愛と赦しのはざまで シャロン・サラ by ほんぽーと

シャノン・サラはあんまり読んでなかったので借りてきました。

画像


あらすじ
内容(「BOOK」データベースより)
テレビリポーターのジャニュアリーは、ある連続誘拐事件の謎を追っていた。手がかりは“罪びと”と名乗る奇妙な男。彼は地獄から甦った体験をもとに布教活動をしているという。そんなある日、ジャニュアリーは仕事で訪れた殺害現場で“罪びと”との関連性に気づいた。そのとき不意に彼女は腕をつかまれ、懐かしい声を耳にした。「ミス・デリーナ、君はここに入っちゃいけないんだ。わかってるだろう」ベン・ノース―去年はずみでキスを交わした、魅惑的な敏腕刑事だ。胸のざわめきを押し殺し、ジャニュアリーは彼と向きあった。

カルト?とか思ったんですが、しっかりサスペンスでした。
わたしはクリスチャンではないので、この怖さがわかりきっているかどうかは疑問符がつきますが、ほんとうに鳥肌物でした。
名前、ねぇ。
ダンスのシーンが好きでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック