Swinq Twilight Jazz Orchestra @ 宇都宮市文化会館

栃木に出張に来て半年。
初めて宇都宮市文化会館でのコンサートに行ってきました。
夕方5時を過ぎるともう真っ暗な今日この頃です。
画像


いつもピアノをお借りして、英会話を習っているスタジオのオーナーさんがトランペットを吹くので行ったというより、
20年ぶり?の日野皓正が聞きたくて、行ってきました。
ソリストはほかにヴァイオリニストの渡邊弘子さん。

画像


このbig bandのネームが!

プログラム
Sousa Swing 星条旗よ永遠なれ スーザ作曲
Georgia On My Mind  いとしのジョージア ホーギー・カーマイケル作曲
Ricard リカード ジャルマ・フェヘイラ作曲
Theme from Ice Castle アイスキャッスルのテーマ マービン・ハムリッシュ作曲
Csardas チャルダッシュ ヴィットーリオ・モンティ作曲 
Medley 2013
The Nutcracker Suite くるみ割り人形組曲 チャイコフスキー作曲
Switch In Time サミー・ネスティコ作曲
I can't Sopt Loving you 愛さずにはいられない トム・ギブソン
Black Nile ウェイン・ショーター作曲
Autumn Leaces 枯葉 ヨゼフ・コスマ作曲
Violet Meloacholy 日野皓正作曲

さすが芸大。チャルダッシュはすごかった。
おとなしそーなお嬢さんなのに、ラテン?スラブ?を思わせる真っ赤なドレスのような情熱的な演奏でした。
彼女は多分クラシックもうまいはず。
音が太いの。ソリスト向きだと思うので名前は覚えておこうと思います。

そして日野さん。
わたし20年以上前に1回だけ聞いたの。
それ以来だし1942年生まれなんですよ?70歳超えてるから早いところもう1度聞いておこうと思ったわけなんです。

でもね、枯葉からかな
彼が舞台袖から歩いて出てきただけで
ああ、ごめんなさい、衰えてなんていませんね。
というお姿、歩き方。
ここずっと66歳のゲーテが31歳のマリアンネと恋?やだーーー!
っていい続けていたんですけど、ほんと、ごめんなさい。
かっこいいです、下手な若者なんで足元にも及ばない。
ほんと、立ち姿からかっこいい。
もちろん音も音楽も、衰えなんて見えませんでした。
すごい演奏でした。
もうただただため息、ときゃー!かっこいい!!!の繰り返しでした。
多分衰えが見えるから、プログラムの後半しか演奏なさらないんでしょうけど。。。。
すばらしかった。

途中客席に下りてきてくださって2mはなれたところでトランペット吹いてくれたんですけど、あの背中!
数列のお客さんごしの日野さんだったので我慢しましたが
目の前だったら思わず背中触っちゃったと思う。
あのハムスターみたいにほほ膨らませるけど、胸に息が入った様子は見せないの。
どうやってブレスとってるんだろう?とおもっていたらやはり背中でした。
いい勉強になりました。

途中日野さんがドラムセット奪ってたたいたのもびっくりしました。
ドラムもたたけるんだねぇ。
コンガみたいにドラムたたくのはなんとなくそっか、って思ってみてましたがドラムはすごかった。
音はプロの軽さはないけれど、あのリズム感というか、拍感がプロなのだと思う演奏でした。

世界で通用するミュージシャンの演奏は見ておけ、聴いておけです、やっぱり。
いい演奏でした。
ビッグバンドも楽しかったけれど、少人数の小さい箱での彼の演奏聴きたくなりました。

画像


このあと12時までうちあげにいたという日野皓正、すごすぎます。
コンサートの中で落語は披露するし、自分のボランティアのことをさらっとおっしゃるし
まあ貫禄が違う。
80歳の青年、20歳の老人という言葉がある。
80歳の青年目指していきましょう!
それが彼の生き方なのかと思うのです。
888のパワータイプの典型なのかしらと思う節もありました。

素敵な演奏ありがとうございました!
近いうちにちゃんとしたライブに行こうと思います。

















































そしてオーナーさんの後日談。
おれさとうくんにはまけた。だって。
だろうなぁ、一緒に演奏して、音消せなかったのは彼だけだもの。
オーナーさんだけがついていけていた音のクオリティ。
いい演奏、いい音はいったいどこにあるのでしょうか?
これからまた刺激受けつつ勉強です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2013年10月25日 14:48
なかなかのプログラムですねえ~!また、素敵な熟年を目の当たりに出来て良かったですね人によっては70代でも若かったり、30代でも爺さんいるみたいです♪出来れば、老けずに年相応な熟成をしたいぬえ~
2013年10月28日 18:52
ぬえ様
そうなんです、精神年齢、ですかねぇ?
いい演奏は年齢を問わないのだと、改めて思いました。
肉体が衰えても集中力とテクニックが音楽の質を落とすことなく演奏させてくれるのだと目の前で見せてもらった気がします♪

この記事へのトラックバック