2011.5.15piano lesson

Czerny110leichte und fortschreitende Ubungen No.9~No.12
Bach Invention No.4,8
曲はグリーグをちょっと持っていったんですが
次回からはシューマンのPhantasiestucke Op.12になりました。

タッチは特に1の指について。
脱力の問題。
指を広げるときの形。
そうすると手の甲のフォームも変わる。
打鍵位置と音が出るまでの関係。
腕と胸の関係。

歌と一緒で音を落とさない!って言われたのはびっくり。
でも声を落とさない体の位置でピアノを弾くと
ピアノの音も落ちないものだなと新たな発見。

打鍵のタッチももちろんですが
指の開き方、腕の脱力も問題ありあり。
練習してきます。

あと足踏みしながらの練習はおもしろかったし役に立ってるみたい。
継続してがんばろっと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック