ザ・ホワイトハウス <サード・シーズン> Vol.1

画像


え?そこでおしまい?
っていう場面でセカンドシーズンがおわってしまったので借りてきました!

スタッフ
製作総指揮:アーロン・ソーキン
製作総指揮:ジョン・ウェルズ
製作総指揮:トーマス・シュラム
字幕翻訳:尾形由美
吹替翻訳:杉田朋子 監修:平野次郎

キャスト
ジェド・バートレット大統領・・・マーティン・シーン
サム・シーボーン広報部次長・・・ロブ・ロウ
CJ・クレッグ報道官・・・アリソン・ジャニー
レオ・マクギャリー首席補佐官・・・ジョン・スペンサー
トビー・ジーグラー広報部長・・・リチャード・シフ
ジョシュ・ライマン次席補佐官・・・ブラッドリー・ウィットフォード

第1話「闘いの始まり」(前編)Manchester:Part-1

大統領の再出馬表明から四週間後、スタッフ一同は再選キャンペーンをスタートさせるため、大統領の地元であるニューハンプシャー州マンチェスターに向かう。キャンペーン初日となる月曜日に、食品医薬品局が経口中絶薬の認可を発表するという情報が入る。スタッフたちは大統領のスピーチとこのビッグニュースが重なるのを避けたほうがよいと考えるが…。


第2話「闘いの始まり」(後編)Manchester:Part-2

再選キャンペーン初日のスピーチを巡って、スタッフ側とブルーノ率いる選挙参謀チーム側の衝突が続く。一方、大統領夫妻の間にも、依然として気持ちのすれ違いがある。しかしイベント当日、会場へ向かう車の中で夫婦のわだかまりは溶け始める。会場に到着した大統領はスタッフたちに「全員で勝利を目指そう」と話し、大歓声に包まれてステージへ出て行く。

すごいなぁ。
すべてひっくり返す独断というか英断。
そしてキャンペーンに向けてひずむ人間関係。
いなくなってからも存在のあるランディハムさんのエピソード。
落涙するとは思いませんでした。。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック