに明かされる!!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 17 浦沢直樹 by 図書館

Monster (17) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:2001-08ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介真実を知ったヨハンが「完全な自殺」を開始。新たなる惨劇が…!?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 16 浦沢直樹 by 図書館

Monster (15) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:2000-10ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介プラハにいるニナの記憶が遂に甦る!? 衝撃の事実が次々と明らかに!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 15 浦沢直樹 by ほんぽーと

Monster (15) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:2000-10ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介プラハにいるニナの記憶が遂に甦る!? 衝撃の事実が次々と明らかに!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monstert 14 浦沢直樹 by 図書館

Monster (14) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:2000-08ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介当時少年だったヨハンが、頭部を負傷して病院へと担ぎこまれたあの日の夜、一体何が起こったのか? その真実が明らかにされる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 13 浦沢直樹 by 図書館

Monster (13) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:2000-02ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介無実の罪で逮捕されたテンマと、彼をめぐる人々の心の葛藤。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダ 5巻 手塚治虫 by 図書館

ブッダ (5) (潮ライブラリー)手塚 治虫潮出版社発売日:1998-12ブクログでレビューを見る»図書館の本内容(「MARC」データベースより)自分が生きていくためには、他人が生きていく手伝いもしてやりなさい。それがきっと自分の一生にむくいられてくるはずだ…。ブッダが悟りを開いてからの話になりました。人間に子供を殺された象、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more