素質論 基礎III講座@フォーラムエイト

素質論は学び始めてからもう7年になりました。
子供のころから人間観察が好きだったというか、大人の顔色を見ないと生きていけなかったので必然的に身についたというか、とにかく人の心理と行動はとても興味がある分野です。
なので素質論はとても役に立つし、好奇心を満たしてくれるのです。
素質論は基礎I,基礎II、基礎IIIとあって、此の後はアドヴァイザーなりカウンセラーになるようにコースが分かれているのですが、基礎の最後の講座、やっと受けてきました。
ええ、2日コースですし、その分お高いのよね、私には。
やっとお金もためて、Mさんとこみこみ妻と3人で一緒に受講して来ました。
お友達と学ぶというのも楽しいでしょ?

土曜日7時間、日曜日7時間。
此の中でお昼休憩もあるから実質12時間で100パターンの特徴を学ぶというハードなコース。
お友達といってお互いメモを取ったり、移してくる場所を分担してやるといいよというカウンセラーさんのお言葉がとってもありがたかった2日間でした。

もうね、ひたすら書く書く書く書く。。。
パソコン持ち込んでひたすら打っている人がいるのの理由がよくわかりました。
手で書くより早いもんね。
録音禁止、撮影禁止なのでひたすら書くしかないのです。
それも100パターン。
書きそびれてもあとでMさんかこみこみ妻のノートを見せてもらえばいい!と思えたので気分で気には楽でしたがやっぱり書くのは大変でしたw

ブルーのペンを1本半使いきり(かけなくなるとは思わなかった!)ノートはほぼほぼ2冊消費しました。
恐るべし基礎III

そしてもっと恐ろしかったのは1日目の土曜日に目の前で講師の先生が意識を失って倒れたこと!
それもいびきかいて、目を見開いたまま崩れ折れたんですよ、ドラマのように。
私たち一番前で講義を受けていたのでつぶさに目撃。。。
自分の目の前で人が崩れ折れて死ぬんじゃないか!という恐怖に襲われたのは人生2度目です。
幸いたいしたことは無かったようで、2日間の講座は無事終わりましたが、
いびきかいて目を見開いたまま人が崩れ折れるという恐怖はしばらく忘れられそうにありません。

母に話したら、それあんたのせいじゃないの?って言うのよ、どう思う???
だってお母さん、あなたより長く生きているけど目の前で人が倒れて死ぬんじゃないかと思うような経験はしたことないもの。
でもあんた2回目でしょう?
だ、そうな。
ええ、2回目ですが、なにか?
いいじゃん、無事だったんだから。

これから殴り書きのノート整理して、検証しようと思うと勉強の量が半端ではなくてくらくらしますw
頭が疲れたときは甘いもの!
画像

勉強すると甘いものがほしくなるんですよね、まじめに。
近頃は自分の体も考えてできるだけ「和」のお菓子を選ぶように心がけています。
ま、チョコレートが一番手っ取り早いのですが、日本茶と月餅でほっとするのもありでしょう。

この素質論はドイツリートと一緒で一生かけたライフワークになりそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック