あ ア A Ah a ah 亜 阿 唖

ちょっと書いたこともありますが、
幼少期から外国のものが好きで、その上父が外国航路の船員だったので
日本の港にも外国の方の知り合いのおじ様方がいらして。
父が日本のどこかの港について降下できず、こちらが顔を見に行くと、ときどきそんないかついおじ様たちに会うことがあったのです。

日本の大人の男性と違ってとてもにこやか。
手も体も声もみんな父の倍くらいのサイズなのに
父の倍やさしい!って思ったものです。

椅子にだきあげてすわらせてもらって、
ありがとう

チッチ
you have to say thank you

え?

repeat after me thank you

さんきゅー?

Non,non
th
thank you

すぁんきゅー??

yes,
yes、
goooooooood!!!!


なんて会話が
たかが
thank you
please
hello
good-morning
water
apple juce
くらいの単語なんだけど英語の発音にするともうどれほどのことをなしとげたのか!
ってくらい大げさに喜んでくれる人ばかりだったのですよ。

この体験って
多分ね、幼稚園くらいだと思うの。
おじさんたちの使っていた英語をしっかり覚えていないけど、やり取りの意味は英語でもわかっていた気がするのね。
学校の授業は嫌いでも、英語ができるとたくさんの人としゃべれる!といういい刷り込みができていたので、いつかしゃべれるようになりたいなぁとは思って現在に至るの。

片や地元に中国残留孤児という境遇でいらして、家族で日本に来日。
そのお嬢さんがクラスメイトという中学時代の環境もあったの。
もちろんその子は日本語は話せない。
中国で教育受けているわけで、英語もまったくわからない。
学校には通訳の先生も常駐することになり彼女と、彼女のお姉さんに日本語を教えつつ、
私たちには簡単な中国語を教えてくれて、複雑な話は訳してくださっていたの。
でも、漢字で筆談すると結構意思疎通が簡単、とおしえてもらったら、あとは子供のすごいところ。
口移しで中国語しゃべってたw
でもね、やはり日本の社会についていけないと3年弱で帰国なさってからはわたしはきれーにその中国語わすれちゃったのね。

と、前置きが長くなりましたが

子供のころ、それも6歳前と12歳前の2度
ネイティヴの外国の人の口真似を意識的にした、という環境は現在の外国語の習得にとても役に立っているのだと歌の師匠に言われたのね。
日本語以外の音が存在して、それを使って話す言語がある。
聞いたことのない音をまねをするという経験が、ほかの大人が外国語を習得するよりは発音の体得が早いと。
えー、そんなことないじゃん?
って思っていましたが、今までの英語の先生には
君はミュージシャンだから耳がいいから発音が早い
と何度か指摘されたことがあり。。。自覚がなかったのか、と思い当たる今日この頃。

ちょっと前から英会話を習いだして本日、初めてイギリス人のDと日本人のMとのダブルレッスンでした。
そこで発音チェック!

わたしがテキストを読んだものをDがホワイトボードに書き取る、というもの。
th と s は問題なし。
F と H も大丈夫。
R と L は私の意識の問題で、ちゃんと発音しようとがんばるとLがRに聞こえるという日本人には珍しい現象があってちょいとみんなで笑う。
一番できなかったのが「a」の短母音!

Fan と Fun
Harry と Hurry
lack と luck

が言い分けられないということがわかったの。

これ、多分聞き取りもできていないです、といってDに母音だけ取り上げて言ってもらって始めて聞き取れたのね。
あ と ア 見たいな感じ。
これも日本人が得意とされているFan のほうが私には難しくて。
外国語に使う音!って思うと、どうしてもその発音がむずかしくなるの。
意識としては声帯の使い方なんだけどなぁ。

新潟からドライブして栃木についてのレッスンでなにげなくつかれていたのね。
大事な録音忘れてましたorz
こういうときにこそ必要なのに!

でもからだにちょっと入れてきたので次のレッスンまで練習します。
あ もいろいろあるなぁ、って感慨深いです。

英語もドイツ語もきれいにしゃべれたらいいなぁ、と知的欲求増しておるこの秋でございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

2013年09月21日 16:12
英語ができたらいいなあとは、私も映画に行くたびに思います。字幕読んでたら、俳優さんのいい表情なんか見逃しちゃいますもんね。
口真似から入る英語。幼少期からだと吸収も早いですよね。
私も、『ハリー・ポッター』を観に行った後、ハリーが呼ばれる時の「ハゥリ~・ポタァ~~!」(カタカナ表記はむずかしいですね笑)みたいな発音を真似して家でやってみたりしてこぶたたちに呆れられています(^^ゞ
2013年09月24日 21:36
キーブーさま
英語ができたら世界が広がるんでしょうけれど、映画の英語なんて難しいし早いしスラング多いしビギナーのわたしなんてかえってフラストレーションたまるんですよ。
単語だけ聞いたことある。なんだっけ?
なんてかんがえているまに会話も映画も進展していくんですw英語をちょっと知っている意味はかえって、ない♪
発音は子供のころのほうが楽ですよね、きっと。ハリー・ポッターはいい発音練習だわ!
FでなくH と Rの組み合わせ、母音A!
まねから始まるほうが言語は楽かもしれませんね。

この記事へのトラックバック