テーマ:漫画

Monster 11 浦沢直樹 by 図書館

Monster (11) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:1999-05ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介ウィスキーボンボン、筋肉弛緩剤… まったく同じ手口で惨劇は繰り返される。一度目はテンマ、そして2度目はスークが… そしてテープに隠された511キンダーハイムの謎を追い、テンマと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 10 浦沢直樹 by 図書館

Monster (10) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:1998-12ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介旧東ドイツの孤児院の元院長に接触したグリマーだが、院長は若い女に殺されてしまう。院長が死の間際に遺した言葉を唯一聞いた彼のまわりでは、不可解な殺人事件が次々と起こる…。やっと二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 9 浦沢直樹 by 図書館

Monster (9) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:1998-07ブクログでレビューを見る»図書館の本ついにヨハンを射程距離内にとらえたテンマ。しかし、手の震えが止まらず、なかなか引き金を引くことができない。また、読んだ途端にヨハンが気を失ってしまったという絵本を見せられたニナは、“三匹のカエル”という謎の言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 8 浦沢直樹 by 図書館

Monster (8) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:1998-02ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介大富豪、シューバルトの貴重な蔵書がミュンヘン大学の図書館に寄贈されることになり、その記念に盛大なセレモニーが開かれることになった。ある日、その大学図書館を視察していたヨハンは、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 7 浦沢直樹 by 図書館

Monster (7) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:1997-12ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介リヒァルトが刑事時代に追っていた3件の殺人事件は、“シューバルトを孤独にする”というものであった。このことを突き止めたリヒァルトであったが、突然変死してしまう。一方、ヨハンは学生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 6 浦沢直樹 by 図書館

Monster (6) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:1997-05ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介ミュンヘン大学生になったヨハンが登場する。彼は、大富豪であるハンス-ゲオルグ・シューバルトの屋敷で読書のアルバイトをしていた。ある日、アルバイト仲間のエドムント・ファーレンの自殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エマ(1) 森薫

エマ (1) (Beam comix)森 薫エンターブレイン発売日:2002-08-26ブクログでレビューを見る»購入済み「乙嫁語り」がよかったので森薫さんの「エマ」を購入してみました。うん!おもしろい!エマのキャラも、ウィリアムも、先生も、ハキムも、お店のお姉さんも、みんな素敵!かわいい!これは続きを買わねばなりません(笑)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝みや横丁顛末記(4) 宮本福助

拝み屋横丁顛末記 (4) (ZERO-SUM COMICS)宮本 福助一迅社発売日:2005-04-25ブクログでレビューを見る»購入済み相変わらず濃いキャラの人たちが多くて(笑)なんといっても今回はエンジェルさん!この人(人か?)レギュラーキャラになるといいなぁ。絹代ちゃんも出てきたし満足満足。でも人はやっぱり「愛」で生きる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘタリア Axis Powers2 日丸屋秀和

ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA)日丸屋 秀和幻冬舎発売日:2008-12-10ブクログでレビューを見る»購入済み今回は日本さんがたくさん出てきて面白かった。おとなしいとか、意見を言わないというより、アメリカやヨーロッパがうるさすぎるのだと思うのよね。カナダさんの存在感とか、日本とアメリカの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダ 4巻 手塚治虫 by 図書館

ブッダ (4) (潮ライブラリー)手塚 治虫潮出版社発売日:1998-12ブクログでレビューを見る»図書館の本内容(「MARC」データベースより)おお…私の心のとびらが、いま開いたぞ! 光よ、私の前を照らしてください。私は命のかぎり果たします、この宇宙の中の私の役目を! 巻末に多田道太郎VSなだいなだの対談を収録。再刊。〈ソフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

×××HOLiC3 CLAMP

XXXHOLiC(3)(KCDX)CLAMP講談社発売日:2004-02-17ブクログでレビューを見る»購入済み出版社/著者からの内容紹介犬猿の仲なのに、絶妙のコンビ!?四月一日(ワタヌキ)と百目鬼(ドウメキ)がいどむ、ひまわりちゃんの依頼は、なんともあやしく恐ろしく……!!わーい!わーい!狐のおでんやさんだ!うっちーさん宅で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のほほん風呂 おうちでカンタン季節の湯 たかぎなおこ by ほんぽーと

のほほん風呂 おうちでカンタン季節の湯たかぎ なおこ産業編集センター発売日:2004-01-17ブクログでレビューを見る»図書館の本内容(「BOOK」データベースより)日本酒風呂でぽっかぽか、酢風呂にもぐってサラサラ・ヘアー。エッセイ&コラムもあります。いろんなお風呂がのっていて、それも割りと家庭で簡単に出来るものものってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮き草デイズ2 たかぎなおこ by 義妹の本

浮き草デイズ〈2〉たかぎ なおこ文藝春秋発売日:2009-03ブクログでレビューを見る»読みたい 図書館にあり内容(「BOOK」データベースより)かけもちバイトで生活は安定したけれど、肝心の絵の仕事は成果なし…。そんな時、思いがけない連絡が舞い込んできて、ふわふわした浮き草暮らしにとうとう終止符が。バイト先のモモセさん好きだな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮き草デイズ1 たかぎなおこ by 義妹の本

浮き草デイズ 1 (1)たかぎ なおこ文藝春秋発売日:2008-05-16ブクログでレビューを見る»義妹の本内容(「BOOK」データベースより)この仕事、ほんとに私に向いてるの…?仕事もお金も友達も、ナイナイづくしの東京暮らし。大きな夢とバイト情報誌を手に、ドキドキふわふわ暮らしてたつまずきっぱなしの「あの頃」をコミックエッセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとり暮らしな日々。 たかぎなおこ

ひとり暮らしな日々。たかぎなおこ主婦と生活社発売日:2010-07-02ブクログでレビューを見る»購入済み内容(「BOOK」データベースより)つつましくたくましく、ひとり暮らし応援コミックエッセイ。一人暮らしの色々がエッセイになっていて面白かったです。部屋選びはほんと夜その街に言ってみないとわからないことがあるから、そうそう!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラソン1年生 たかぎなおこ 

マラソン1年生たかぎ なおこメディアファクトリー発売日:2009-09-30ブクログでレビューを見る»購入済み内容(「BOOK」データベースより)はっきり言って超運動不足です。…こんな私でも走るのは楽しい!『ひとりぐらしも9年め』のたかぎなおこがマラソンに挑戦!目指すはホノルル・フルマラソン!?―。作者さんのマラソン1年目のお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリフォルニア物語2 吉田秋生 by 図書館

カリフォルニア物語 (2) (小学館叢書)吉田 秋生小学館発売日:1989-01ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社からのコメント混沌、怠惰、無関心。大都会の片隅に生きる若者達の心の遍歴…。病めるアメリカで突っぱって生きるヒースとその仲間たち…!! ヒースの過去が明らかになる。父親、兄、との関係、学校での立場、エレインの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大奥 第六巻 よしながふみ by 図書館

大奥 第6巻 (ジェッツコミックス)よしなが ふみ白泉社発売日:2010-08-28ブクログでレビューを見る»図書館の本綱吉の世。悪政といわれていても、そこには人間の生き様がある。子をなせず、父しか心許せる場所もなく、跡継ぎ問題がふりかかる。生きていくうえでの決断はだれでもおもいのでしょうが、将軍という立場での重みははかりしれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天使なんかじゃない 完全版3 矢沢あい by 図書館

天使なんかじゃない 完全版 3矢沢 あい集英社発売日:2000-12-15ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社/著者からの内容紹介翠は晃と別れ、ケンとつき合うことに。でも晃への苦しい恋心は断ち切れなくて…。「りぼん」連載時のカラー扉イラストをすべて収めた「完全版」の第3弾。綴じ込みふろくにポストカードつき。 解説は作家の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛しのローカルごはん旅 たかぎなおこ by ほんぽーと

愛しのローカルごはん旅たかぎなおこメディアファクトリー発売日:2008-10-29ブクログでレビューを見る»図書館の本内容紹介旅とはすなわち、グルメである。 9都府県の41グルメを完食!大人気! たかぎなおこの「旅」シリーズ、最新刊! 今回は、ちっちゃな体で、ローカルグルメを食べまくって、おいしさを徹底レポートします!大人気イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天使なんかじゃない 完全版2 矢沢あい by 図書館

天使なんかじゃない 完全版 2矢沢 あい集英社発売日:2000-10-30ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社/著者からの内容紹介大好きな生徒会の仲間たちにかこまれて、一生懸命に学園生活を送る翠。でも恋の方はなかなかうまくいかなくて…。「りぼん」連載時のカラー扉イラストをすべて収めた「完全版」の第2弾。綴じ込みふろくにポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 5 浦沢直樹 by 図書館

Monster (5) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:1997-05ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介第5巻では、ヨハンの正体が少しづつ明らかにされていくと同時に、何らかの形でヨハンと関わった人物、ロベルトが登場する。また、ニナの養父母である、フォルトナ-夫妻の殺人犯が、ミュラ-と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 4 浦沢直樹 by 図書館

Monster (4) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:1996-08ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介この第4巻で、ヨハンを取り巻くある陰謀が判明すると共に、ヨハン自身の重要な事実が明かにされる。ヨハンにかかわる組織が見えてきて、その組織ですらヨハンを掌握できていないというのが見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 3 浦沢直樹 by 図書館

Monster (3) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:1996-03ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介第3巻では、9年前、ヨハンが銃で頭を打たれた事実が判明すると共に、謎に包まれていた彼の過去が、徐々に明らかにされる。ヨハンの過去を明らかにすればするほど、殺人者、カリスマとしてのヨ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 2 浦沢直樹 by 図書館

Monster (2) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:1995-09ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介この第2巻では、これまでに起きた殺人事件の犯人がヨハンであることが判明すると同時に、テンマが恐ろしい「モンスター」を生き返らせてしまったことに気付くまでが描かれている。ヨハンがモン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Monster 1 浦沢直樹 by 図書館

Monster (1) (ビッグコミックス)浦沢 直樹小学館発売日:1995-06ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介デュッセルドルフ・アイスラー病院の日本人医師・天馬賢三は、人道的見地から少年ヨハンの命を救う。それがすべての始まりだった…。ヨハンの真の姿は? 天馬の運命は? ヨハンをめぐる天馬の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリフォルニア物語1 吉田秋生 by 図書館

カリフォルニア物語 (1) (小学館叢書)吉田 秋生小学館発売日:1988-12ブクログでレビューを見る»図書館の本これはとても7,80年代のする物語でした。ニューヨークで傷を抱え、傷を負っていると知られたくない少年たちの物語。カリフォルニアはあくまで憧憬なんだよね。漫画だから人種まで描ききれているとは言いがたいけれど、それで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陰陽師(12) 岡野玲子 by 図書館

陰陽師 (12) (Jets comics)岡野 玲子,夢枕 獏白泉社発売日:2005-07-29ブクログでレビューを見る»図書館の本清明と真葛の子がうまれ、英才教育開始!なのね。それにしても「名」を与えない?教えない?のは清明らしいなぁ。なぜエジプトとギリシャと重ねるんだろう?ま、真理は1つでどちらかからアプローチがあったっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陰陽師(11) 岡野玲子 by 図書館

陰陽師 (11) (Jets comics)岡野 玲子,夢枕 獏白泉社発売日:2002-11-29ブクログでレビューを見る»図書館の本真葛が身ごもる=時代が身ごもる。すべてが種から動き始める。すべての始まりは闇。一歩間違えば飲み込まれてしまう深遠。いつものように博雅が気がつかずとも正しいほうへ動き始める。楽譜が博雅に戻って本当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バガボンド(22) 井上雄彦 by 図書館

バガボンド(22)(モーニングKC)井上 雄彦講談社発売日:2006-02-23ブクログでレビューを見る»図書館の本出版社 / 著者からの内容紹介斬撃凄まじく、宿敵・吉岡清十郎を倒した武蔵。その報(しらせ)は吉岡一門を大きく揺さぶる。京が俄に、殺気立っていく??。その渦中の武蔵は、不思議な静けさの中にあった。武蔵が身を寄せたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more