Teiko Kiwa 蝶は還らず

読んだ本は毎月1日にまとめていたんですが、ちょっとこれは別に残しておきたくなったので
1冊取り上げてみたいと思います。
http://www.amazon.co.jp/%E8%9D%B6%E3%81%AF%E9%82%84%E3%82%89%E3%81%9A%E2%80%95%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%8A%E5%96%9C%E6%B3%A2%E8%B2%9E%E5%AD%90%E3%82%92%E8%BF%BD%E3%81%A3%E3%81%A6-%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%BE%E6%B0%B8-%E4%BC%8D%E4%B8%80/dp/4863100175%3FSubscriptionId%3D0AVSM5SVKRWTFMG7ZR82%26tag%3Dbooklog.jp-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4863100175

この本はいつかテレビで知って、読みたいなと思っていたもの。
でもそのときは手に入れられなくて記憶の隅に押しやられておりました。
先日お友達が長崎に旅行されたと日記にしておられて、思い出したんです、この本のこと。
思いついて図書館でさがしたら、さくっと発見。
さらっと借りて、あっという間に読破しました。

戦前、ヨーロッパの劇場で一世を風靡した「蝶々婦人」=喜波貞子
1/4日本人、3/4オランダ人、オランダ国籍。
この辺でわたしは勝手に、
ああ、やっぱり西洋人としての素養が歌を歌わせたのだと思っていたのです。

日本の着物をきて、蝶々婦人を歌う。
着物をきれいに着こなすというのも、舞台の上だしなぁ、写真見る限り日本人には見えないし、と思いながらまずyoutubeで彼女の歌声を聞きました。


いい声だし、発音はきれいだし、これで着物で歌ったらそりゃうけるなぁ、なんて思いながら読み出した本でした。
彼女の死後書かれているので、推測と希望が山積みでしたが、とても面白く読みました。

歌い手としての興味のさることながら、国際人としての喜波貞子にとても惹かれました。
血からするとほぼオランダ人。
でも自他共に日本人であるという評価は言語だけではなく育つ過程で受けた教育なのだろうと感じるものがありました。
晩年は6,7ヶ国語を操りながらも、話す相手のいなくなった日本語を忘れてしまう。
けれども生き様は日本女性の典型のような生き様。
彼女の評価=日本人の評価のようでうれしくなるような証言がたくさんありました。

人間性が音楽に透けて見えるというのは持論でもあるので、彼女の人柄と残された歌に共通項が見出せることの喜びもありました。

時代がよければもっと歌えたのかもしれないと本にはありましたが、あの公演数を見ると難しかったのではないかと思います。
あのスケジュールなら歌手としてのピークは遅くても40代でしょう。
youtubeにあがっているレコードの録音が彼女がいくつのときなのかとても気になるところです。

戦争はいろんなところでいろんな人を不幸にするのね。
戦争がなければ彼女はもっと日本でも評価され、ポーランドでも忘れられることはなかったと思うの。

マリア・カラスの真価は録音ではわからないと思う。
彼女は歌手であると同時に偉大なる女優だったからあれだけのファンを得て、名声と評価を勝ち得たのだとわたしは思っています。
喜波貞子も同じ類の歌手だったのだろうとわたしは思いました。
時代も早いし無理なのはわかりますが、映像で彼女の歌を聴いてみたいものだと思うのです。
歌っている彼女は「血」にはかかわらず日本人だったのだろう。
それが観客の心をわしづかみにした要因のひとつであるならば、日本人歌手が責任を持って蝶々婦人を歌うべきだと思うのです。
いるかしら?そんなソプラノ。

「蝶は還らず」の本が順調に売れたら、喜波貞子さんの墓地を共同墓地から移し、日本にも分骨したいとテレビでいっていたように記憶しています。
本が出てから長いときが流れてしまっています。
喜波さんのお墓はどうなっているかしら?
自分を日本人だといい、日本に望郷の念を持っていてくれた人ですから、遺品だけでなく、日本に戻っていてくれるといいなと思うのでした。
後日談は本になったりしないのでしょうか?

それにしてもここ近頃ポーランドがよく出てくるな、わたしの人生。
喜波さんのご主人はポーランド人でした。
そんなところも不思議に感じた本でした。

そしてリート歌いとしてははずせなかったこのyoutube
彼女の歌手としての実力が透けて見えるような気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック