日本歌曲

学生時代副科が声楽でした。
試験になると「2ヶ国語」の試験曲を用意していくのがある一定レベルでの課題でした。
師匠の専門がドイツリートだったこともあり
わたしはずーっとイタリア歌曲+ドイツリートが試験曲でした。
でもね、他の門下の同じクラスのお友だちはイタリア歌曲+日本歌曲なの。
曲の難易度はおいておいて、
辞書引かなくてすむ分、日本歌曲のほうが楽そうじゃないですか?
試験のたびにおずおずと師匠に、日本歌曲じゃだめですかと問えば
「日本歌曲は今のみるてにはむずかしすぎる」と一蹴されるのね。
リートのほうが簡単って意味わかんない、とひそかに思っていたんですが、今になるとよくわかる。
日本歌曲は難しい。

昨夜再来週のリサイタルに向けて日本歌曲の予習を始めました。
youtubeさまさま、です。
声楽科の友だちが多かったせいで、いろんな曲は触っているはずなんですが、どうも日本歌曲はタイトルと曲が一致しないものが多くてああ、これってそれね、みたいな作業をしつつyoutubeをみまくっておりました。
youtubeの難点はプロとアマが一緒に出てくること。
アマチュアの演奏で予習はあんまりなぁ、って思うと、鮫島由美子と佐藤しのぶで聞いていくのがいちばんよかったんです。
鮫島由美子の日本歌曲はいいですね、初めて知った(笑)
評価は耳に届いていたのですが、日本歌曲をちゃんと聴くことがなかったんですね、今まで。
佐藤しのぶは近頃いい評価は聞かないのですが、やっぱり彼女は日本の宝なのだと思う歌唱力があるのね、安心して聞いていられるし、言葉もきれい。
これがオペラとなり2時間出ずっぱり、演技しながら、の歌唱がどうなるかはわかりませんが、1曲1曲のクオリティは他の歌手の比じゃないです、きちんと自分の声をわかっていい発声で歌ってる。すごいことだと思うのです。
若手の歌手(ソプラノ)数人と比べてもテクニックの位置は別格だしね。
錦織健と佐藤しのぶはだてじゃないんだなと改めて思いました。

で、遊んじゃうんですよ、予習のつもりが。
Ave Maria歌ってるのね~、あ、ルチア・ポップも歌ってる!え、マリア・カラスは動画?なんてサーフィンしていたらぶつかったんです、
Tarja Turunen

もう異次元
オペラアリアで歓声と指笛が会場から起こるって、ねぇ。
でも彼女歌唱力はとても安定しているのでどんな経歴やねん、ってちょっとしらべてみたの。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%B3
むしろリート歌手っておねえさん
個人的見解ですが、歌い手はみんなリートを勉強すべきなんだと思っていたの。
オペラだけ勉強した人よりはいろんな意味で音楽が安定するんじゃないかと思っていたんですが、ここでもリートを学んだ人がおりましたね。
賛否両論あると思うのですが、きちんと歌って、ロックしか聴かない層にクラシックボーカルを見せていけるというのはいいことだと思います。
うまいし面白いし、いろいろ聞いちゃいました。
カールスルーエ音大の人たちの活躍は(関係ないけどさ)とてもうれしいのでありました。

とても日本歌曲の意味がわからず伴奏しているとは思えないドイチェの伴奏で


なんでブーイングされちゃうのかわからない、とても美しい日本語、日本歌曲

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年04月03日 03:39
鮫島さんのピアニストの方
いつも一緒に演奏しているならば
歌詞を深く理解されているのかもしれませんね^^
こっちでよく弾いてくれるピアニストたちも
音楽に真摯なピアニストほど 歌詞を理解して
弾こうとしてくれて、そういうピアニストに会うと幸せになります^^♪
2012年04月03日 22:23
うみのかい様
鮫島さんのピアニストはヘルムート・ドイチェさんといって鮫島さんのだんな様です。なので日本歌曲の意味を説明しようとするといつも「わび、さび、だから大丈夫」といって説明をさせてくれないと何かのインタヴューで読んだことあります♪
いいピアニストはちゃんと歌詞まで考えてくれますよね。いいピアニストさんは貴重です。

この記事へのトラックバック