デトロイト@TOHOシネマズひたちなか

こういうテーマの作品って視点が偏ることが多いのだけれど、近頃の映画業界?はがんばってるなぁと思う作品多くなりました。
さてこれはどう人種差別を描いたのだろう?と見に行ってきました。

画像


画像


監督: キャスリン・ビグロー
製作: ミーガン・エリソン
キャスリン・ビグロー
マシュー・バドマン
マーク・ボール
コリン・ウィルソン
製作総指揮: グレッグ・シャピロ
ヒューゴ・リンドグレン
脚本: マーク・ボール
撮影: バリー・アクロイド
プロダクションデザイン: ジェレミー・ヒンデル
衣装デザイン: フランシン・ジェイミソン=タンチャック
編集: ウィリアム・ゴールデンバーグ
音楽: ジェームズ・ニュートン・ハワード
音楽監修: ジョージ・ドレイコリアス
ランドール・ポスター
原題:DETROIT 2017年 アメリカ作品

出演: ジョン・ボイエガ (ディスミュークス)
ウィル・ポールター (クラウス)
アルジー・スミス (ラリー)
ジェイソン・ミッチェル (カール)
ジャック・レイナー (デメンズ)
ベン・オトゥール (フリン)
オースティン・エベール (ロバーツ准尉)
ジェイコブ・ラティモア (フレッド)
ハンナ・マリー (ジュリー)
ケイトリン・デヴァー (カレン)
ネイサン・デイヴィス・Jr (オーブリー)
ペイトン・アレックス・スミス (リー)
マルコム・デヴィッド・ケリー (マイケル)
ジョン・クラシンスキー (アウアーバッハ弁護士 )
アンソニー・マッキー (グリーン)

【解説】
キャスリン・ビグロー監督が「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」に続いて再び脚本にマーク・ボールを迎え、1967年の“デトロイト暴動”のさなかに起きた衝撃の事件を映画化し、今なお続く銃社会の恐怖と根深い人種対立の闇を浮き彫りにした戦慄の実録サスペンス。黒人宿泊客で賑わうモールを舞台に、いたずらの発砲騒ぎがきっかけで、警察官に拘束された黒人宿泊客たちを待ち受ける理不尽な悲劇の一部始終を圧倒的な臨場感で描き出す。主演は「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のジョン・ボイエガと「メイズ・ランナー」のウィル・ポールター、共演にアルジー・スミス、ジョン・クラシンスキー、アンソニー・マッキー。
 1967年7月、デトロイト。黒人たちによる暴動が激化し、鎮圧に乗り出した軍や地元警察との衝突で街はまるで戦場と化していた。そんな中、運悪く暴動に巻き込まれ身動きできなくなった人気バンド“ザ・ドラマティックス”のメンバー、ラリーが宿泊していたアルジェ・モーテルで銃声が鳴り響く。それは黒人宿泊客の一人がレース用の空砲をふざけて鳴らしたものだった。しかし、それを狙撃手による発砲と思い込んだ大勢の警察官がモーテルになだれ込んでくる。やがて、偶然居合わせただけの若者たちが、白人警官のおぞましい尋問の餌食となっていくのだったが…。<allcinemaデーターベースより>

疑心暗鬼ほど怖いものはないのね。
心理の根底にある恐怖がとんでもない事態を引き起こした事件だったのね。
恐怖政治もこんなもんなんでしょうね、きっと。
そしてどうにも言い訳ができないだろう、と思う状況でも言い訳が成り立つ恐ろしさ。
制服を着た警官を信用できないというのはどこまで恐ろしい状況だったのかと思う。
あのホテルにいた女の子2人の気持ちももうちょっと知りたい。
黒人の子達と仲良くしたかっただけ?
売春婦なら許されるというそれもわからない。
まだ差別は残っているでしょう。
それでも、少しずつでも関係も状況も進化していると信じたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック