八朔祭@羽黒神社

毎年8月31日の深夜、行われる行事。
この日をさかのぼること1週間、100人を超す男性が山伏の業を行い、その後の護摩業となります。
10数年前に数度見たことがあったのですが
母が1度見てみたいと言っていて、気がつけば土日ではないですか。
深夜12時くらいに護摩業がおわって、その後新潟までは運転がむずかしいと思うのね。
で、羽黒からなら30分程度の鶴岡市のホテルを調べたら割りといい値段で宿も取れたので言ってきました。

八朔祭くわしくはこちら↓

http://www.dewasanzan.jp/publics/index/34/


記憶違いかなぁ?
火を燃やす場所2箇所あった気がするのに1箇所。
蜂子神社の前は、本殿の後だったと思ったんだけど
HPみると、火は1つだし、順番も蜂子→本殿。
記憶違いかはてまた10年の歳月でしきたりが変わったのか。

火珍しく雨が降っていて、火がつかずくすぶる時間があってちゃんと火がつくか心配でしたが
きれいに燃えました。
でもね、炎もそんなに燃え上がらず個人的にはちょっと不満。
来年も来てみよう、と思ったのでありました。

いつものように?
山本商店さんで晩御飯をいただきながら待つ時間、雨と雷と霧の景色。
山本商店さんから本殿、蜂子神社までの道中の恐ろしさ。
以前きたときは先生がいらしてくださったから払ってもらっていたのだと改めて思う道のりでした。

来年は晴れ上がった夜、星の下の護摩業が見れたらいい名と思う夜でした。

泊まったホテルは
東京第一ホテル鶴岡。
HPでは古いホテルとかかれていましたが、お部屋も広く、使いがっってもよく、
何より温泉がとってもよかったです。
来年もこれたらここにしようかな、と思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2013年09月04日 22:07
一度、観てみたいです。火をつける儀式は、迫力あるでしょうね!(^^)!神社のお祭りとかお神楽を見るのは好きです。
2013年09月04日 23:17
ぬえ様
夏の終わり、乾いた木が一気に燃え上がるはずだったんですが、今年は時間がかかりました。
でも壮観ですよ。美しいです。お祭りとか神楽とかきれいですよね。わたしもいつもそう思います♪

この記事へのトラックバック