ウインド・リバー@ユナイテッドシネマ新潟

これは映画館の予告で見て行きたいと思った作品。
いろんなところで見ると、映画好きな人たちの評価で上映が伸びたということが書いてあって、なおさら見なければと思ったの。
興行的にも大きくはなさそうなので早めに行ってきました。
画像


監督: テイラー・シェリダン
製作: ベイジル・イヴァニク
ピーター・バーグ
マシュー・ジョージ
ウェイン・L・ロジャーズ
エリザベス・A・ベル
製作総指揮: エリカ・リー
ジョナサン・ファーマン
ブレイデン・アフターグッド
クリストファー・H・ワーナー
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
デヴィッド・C・グラッサー
ウェイン・マーク・ゴッドフリー
ロバート・ジョーンズ
ニック・バウアー
ディーパック・ナヤール
ティム・ホワイト
トレヴァー・ホワイト
ニコラス・シャルティエ
ジョナサン・デクター
ヴァンサン・マラヴァル
ブラヒム・シウア
脚本: テイラー・シェリダン
撮影: ベン・リチャードソン
プロダクションデザイ ン:ニール・スピサック
⾐装デザイン:カリ・パーキンス
編集: ゲイリー・ローチ
⾳楽: ニック・ケイヴ
ウォーレン・エリス
原題:WIND RIVER
2017年アメリカ作品

出演:ジェレミー・レナー(コリー・ランバート)
エリザベス・オルセン(ジェーン・バナー)
ジョン・バーンサル(マット)
グレアム・グリーン(ベン)
ケルシー・アスビル(ナタリー)
ギル・バーミンガム(マーティン)
ジュリア・ジョーンズ
マーティン・センスマイヤー
テオ・ブリオネス
エイペザナクウェイト
タントゥー・カーディナル
ジェームズ・ジョーダン
ヒュー・ディロン
マシュー・デル・ネグロ
イアン・ボーエン
エリック・ラング
【解説】
アメリカの辺境をテーマにした「ボーダーライン」「最後の追跡」の脚本で注⽬された俳優出⾝のテイラー・シェリダンがその“フロンティア3部作”の最終章と位置づけ、脚本に加えて⾃ら監督も務めて撮り上げた社会派クライム・サスペンス。ネイティブアメリカンの保留地を舞台に、法の⽀配が及ばない過酷な⼟地で発⽣した殺⼈事件の捜査に当たるFBIの新⼈⼥性捜査官と、その案内役を務める地元ハンターが辿る驚愕の顛末を、アメリカが抱える現実の社会問題を背景に、リアルかつ緊張感溢れる筆致でスリリングに描き出す。主演は「アベンジャーズ」でも共演している「ハー
ト・ロッカー」のジェレミー・レナーと「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のエリザベス・オルセン。
アメリカ中⻄部ワイ オミング州にあるネイティブアメリカンの保留地ウインド・リバー。ここで野⽣⽣物局の職員として活動している地元の⽩⼈ハンター、コリーはある⽇、雪の上で凍りついているネイティブアメリカンの少⼥の死体を発⾒する。彼⼥は亡くなったコリーの娘エミリーの親友ナタリーだった。やがてFBIから新⽶の⼥性捜査官ジェーンひとりだけがやって来る。検死の結果、ナタリーは⽣前にレイプされていることが判明する。犯⼈からの逃亡中に死亡したのは明らかだったが、直接の死因はマイナス30度にもなる冷気を吸い込んだことによる肺出⾎のため、FBIの増援を受けられないまま、ジェーンがひとりで捜査を続けることに。そこでこの⼟地に詳しいコリーに協⼒を要請、2⼈で事件の真相に迫っていくのだったが…。<allcinemaデーターベースより>

この酷暑に-20度のワイオミングの雪原の映画。
風景は美しい。雪が積もったときの青空は、寒さの強調。
ここからはネタバレです。以下は個人責任でお願いします。









































これ、なによ、白人女性だったらレイプもされず、殺されなかったってこと?
その上、白人男性同士で死ぬまで殴るって言うのも恐ろしい。
素人が素手で人間を殺せるってある意味カルチャーショック。
FBIと対峙したときはみんな銃を構えたからなのさら素手で殺すって驚愕したのかもしれないけれど、素手で殺せるんだ。殺し方を知らないとしても、殺せるんだ。
冷たい空気を吸い込むことで起きる肺出血というのも知らなかったこと。
辺境の地が未だに法が届いていないという現実は恐ろしい物がありました。
静かな冷たい怒りがバックサウンドのように絶えず見え隠れするいい作品でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック