ホースメン@レンタルDVD

画像


ホースメン(2008)
HORSEMEN
製作国カナダ/アメリカ
監督: ジョナス・アカーランド
製作: マイケル・ベイ
ブラッド・フラー
アンドリュー・フォーム
製作総指揮:テッド・フィールド
ジョー・ドレイク
ネイサン・カヘイン
ジョー・ローゼンバーグ
脚本: デヴィッド・キャラハム
撮影: エリック・ブロムス
プロダクションデザイン:サンディ・コクラン
⾐装デザイン:B.
編集: ジム・メイ
トッド・E・ミラー
⾳楽: ヤン・A・P・カチュマレク

出演:デニス・クエイド(エイダン・ブレスリン)
チャン・ツィイー(クリスティン)
ルー・テイラー・プッチ(アレックス・ブレスリン)
クリフトン・コリンズ・Jr(スティングレイ)
パトリック・フュジット(コーリー)
ピーター・ストーメア(デビッド)
バリー・シャバカ・ヘンリー(タック)
エリック・バルフォー(テイラー)
ポール・ドゥーリイ(ホワイトレザー神⽗)
チェルシー・ロス(警察本部⻑)
トーマス・ミッチェル
リアム・ジェームズ
マンフレッド・マレツキ
アルヌ・マクファーソン

【解説】
「グリーン・デスティニー」「SAYURI」のチャン・ツィイーが猟奇殺⼈⻤役に挑戦した異⾊のサスペンス・スリラー。“黙⽰録の四騎⼠”をなぞらえた連続殺⼈事件の謎を追う主⼈公刑事が、⾃ら殺⼈を⾃供した美しき犯⼈に翻弄されていくさまをミステリアスに描き出す。刑事役には「デイ・アフター・トゥモロー」「バンテージ・ポイント」のデニス・クエイド。監督は「SPUN スパン」のジョナス・アカーランド。
妻に先⽴たれたベテラン刑事エイダン・ブ レスリンは、仕事に追われるあまり溝の出来てしまった2⼈の息⼦との関係に悩んでいた。そんなある⽇、銀のトレーに⽣きたままペンチで抜かれたと思われる⼤量の⻭が置かれた死体なき殺⼈事件が発⽣する。現場には“来たれ”という謎のメッセージが残されていたが、その意味の解明も進まぬうちに、今度はメリー・アン・スピッツという中年⼥性が新たな拷問殺⼈の犠牲者に。そのショッキングな死体の第⼀発⾒者は彼⼥の養⼥でまだあどけなさの残る東洋系美少⼥クリスティンだった。その⼼中を慮って彼⼥に優しく接するブレスリン。ところが捜査が⾏き詰まる中、クリスティンは⾃分がメリー・アンを殺害したと告⽩、不敵な笑みを浮かべて共犯者による猟奇殺⼈はまだ終わりではないとブレスリンを挑発するのだった。<allcinemaデーターベースより>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック