裏掛行1日目partII@湯殿山→月山山頂

湯殿山をスタートしたのが10時半。
思いのほか遅くなりましたがスタートです。
祝詞あがった瞬間から重くなったいろいろなものがありました。
なので本当に1歩1歩の行になるなとスタートでわかっちゃうってどうよ?なんですけど。

金梯子を上るあたりでは外国人のパーティーとすれ違ったり、
お母さんとお嬢さんのグループとすれ違ったり
この辺はまだまだ休んでも口が聞ける状態でした。
登山する人は増えているんだなぁ、というのが感想。

本当にきれいに晴れていて、とても山が美しかったです。
画像

ずっとずっと竜神様のお供がありました。

道中蝶々のつがいや、蛇様のお迎えなんかもあったんですけどなんせ体が重い。
景色を見る余裕、しゃべる余裕があったのはこのお沢での休憩くらいまで。
この湧き水のあるお沢で遅いお昼。
ここからは記憶が混乱し始めて、覚えてない景色も増えてきます。
画像


画像

この写真撮られたのも気がつかなかったというw
こういう白装束で臨みました。

結局9時間掛けて月山山頂に着きました。
途中何度も何度もガイドさんに、降りてもいいんですよ?やめてもいいんですよ?といわれてました。
どうしてここまで上れないのに、無理して山頂を目指すのか?
理解できないものがあったようです。
この問いにはこなつさんが根気良く答えてくださっていたようでただただ感謝です。

最後に行かなければならないのです。
これを理解してもらえなければどう言葉を尽くしても納得していただくのはむずかしかったのかと。

ついたのは19時半。
もう真っ暗でした。
でもくしくもこの日は満月。
そんなことを調べて決めたわけではないのですが、月の光のおかげでなんとか足元みえる状態で山小屋に着きました。
山小屋のかたがたも心配してくださっていて、本当にご迷惑おかけしました。

到着して、ストーブの前に腰を下ろした瞬間の気持ち
安堵であり、感謝であり、感動であり
あの気持ちを忘れることはないと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック