ザ・ホワイトハウス <ファースト・シーズン> Vol.8

レオの問題が終息しつつあって一安心。

画像


第15話「終らない悪夢」(IN EXCELSIS DEO)
オレアリー住宅都市開発長官が共和党員を人種差別的だと非難し、物議を醸す。CJが歯の治療を受けて、しばらくの間喋ることが困難になったため、ジョシュが代わりに記者会見を開く。ジョシュは調子に乗って「大統領委は極秘のインフレ対策がある」と言ってしまう。そんな中、ホワイトハウスが最高裁判事候補に指名したメンドーサ判事が逮捕されたという知らせが入る。

第16話「ロスの1日」(20 HOURS IN L.A.)
資金集めパーティーへの出席のため、大統領一行はロスへ。だがパーティーの直前になって、会場に自分の豪邸を提供する映画会社の会長テッドが「ゲイの軍への入隊を禁じる法案を大統領が公の場で批判しなければ、パーティーは中止する」とジョシュに脅しをかける。一方、大統領は世論調査の専門家から「裕福な白人男性は、あなたを弱腰だと見ている」と指摘されショックを受ける。


監督3(第15話「終らない悪夢」):クリストファー・ミシアノ
脚本3(第15話「終らない悪夢」):アーロン・ソーキン
製作総指揮3:トーマス・シュラム
字幕翻訳:佐藤恵子/尾形由美
吹替翻訳:杉田朋子
監修:平野次郎

キャスト
ジェド・バートレット大統領・・・マーティン・シーン
サム・シーボーン広報部次長・・・ロブ・ロウ
CJ・クレッグ報道官・・・アリソン・ジャニー
レオ・マクギャリー首席補佐官・・・ジョン・スペンサー
トビー・ジーグラー広報部長・・・リチャード・シフ
ジョシュ・ライマン次席補佐官・・・ブラッドリー・ウィットフォード

人種問題って本当に大きいのだと思う。3話に1回は出てくる気がする。。。。。というかゾーイとチャーリーが付き合っている時点ですでに問題化してるんですけどね。
女性差別とかあんまり出てこないのもびっくりする。
環境とか教育とかデフレとか税金も話し合われてるのね。
そんな感じ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック